人気ブログランキング |

< 富山県美術館のオノマトペ >

富山県美術館が話題になっています。

これまであった富山県近代美術館を老朽化のため建て替えたんですが、場所も新たに運河環水公園そばに建てられ、今年の8月に全面オープンとなりました。
「世界一美しいスターバックス」から運河を挟んで向かい側です。

地上3階建。それぞれのフロアは新しく出来た美術館だけあってその展示方法は実に近代的。
フロアデザインそのものがアートのようです。

さてここ富山県美術館が新名所になろうかという目玉のひとつが「オノマトペの屋上」です。
佐藤卓さんとおっしゃるグラフィックデザイナーさんが手がけた子供向けの遊具の数々が屋上に設置されています。
優れたデザイン性の溢れる遊具たちは色んな情報誌に取り上げられていて、めちゃくちゃ見てみたくなったので行って来ました。

スナップ的な写真になりましたが、色々撮ってきたのでご紹介します。


c0183700_2254483.jpg





c0183700_22542817.jpg



屋外広場には何体かの白い熊の彫刻が。ANIMALをモチーフにした展示。
人と人の影が無くなるのを待ってこの構図を撮ってみました。



c0183700_22544148.jpg



屋上には「ふわふわドーム」、「ぷりぷり」、「つるつる」などの楽しいネーミングの遊具が沢山。子供達に大人気でした。



c0183700_22545051.jpg



c0183700_2254561.jpg



c0183700_2255125.jpg



c0183700_2255726.jpg



遊具としての固定概念からはかけ離れたデザインで、見るだけでも楽しい空間。
沢山の家族連れが来られていて、楽しそうにはしゃぐ子供達の声がいっぱいでした。


富山の方や近県の方、またたまたま近所まで来られた方、今旬のスポットなのでちらっとのぞいてみて、話題に乗っかっても良いんじゃないかと思いますよ〜(^^)










by revoir-dima | 2017-10-16 00:01