人気ブログランキング |

< 大阪平野郷、杭全神社夏祭り2017 >

大阪の東南に位置する平野。
平安時代から交通の要所として栄え、戦国時代には平野集落の周りを二重の堀と土居をめぐらせ環濠自治都市を築いてきました。
「平野郷」と呼ばれました。


この地で1.100年以上の歴史を持つ神社、杭全神社。


創建時から続く夏の神事、杭全神社夏祭りが今年も行われました。




c0183700_2149432.jpg






威勢の良い町衆に曳かれ、平野郷を練り歩く だんじり 。


最も古い資料でも300年前までしか記録がなく、それ以上はもはや「分からない」ほど古い平野独特の山車。



「ヨイヨイ!ヨイヨイ!」

「もどせー!もどせっ!」

「マイマイ」


などの掛け声とともに平野の町をところ狭しと走りまくります。
曳き衆も観衆もともに歓喜を上げ、徐々に恍惚としていきます。



c0183700_21492052.jpg




祭りの最初、清められた神輿が通る道を祓う布団太鼓。

祭りとは神事。
全ての物に意味があり、連綿と伝えられています。



c0183700_21494259.jpg




だんじりは昼に夜に町中を巡り、たくさんの家や商店で「花」と呼ばれる祝儀をもらいます。
「花貰い」といいます。
貰うと大阪独特の手打ち「大阪締め」でお礼。
大阪では老いも若きも、小さい頃から大阪締めに慣れ親しんでいます。



c0183700_21494992.jpg




男がだんじりを曳き、後ろを女が走る。
勇壮と華やかさ。
この掛け合いがさらに血を沸かせます。




c0183700_21495560.jpg





大阪には多くのだんじり祭りがありますが、ここ杭全神社のだんじり祭りは大阪市内最大のもの。
毎年数万人規模の人が来られます。


情緒ある静かなお祭りも大好きですがらこうした華やかで勇壮な祭りも心が湧き、気持ちが高ぶります。



いつかお越しください。









by revoir-dima | 2017-07-22 06:08