富山県美術館が話題になっています。

これまであった富山県近代美術館を老朽化のため建て替えたんですが、場所も新たに運河環水公園そばに建てられ、今年の8月に全面オープンとなりました。
「世界一美しいスターバックス」から運河を挟んで向かい側です。

地上3階建。それぞれのフロアは新しく出来た美術館だけあってその展示方法は実に近代的。
フロアデザインそのものがアートのようです。

さてここ富山県美術館が新名所になろうかという目玉のひとつが「オノマトペの屋上」です。
佐藤卓さんとおっしゃるグラフィックデザイナーさんが手がけた子供向けの遊具の数々が屋上に設置されています。
優れたデザイン性の溢れる遊具たちは色んな情報誌に取り上げられていて、めちゃくちゃ見てみたくなったので行って来ました。

スナップ的な写真になりましたが、色々撮ってきたのでご紹介します。


c0183700_2254483.jpg


そんな「富山県美術館のオノマトペ」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-10-16 00:01 | Trackback | Comments(16)

広島県福山に「天心山 神勝寺」というお寺があります。
1965年に建てられた新しいお寺ですが、臨済宗建仁寺派の特例地寺院です。特例地寺院とはお寺の格で、結構高い格式のお寺をいいます。

ここでは国際的な修行道場のほか、新旧の伽藍や茶室を持ち、それらをもっと身近に感じてもらおうとさまざまな切り口で公開されています。

そのコンセプトのひとつ、「禅」をミュージアムから知っていただき体験していただこうと昨年9月、巨大アートパビリオン『洸庭(こうてい)』がオープンしました。

アートとなれば見ないわけにはいきません。

てことで先日、行ってきました。



c0183700_2213334.jpg


そんな「禅寺とアートの融合、神勝寺に行ってきた」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-10-11 10:26 | Trackback | Comments(14)

< 倉敷 snaps. > sanpo

岡山県の倉敷はご存知でしょうか。
昔から陸、海での物資の流通や人の移動の要として栄え、後に天領となった後は商業の町として繁栄しました。
連なる白壁土塀になまこ壁、柳の揺れる倉敷川。
そんな風情が好きで時々出かけます。
大阪からだとワンデイドライブに丁度いい距離だし、どこかの帰りにちよこっと寄ることも。

そんな倉敷に先日も、寄り道してきました。

行ったら行ったで嫁さんはお気に入りの雑貨店やアクセサリーの店があるので、駐車場で車を降りたら解散。
私はカメラ片手にぶらっと倉敷 snaps. 、してきました。


倉敷川には、萩の花がたくさん咲いていました。



c0183700_022285.jpg


そんな「倉敷 snaps.」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-10-07 09:16 | Trackback | Comments(16)

いつもブログで書かせていただいてますが、ほとんど花を撮らない私は桜のようなビッグイベント以外はサッパリ花に疎いんです。

ネットをウロウロいていると彼岸花を見かけるようになりました。
「そっかぁ、彼岸花の季節かぁ」。
こうして、花の季節を知るわけです。

で、先日彼岸花を撮ってみようとなったんですがいかんせん時間がない。
なので紫陽花の時同様、仕事が終わったあと、夜に行って来ました。

行った先は奈良県某所にある彼岸花の群生地です。

ネットで見ると昼間はたくさんのカメラマンが群生を取り囲み、凄い状態になってるこの場所も夜には誰もおらず、私一人。もう撮りたい放題でした(^^)


そんな感じで撮って来た、私の彼岸花がこれです。



c0183700_2147914.jpg


そんな「夜に、彼岸花を撮ってみた結果www」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-10-03 00:02 | Trackback | Comments(16)

毎年9月の第4土曜、岐阜県は飛騨古川で行われるお祭り、きつね火まつり。
ここ何年も毎年出かけてるのですが、その都度ブログでご紹介させていただています。
私のブログをご覧になられている方には「またか、」と思われるかもしれませんが、またまた行ってきました(^^)

例の、「君の名は。」の一件から1年が過ぎ、ずいぶん落ち着きを取り戻してきました。
それでも映画で使われた定番のポイントには何人かの聖地巡礼の方やカメラマンがおられました。


最近私のブログをご覧になり始めた方に、ざっくりとお話しさせていただきます。

飛騨古川は岐阜県北部にあり、有名な飛騨高山と並ぶ、古い町並みの残る風情のある町です。
白壁土塀が並び、堀には鯉が泳ぐ、風光明媚な小京都です。
歴史も古く、「あゝ野麦峠」にも登場し、そして最近では映画「君の名は。」の舞台となったことで一躍有名になりました。

私は縁あって5年くらい前から年に数回古川に足を運んでおり、色々関わってきました。
もしよろしければタグでまとめていますので斜め読みして下さい。

< 飛騨古川・まとめ >


さて、きつね火まつりです。
昔話「きつねの嫁入り」を具現化した祭りであり、それと並行して行われる
「飛騨古川を日本一着物の似合う町にしようプロジェクト、色和衣」
が今年も行われ、楽しく遊んできました。

毎回毎回、たくさんの方にご参加いただいており、感謝感謝です。
そんな、今年の色和衣から何枚か持ってきました。




c0183700_23334730.jpg


そんな「飛騨古川・きつね火まつり」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-09-29 00:01 | Trackback | Comments(14)

淡路島の慶野松原での夕日、いかがでしたでしょうか(^^)。
画面いっぱいの夕陽も綺麗ですが、今回は色々と構図を探して臨場感を出してみました。


さて、その慶野松原での夕日の前、徳島県にある「大塚国際美術館」に寄ってきました。
タイトル通り、4回目の訪問です。

ブログにも一度掲載しましたが、それ以外にも訪れています。


大塚国際美術館はご存知でしょうか。
割と有名な美術館なので、ざっくりとご存知の方は多いかもしれませんね。

改めてここで、簡単に解説しておきます。
前回のブログ<大塚国際美術館に行ってきた^^! >
からの引用で失礼します。

「大塚」の名の通りこの美術館は大塚製薬グループの創業75周年事業として1998年に開設された、日本最大の私立美術館です。

作品はすべて原画を写真に撮り、陶板に転写するという技術を使った陶板名画。
世界中の名画が原寸大に焼き付けられています。
1,000年経っても劣化せず、半永久に保存することが可能です。
 
モナリザに最後の晩餐、落穂拾いにヴィーナス誕生、睡蓮などなど、その数実に1,000点!
完全なレプリカですが、その迫力は十分に感じることが出来ます。
 

c0183700_22302058.jpg


そんな「4回目の、大塚国際美術館に行ってきた」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-09-24 07:22 | Trackback | Comments(22)

とんでもない台風が日本列島を縦断して行きましたね。
ニュースを見ていると各地で大変な被害をもたらし、取り返しのつかない事も起こったようです。
皆さんのところではご無事だったでしょうか。
こちら関西では日曜日は暴風雨でしたが月曜にはすっかり晴れ、爽やかな一日となりました。

そんな月曜日、私はちょっと用事があって香川県の琴平に行って来ました。
走る車窓からは真っ青な空とめちゃくちゃ澄んだ空気。
山の稜線はくっきり、空の青さは海と溶けあっていました。


さて、これほどの天気。今日はどこかで夕景を見たいなぁと思い、帰りに淡路島の「慶野松原」に寄ってきました。
日没少し前に着くと、辺りはすでにオレンジ一色。
広い砂浜にはぱらぱらと、何人かの方々が夕景を楽しんでおられました。



c0183700_22444286.jpg


そんな「台風一過、いつものところで夕日萌え」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-09-19 09:43 | Trackback | Comments(16)

< Sunrise 光包まれて♫ >

大阪の夏の始まる頃、大阪最初の夏祭り「愛染まつり」が行われます。
毎年行ってるので今年もブログでご紹介しました。

<大阪の夏、スタートです。愛染まつりに行ってきた>

その時撮らせていただいた愛染娘さんに「また今度、別で撮らせて下さーい」とお願いしたところ快諾して頂きましたので、先日行ってきました。
日曜の午後、とっても良い天気で汗ばむくらいでしたが楽しい数時間を過ごさせて頂きました。
本当に、ありがとございました。


c0183700_225324100.jpg


そんな「Sunrise 光包まれて♫」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-09-14 00:01 | Trackback | Comments(14)

香港ネタです。
まだまだ引っぱります(笑)


香港には有名なお寺が沢山ありますが、中でも最古のお寺といわれている「文武廟」。
香港島、上環にあります。

文武廟はその名の通り文学と武術の神様が祀られています。
文武廟といえば必ず写真に出てくるのがこの、グルグルと渦巻き状になった御線香。
日本の蚊取り線香をでっかくして、天井からぶら下げたような物です。

ここ文武廟には絶えず沢山の方が訪れ、線香を供えてお祈りされるので、それはもうものすごい数の線香が所狭しと吊り下げられています。


c0183700_237768.jpg


そんな「魅惑の香港・香港最古の道教寺院、文武廟に行ってきた」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-09-10 08:13 | Trackback | Comments(8)

今年もまた、この時期がやってきました。
富山県八尾に伝わる伝統民謡行事、おわら風の盆。

この 風の盆 に魅了されて、もう何年になりますかね〜。
行くたびに仲間と合って、仲間が増えて。
ワイワイいいながら写真撮って。
夜通し遊んでクタクタなって。

全部含めて私の「おわら風の盆」です。



さて今年も行ってきたわけですが、実は今回ちょっと事情が変わっていて、写真があまり撮れてません。
どこでどう魔がさしたのか「今年は動画を撮ってみよう」なんて思っちゃって、、。
で、それならそれでちゃんと撮りゃいいものを、これまたアホな事に先日買ったアクションカム、「DBPOWER 4K」を持ってきました。

このアクションカムは以前「もうひとつのRevoir...。」でご紹介した、アレです。
買ったばかり、スイッチ入れてみただけ、microSD入れてフォーマットしただけと、何のテストもせずにいきなり夜の行事撮影です。

いやね、確かに私も現場で「これ、ちゃんと撮れてんのかなぁ」とは思ってたんですよ。
でもまぁパソコンで見りゃイケてんじゃね?とタカをくくっておりました。

で、撮りながらすでに脳内編集が始まってます。
(このカットの後にこれ入れて、インサートにはこの写真・・・)
みたいな。
動画メインなので静止画はインサート用のイメージカットのみです。
なので今回レンズも85mm単焦点一本のみで付けっ放し。
写真は写真でガチで撮る、なんて余裕もないしそもそもそんな必要無いと思ってたし。


で、帰ってパソコンに放り込んで映像見ると愕然Σ(゚д゚lll)
確かに映ってますが、全く思ってたのと違う!!
こ、、、これは使えん、、、
安物だからこうなのか、GoProなら綺麗なのか。
いや、冷静に考えたらセンサー自体小さい訳で、、、
そもそも一度もテストせず持って行ったのがアホの始まりで。。。


そんな訳で、あんまり写真は撮れてません。

とはいえ「インサート用」に撮った写真がありますので、それを並べて今年の「おわら風の盆 snaps. 」として、今回のエントリーにさせていただきます。



c0183700_23364431.jpg


そんな「越中八尾、おわら風の盆 snaps.」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-09-05 00:14 | Trackback | Comments(10)

香港の繁華街のあるエリアから地下鉄、バスを乗り継ぎランタオ島の西部、「大澳(タイオー)」という所にやって来ました。
世界の電脳中心のような街中とは全くかけ離れた田舎町。
ここ大澳は今では珍しくなった水上家屋の残るところです。

海に囲まれた香港島、もともと漁業が盛んでした。
時代が進んでどんどんと先進文化が入ってくる中ここ大澳は、時代にポツンと取り残されたような港町です。


c0183700_22492323.jpg


そんな「< 魅惑の香港・ランタオ島の大澳に行ってきた」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-08-31 12:53 | Trackback | Comments(12)

< ララ・夏の少女よ >

8月最後の日曜日、過ぎ行く夏を惜しむのに京都をブラブラして来ようかな、なんて思ってました。
すると、いつもブログでお付き合いいただいている あおそら写真社 さんの放し飼いさんも偶然、京都ブラブラを計画されているとのこと。
この方、私の憧れで写真のことを本当によくご存知なので色々と教えて頂いています。

もしかしたら憧れの方とお会いできるかもしれない。
これまで何度かすれ違ってたことがあるようですが、過去最大のチャンスです。

ただ、時間と場所を約束するのではなく、「縁があるならお会いする」というスタンスに何となく私がこだわっていて、この時もカメラのストラップだとかその他の出で立ちだけお聞きし、二人がよく行く東山界隈に出かけました。

何時間かブラブラしていると、八坂の庚申堂で見事にお聞きした出で立ちの方が撮影されてるじゃありませんかっ!
しかも綺麗なお姉さんを撮影してらっしゃる。
これはもう間違いありません(^^)
慌てて声かけようとしましたが、あいにくこちらも撮影の真っ最中(^^;;
モデルさんに「ちょっとだけ待ってね」、と場を離れお声かけさせていただきました。

お互いの撮影を終え、コンビニで買ったビール片手に改めてご挨拶。
いや〜私が想像していた通り素敵な方でした。ほんのひと時でしたが、たくさんの事を学べた気がします。楽しかったな〜(^^)

放し飼いさん、改めましてありがとうございました。
実践されてる撮影風景、ストロボを含めた光のこと。
全部脳裏に焼き付いています。はやく現場に行きたいです(^^)!



さて、今回のタイトル、「ララ・夏の少女よ」ですが、これ聞いてピンと来る方、どれだけおられますかね?
これはある歌の歌詞の一部です。曲のタイトルは・・・
懐かしいな〜なんて思いながら、口ずさんで下さい(^^)


8月最後の日曜日、カラッとしてましたがサンサンと降り注ぐ太陽。笑顔いっぱいの夏の少女に出会えました(^^)

まずはこちら、福岡から来られたという3人組。とってもお綺麗なおねいさんたちでした。
福岡には何度か訪れていて、私の持論「福岡美人量産説」はやはり正しかったと証明できたようなお三方でした(^^)


c0183700_2141517.jpg


そんな「ララ・夏の少女よ」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-08-28 11:19 | Trackback | Comments(12)

先日、夏の暑い中、これまた暑っつい香港に行ってきました。
私の姉妹ブログ「もうひとつのRevoir...。」ではリアルに香港からの更新していましたので、もし良ければ見てください。


さてその香港、私にとっては約25年ぶりの香港でした。

以前行った時はまだ中国への返還前。
空港が街の中にあり、ビルとビルの間を離着陸し、
世界最狂といわれたスラム街「九龍城砦」がありました。

今では空港も移転、カオスな城砦も無くなりましたが、変わらず残っているものもありました。

ヴィクトリア湾の眺めとスターフェリーもその一つです。


九龍半島と香港島の間に位置するヴィクトリア湾。
香港といえば!な、定番の眺めのひとつです。

湾に面する高層ビル群は、夜になるとカラフルなネオンで華やかに彩られます。


c0183700_2191774.jpg


そんな「魅惑の香港・ヴィクトリア湾の眺めとスターフェリー」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-08-26 06:59 | Trackback | Comments(12)

一昨年、昨年と行ってきた、奈良の夏の風物詩「なら燈花会」。
前々回は、新しく買ったSONYのミラーレス「α6000」の試し撮り、
そして前回はそのα6000に新しく付けたツァイスレンズのお試しと、
それぞれ目的をもって出かけ、あくまでもその「目的」のために出会ったおねいさん方にご協力いただきました。

そして今年、ミラーレスではなくD610フルサイズを持って、燈花会の最終日に行ってきました。
今回の目的は・・・まぁ特にないんですが、職場の近所だしせっかくなので行ってきたって感じです^^;


毎回エリアを絞ってウロウロしてくるんですが、今年は浮雲園地。
今回の記事では、ここでご縁を持たせていただいたおねいさんを、ブログ掲載の許可をいただいたのでご紹介します。


まずはこちら。大阪からお越しのお二人。
お話聞くと私の家とガチ近所であることが判明。いや~世間って狭いもんですね~。

c0183700_223308.jpg


そんな「奈良の夏の風物詩、なら燈花会に今年も行ってきた」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-08-22 00:47 | Trackback | Comments(14)

私が地元の喫茶店よりも数多く行くんじゃないかっていうくらい、しょっちゅう足を向ける飛騨古川。
このブログではもうお馴染みの場所です。
この飛騨古川で行われる「古川を日本一着物の似合う町にしよう」プロジェクト「色和衣」。年4回行われる着物イベントです。

先日、恒例の夏の色和衣があったので行ってきました。

ここでは私は裏方なので昨年同様朝から準備に追われ、設営やらセッティングやら色々とお手伝いしてきました。なので、このイベントでは私はあまり撮影はせず、記録程度に撮るのみです。

私のブログの姉妹サイト「もう一つのRevoir...。」では、この夏の色和衣のメイキングをご紹介していますので、もしよければそちらもご覧ください。



さてその古川で撮った写真、せっかくなので何点かここでご紹介しますね〜。
浴衣のお姉さんたち、いっぱいでてきますよ〜(^o^)





c0183700_10233439.jpg


そんな「飛騨古川・夏の色和衣2017」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-08-17 00:04 | Trackback(1) | Comments(14)

京都 鴨川沿い、四条大橋のたもとにある東華菜館。
四条大橋まで行くと必ず目に入り、「東華菜館」と聞いてピンと来ない方も建物見れば「あぁあれか」と分かる方が多いかと思います。

中は北京料理のレストランなんですが、この建物、実はとんでもないレトロビル。

先日スタッフの方に色々ご案内いただき、写真も撮らせていただいたのでご紹介します。


この建物、1926年竣工で約90年前のものです。
設計はあのヴォーリズさん。ヴォーリズ建築の中で唯一のレストランです。
登録有形文化財に指定されています。



c0183700_21483243.jpg


そんな「ヴォーリズ建築の大正ロマンと東華菜館」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-08-13 00:14 | Trackback | Comments(14)

京都・下鴨神社。

京阪電車や叡山電車の出町柳駅から糺ノ森を抜けた先にある神社です。
縄文時代から変わらず生き続けているといわれる糺ノ森を含め、「古都京都の文化財」のひとつとして世界遺産登録されているところ。

以前の記事
<下鴨神社 流鏑馬神事に行ってきた>
では式年遷宮を迎えた下鴨神社と、糺ノ森で行われる流鏑馬神事をご紹介しました。


その下鴨神社では夏、「みたらし祭」が行われます。
別名「足つけ神事」とも呼ばれ土用の丑の時期、境内の御手洗池に足を浸しロウソクを供えて無病息災を願う神事。

京の夏の風物詩のひとつです。



浴衣を着て、この夏初めて、行ってきました。




c0183700_2294630.jpg


そんな「下鴨神社 みたらし祭に行ってきた」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-08-08 08:54 | Trackback | Comments(14)

外国の国家元首や政府の長など、偉い方々が来られた時にお迎えし、泊まっていただく「迎賓館」。
日本には東京の「赤坂迎賓館」、京都の「京都迎賓館」のふたつがあります。

これまで年に10日ほどの一般公開日があった京都迎賓館ですが、昨年より通年一般公開となりました。
要するにお客さんいなけりゃいつでも見て良いよ、てことになっており、先日の日曜日見に行ってきました。

京都御所にある迎賓館、外からはよく見ますが中に入るのは初めて。
身体検査、荷物のエックス線検査など空港と同じセキュリティを受け、さらに荷物を預けて中に入ります。

地下にあるセキュリティゾーンは撮影禁止ですが、1階の公開エリアは写真撮影自由。ただし録画録音は、ダメです。


中はたいそう立派で、全ての調度品、天井、壁、装飾の品々が日本で最高のものを集められているって感じです。
その余りにも世間からかけ離れたゴージャスさに圧倒されながら、目の保養をしてきましたので、そのいくつかをご紹介します。



まずはこちら。

京都迎賓館最大の部屋、藤の間です。

洋食の晩餐会や歓迎式典の会場として使用される京都迎賓館最大の部屋、藤の間。
ここに飾られている西陣の綴織り(つづれおり)は眼を見張るほどの美しさで、多くの方が見入っておられました。



c0183700_23232292.jpg


そんな「京都迎賓館に行ってきた」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-08-04 00:02 | Trackback | Comments(14)