< 魅惑の香港・ランタオ島の大澳に行ってきた >

香港の繁華街のあるエリアから地下鉄、バスを乗り継ぎランタオ島の西部、「大澳(タイオー)」という所にやって来ました。
世界の電脳中心のような街中とは全くかけ離れた田舎町。
ここ大澳は今では珍しくなった水上家屋の残るところです。

海に囲まれた香港島、もともと漁業が盛んでした。
時代が進んでどんどんと先進文化が入ってくる中ここ大澳は、時代にポツンと取り残されたような港町です。


c0183700_22492323.jpg





c0183700_2254149.jpg



c0183700_2253872.jpg



今でも漁業を営むこの地では、海産物が盛んに売られています。
香港政府も大澳を観光地として推していて、私は朝早くに行ったのでこんな感じですがお昼頃になると大勢の観光客が来られてました。
最寄りの地下鉄駅からバスで小一時間という辺鄙な場所ですが香港のベニスともいわれ、古き良き香港の原風景を残すここもまた、魅惑の香港です。


c0183700_22531459.jpg


c0183700_2253214.jpg




大澳ではボートでの観光も出来ます。
貴重な光景である水上家屋の見学と、ここに生息するピンクイルカウォッチングです。
約30分のクルーズで、20HK$と30HK$がありました。どう違うのかはよく分かりません(^^;;


c0183700_22534331.jpg



これがクルーズ船。
レトロ感たっぷりの、頼もしくも味のある船です。


c0183700_22533734.jpg




水上家屋を眺めながら、船はゆっくりと湾内をすすみます。


c0183700_22535521.jpg



もともと大澳の人々は船の上で暮らしていました。

香港だけでなく中国やマカオなどで、海辺に住む人の多くは船上生活を営んでました。
やがて船ではなく、水上に家を建てる水上家屋に移り住むようになります。

2000年、香港政府がこういった地域の再開発を始め、政府から認められた一部を残し、消えて行きました。

そういえば私が行った25年前には、スタンレーやレパルスベイにも水上家屋がありましたが今回行ったらまったくありませんでした。
そういう事だったんですね。



c0183700_22542379.jpg


c0183700_22543189.jpg



さて、水上家屋の見学ともう一つの目的、ピンクイルカウォッチング。
大澳の沖合に生息する「シナウスイロイルカ」。成体になると全身がピンク色になるために、ピンクイルカ、ピンクドルフィンと呼ばれています。
近年では海洋汚染や過度な埋め立て工事のために生息域が狭くなり、数も激減。調べていった情報によると見ることが出来るのはかなりレアな事のようです。

で、私はどうだったかというと、無事見ることが出来ました(^o^)
写真こそ撮れませんでしたが、ハッキリとピンク色してました。
飼育、野生共に何度もイルカは見てますがピンク色は初めて。貴重な体験が出来ました。



いががでしたか?
あの煌びやかなネオンの洪水、沢山の人、ファッショナブルな若者たち、並ぶブランドショップなどとは全くかけ離れた香港。
ここにもまた、魅惑の香港がありました。
みなさんの中にも、これからいつか香港に行かれる方もおられるかと思います。
そんな時はぜひ、半日ほどのショートトリップで消えゆく香港の本当の姿を、目に焼き付けに行かれてはどうでしょうか。

















.
[PR]
トラックバックURL : https://revoir.exblog.jp/tb/26975642
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sarusaM1 at 2017-08-31 15:50
香港にもこんな静かな場所が有るんですね。
水上家屋は土地代がかからないのでしょうね。
窓から釣りもできそうですし。
日本では考えられない建物ですね。
Commented by revoir-dima at 2017-08-31 16:26
> sarusaM1さん

日本の法律とは全く別次元でしょうね。土地代もかからなけりゃ固定資産税もなし。なので所有権も居住権もないように想像します。
かつてこうして生活してた方は政府によって退去させられたわけですが、その保障とかどうだったんでしょうかね〜。
Commented by HiroPhoto1690 at 2017-08-31 21:57
そうなんですね。
香港のイメージとは違ったのんびりしたいい雰囲気ですね~
昔観た映画なんですがマカオでは舟で生活されていました。
楽しそうに生活していて住めば都なんだなと思いました。
Commented by revoir-dima at 2017-08-31 22:04
> HiroPhoto1690さん

おっしゃるようにマカオにもおられたようです。
実際行ってないので分かりませんが今はどうなんでしょうかね。
舟から水上になったか、それすら無くなったか。
マカオは行ったことありませんが、街並みに興味あるのでいずれ行きたいと思います。
Commented by precious_m at 2017-08-31 23:18
こんばんわ。
船の上で暮らしているんですね。
悪天候の日や津波がきたらと思うと、とても怖いです。
第一、船酔いするから私は絶対むり。。。((+_+))
Commented by revoir-dima at 2017-08-31 23:36
> precious_mさん

こんばんわ。
おっしゃる通りで、香港の辺りは比較的台風は少ない地方なんですが、それでも無いとは言えず一度台風が来るともう大変でした。
それを避けるために、水上に家を建てるようになった、という経緯があります。
Commented by hanashigai at 2017-09-01 18:21
素晴らしい風景のレポありがとうございます。
水上家屋は東南アジアの国々で多い・・・と言うイメージだけを持っていました。
今眺めるだけなら魅力的な漁村の原風景も、英国植民地時代の歴史がありましたから、決して恵まれた環境での生活ではなく、追いやられて此処に行き着いたのかな?なんて想像しました。※当時から英国人が同じ環境で暮らしているのなら、此処はパラダイスだと思いますが。
今は香港政府の管理下の下で観光収入もありそうですし、残っててくれて嬉しいですね。
それにしても一番感じるのは此処で暮らす人々の逞しさ、エネルギーです。
Commented by revoir-dima at 2017-09-01 20:43
> hanashigaiさん

実際の植民地時代の様子は分かりませんが、ここタイオーには統治時代の警察署がホテルにリニューアルされ営業しています。
わずか9室だけの、コロニアル様式のホテルです。
この港町の先に、洋館があるんです。
不思議な感じです。
Commented by monsukewc at 2017-09-01 22:16
海外の大都会と自然豊かな田舎、ギャップがいいですね。
海外旅行につれてきてもらった気分になれます^^
国内・国外と、世界を飛び回るカメラマンDimaさん、いつもすごい行動力です!
Commented by revoir-dima at 2017-09-01 23:08
> monsukewcさん

国内、海外の括りではなく、その時安い方を行くというか、、、。もうひとつのブログに書いたような事なんですが(^^;;
今回はiPhoneが7、一眼が3、て感じで撮り歩いてきました。今回のブログもそんな感じですよ(^^)
Commented by kurese0535 at 2017-09-04 10:03
おはようございます。
すごい!インスタでも拝見してましたが
海外に行かれてるなんてびっくりです。
世界は広いですね!
海外なんてなかなか行けないので
拝見できて嬉しいです。
Commented by revoir-dima at 2017-09-04 12:40
> kurese0535さん

海外がすごいかどうかは分かりませんが、国内もロクに知らないのに外国の空気が好きなので、たまには近所でも行けるように頑張ってます。
買い物とか全くしないので、観察と撮影です。
その国その国を観察するのは、面白いです(^^)
by revoir-dima | 2017-08-31 12:53 | Trackback | Comments(12)