< 4回目の、大塚国際美術館に行ってきた >

淡路島の慶野松原での夕日、いかがでしたでしょうか(^^)。
画面いっぱいの夕陽も綺麗ですが、今回は色々と構図を探して臨場感を出してみました。


さて、その慶野松原での夕日の前、徳島県にある「大塚国際美術館」に寄ってきました。
タイトル通り、4回目の訪問です。

ブログにも一度掲載しましたが、それ以外にも訪れています。


大塚国際美術館はご存知でしょうか。
割と有名な美術館なので、ざっくりとご存知の方は多いかもしれませんね。

改めてここで、簡単に解説しておきます。
前回のブログ<大塚国際美術館に行ってきた^^! >
からの引用で失礼します。

「大塚」の名の通りこの美術館は大塚製薬グループの創業75周年事業として1998年に開設された、日本最大の私立美術館です。

作品はすべて原画を写真に撮り、陶板に転写するという技術を使った陶板名画。
世界中の名画が原寸大に焼き付けられています。
1,000年経っても劣化せず、半永久に保存することが可能です。
 
モナリザに最後の晩餐、落穂拾いにヴィーナス誕生、睡蓮などなど、その数実に1,000点!
完全なレプリカですが、その迫力は十分に感じることが出来ます。
 

c0183700_22302058.jpg





c0183700_22304184.jpg



c0183700_2231026.jpg




ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」。
ミラノにある本物は、現在では修復が施されていますが、ここでは既に現存しない修復前のものと修復後の両方が展示されています。
複製とはいえ、その両方が原寸大で見られるのは世界でここだけです。


c0183700_2231198.jpg



c0183700_2233372.jpg



c0183700_22332611.jpg




陶板への転写であるので色彩退行などに強く、写真撮影もオーケー。さらにはペタペタと触れることも許可されています。
ここで世界中の名画に触れ、いつか将来、本物を見ていただきたいという願いが込められているそうです。

古代ローマから現代美術まで、これほどの数の名画を実際に目にすることはまず不可能。
ですが、ここではそれが叶います。

なのでもし興味と機会があれば是非一度行っていただき、最高の名画に触れてみて下さい。





















.
[PR]
トラックバックURL : https://revoir.exblog.jp/tb/27576232
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HiroPhoto1690 at 2017-09-24 19:07
エスカーでしたか、鳴門海峡大橋の展望台に行く途中にありますね。
すべてレプリカ、写真撮影OK、絵画彫刻を含めるととても一日では見切れない、入館料がお高い と、情報はあるのですがまだ訪れたことがないのですよ~
そのうち。と思いながら10年は経ちました(笑)
Commented by conami573 at 2017-09-24 19:52
すごい☆
名画がいっぱい。
こんな素敵な美術館があるのですね。
Commented by hanashigai at 2017-09-24 21:32
此処の陶板壁画を監修して創り上げた方と、以前に話をする機会があって面白い方でした。
まだ訪れた事がないのですが、四国巡りのルートに入れようと心の隅に置いてあります。
一番最後のカットが凄く気に入りました♪
Commented by revoir-dima at 2017-09-25 09:04
> HiroPhoto1690さん

情報はすでにお持ちなんですね〜。事実ちゃんと見たら一日では不可能。ちょっと多過ぎなんじゃないかとも私も思います(^^;;
入館料の件は、高いか安いか妥当かはそれぞれです。結局、お金というのは価値と価値の交換ですから。
興味のある方はリピートしますし、年間38万人が訪れるには理由もあるんだと思います。
私はたぶん、、、何年かしたらまた行くと思います(^^)
Commented by revoir-dima at 2017-09-25 09:06
> conami573さん

ここは常に全国からたくさんの方が訪れています。社員旅行ふうの団体も見かけますので、中には仕方なく来られてる方もいるとは思いますが(^^;;
いつか機会があれば、くらいに思っててくださいねー(^^)
Commented by revoir-dima at 2017-09-25 09:10
> hanashigaiさん

なんと!私も是非話をお伺いしたいものです。
事実、この技術は凄いと思いますし、当初アーチ天井の曲面を再現できませんでした。後に技術が向上して、アーチ部分が出来たわけですが、私はその両方を拝見出来ました。
そういうご縁をお持ちでしたら、一層興味深くご覧になれるかと思います。いつか、是非行ってみてください。
Commented by precious_m at 2017-09-25 14:57
dimaさん、こんにちわ。
これはすごいですね!!
写真撮れるの?!って思ったら複製なんですね、
けど、私の目には全くもってわからないので、こういう美術館はとっても魅力的です。
淡路島、まだまだ行きたいところがあるんだなぁ…。
来年の旅行はどこにしようか、すでに検討中です( *´艸`)
日本全国、まだまだ知らないみたいものがいっぱい。
Commented by revoir-dima at 2017-09-25 15:35
> precious_mさん

おっしゃるように、日本は広いです。北海道も行きたいし水の教会も行きたいです。
私も美術はさっぱり分かりませんが、分からないなりにも目にして、触れておけば何かしらが好転するような気がするんです。それだけ。
私も淡路島、行きたいところまだまだあります。困ったもんです(^^;;
Commented by croix7ley at 2017-09-25 15:37
お恥ずかしながら、知りませんでした^^;この美術館。
こういう技法で海外の有名画家の絵を見られることも.. (恥

3枚目は、「フランダースの犬」の最終回で
ネロが天に召される前に見ることができた
ルーベンスの名作ですね@@ すごーい。
レプリカとは言え、これほどの規模で
見られたら感動されるでしょうね。
徳島に行く機会があれば、ぜひ寄ってみたいと思いました。

Commented by revoir-dima at 2017-09-25 16:06
> croix7leyさん

わわっ!Leyさん凄いっ!!おっしゃる通りルーベンスです。こちらはキリスト昇架。この反対側に対となるキリスト降架があります。
すべて、実物大で製作されており迫力あります。
徳島といっても鳴門なので、淡路から橋渡ったらスグです。ぜひオススメします(^o^)!
Commented by tamsanpe at 2017-09-25 16:54
こんにちは。
ここは入口までは行ったことがあるんですが、入ったことがありません。
興味は凄くあるんですけど機会に恵まれず(笑)
お写真を拝見してると、次は絶対行こうって決めました^^
Commented by revoir-dima at 2017-09-25 17:24
> tamsanpeさん

あ!早速お越しいただきありがとうございます!
え?入り口までは行ったのに・・・ですか(^^;;
何か足止めされるご事情でもあったのでしょうか。
確かに機会がないと中々行けないかも知れませんね。私も琴平に用事があったのでその気になったというか、、。
早くその機会が訪れると良いですね(^^)
Commented by GreenKetty at 2017-09-26 13:10
この美術館、去年家族で訪れました。
あまりにもダイナミックな絵と数の多さに圧倒されました。
時間がいくらあっても足りないくらいで、歩き疲れたというほど広くてびっくりしました。
又いつか、もう少し歳を重ねてから見てみたい。きっとその時は違った印象をもつはず。
Commented by revoir-dima at 2017-09-26 13:18
> GreenKettyさん

おぉ!ご家族で行かれましたかぁ。それぞれが、その時の感じ方でご覧になれたのでしょうね。
私もまた、何年かしたら行ってみようと思います。
個人的には、既にお使いかもしれませんが解説の聞けるヘッドホン、あれ、借りた方がいいと思います。。
Commented by FLEKTOGON35 at 2017-09-26 14:34
私は美術館に行くことがないんですが、世界の名画を国内でじっくり見れると聞くと興味をそそられますね!
※子供と博物館に恐竜を見に行く程度なんです(恥)

一枚目からすごい迫力で、dimaさんの構図がまたかっこいい。
このように見せられると実物を見に行きたくなります。

ん~、興味を惹かれる年ごろになってきたのでしょうか^^;
Commented by revoir-dima at 2017-09-26 15:31
> FLEKTOGON35さん

ま、こういうのって興味の有る無しもそうですがタイミングやきっかけも有るんでしょうね。今興味が無いからと言って一生美術館に行かないということでも無いですし。
私がこの美術館に興味持ってるのは世界中の名画もそうですが、陶板転写という「技術」にも興味があるからです。
何にせよ頑なに「行かない!!」と決めつけてるわけでも無いのであれば、ちよっとだけ、アンテナ張ってみてはいかがですか(^^)?
Commented by FLEKTOGON35 at 2017-09-26 16:49
おっしゃるように、陶板転写という「技術」にすごく興味があります。
それに、世界の名画を原寸大でしょ!
かなり惹かれてるんですよ^^
Commented by revoir-dima at 2017-09-26 17:32
> FLEKTOGON35さん

そうですね、原寸大というのはやはり迫力があります。
雑誌や画集、ポスターとは全く違う感覚を得られることと思います。もし、何らかの機会があって足を運ばれる事があれば、一言声かけて下さいねー(^^)
Commented by yumemomona at 2017-09-27 02:06
こんな美術館があるんですね。
絵が好きで、若い頃はしょっちゅう美術館に行ってたんですが、最近はとんとご無沙汰なので、ぜひ行ってみたいし、撮ってみたいです。
Commented by revoir-dima at 2017-09-27 06:59
> yumemomonaさん

ぜひぜひ行ってみてください。大阪からは2時間弱(車)で行けます。鳴門の辺りは魚介類も美味しいし、ぶらりドライブがてら出かけてみてはいかがでしょうか美術館も興味のある方なら見応えあると思います。お腹いっぱいになって帰れると思いますよ(^^)
Commented by kurese0535 at 2017-09-28 21:53
こんばんわです。
あ、レプリカがいっぱいある美術館ですね!
知っていましたけど
半永久保存とかは知らなかったです。
なんのカメラで撮って転写したのか気になります(笑)
館内撮影可能なので許可もらった写真家気分で
撮影できそうですね。
Commented by revoir-dima at 2017-09-29 08:21
> kurese0535さん

なるほどぉ、写したカメラが何なのか。そう言われれば気になってきました(^^)
美術館の中にはこの技術についても解説がありますが、カメラとかメーカーとかに触れてたかなぁ(^^;;
by revoir-dima | 2017-09-24 07:22 | Trackback | Comments(22)