人気ブログランキング |

< そうだ 京都岡崎とか東山とか、てくてくしよう。 >

そうだ 岡崎とか東山とか、てくてくしよう。

初めて入った毘沙門堂で襖絵の鑑賞や桜の終わりを楽しんだ後はてくてく歩いて山科駅へ。
途中山科疏水に寄り道。菜の花が咲き誇り、盛りを過ぎても残る桜色との春爛漫を楽しんで来ました。

次に向かったのは岡崎、平安神宮です。
お伊勢さんをトップとする神宮グループの中でもひときわ広く大きな平安神宮。
ここには桜シーズンの最後を飾る紅枝垂れ桜があり、これもまた有名です。

この桜を観るには神苑に入る必要があるんですが毘沙門堂同様、今まで入ったことが無く今回初めて入って来ました。

c0183700_8224052.jpg





やっばりアレですね、いつでも行けると思う所はなかなか行かない。
大阪でも通天閣を上がったことも無けりゃあべのハルカスもない。
大阪以外の方のほうがよっぽど詳しいです。

話を神苑に戻します。

初めて入った神苑。ありましたありました。
この屋根に覆うようなしなだれかかるような大紅枝垂れ。濃いピンクが眩しいくらいに咲き誇っていました。


c0183700_822377.jpg




ここの神苑、想像してた以上に広く、他にも桜の木があったり大きな池があったりとぐるっと散策するだけだけっこうな時間がかかりました。


c0183700_8263935.jpg


c0183700_8261640.jpg



さて、山科の毘沙門堂、岡崎の平安神宮とまわり、今回モンスケさんと行った京都てくてく、桜編が終わりました。



この後はモンスケさんのリクエストもあり東山の建仁寺に行ってみました。
ここは相当昔に入ったことがありますが、久しぶりに入ってみました。

ここでの目玉は何と言っても天井に描かれた「双龍図」。
二匹の龍が絡み合うように描かれており私たちを見下ろす迫力満点の天井画です。

c0183700_8222311.jpg


そしてもう一つ、「風神雷神図屏風」。
複製なんですがキヤノンが手がけた限りなく本物に近い複製。
金箔を背景に描かれた風神雷神の勇ましい迫力は圧倒されます。

この他建仁寺の中はとっても広くたくさんの見所があり、とってもコスパの高いところです(拝観料500円)。


c0183700_8221298.jpg


c0183700_8221716.jpg


c0183700_822192.jpg



建仁寺を出た後は賑やかなねねの道、二年坂三年坂をウロウロし清水さんまでをテクテク。
日が暮れたところで終わりました。


朝の毘沙門堂、さぁこれが最後だと言わんばかりのソメイヨシノと堂内の襖絵。

平安神宮の立派な紅枝垂れと広大な庭園。

そして風神雷神に二つの龍。


いやぁ久しぶりに一日京都を堪能しました。
これからの京都はイベント・行事ごとが目白押し。
まずはあそこに行ってここも行かなきゃ・・・。忙しくなります。
カメラ持って京都てくてく、ご一緒して頂ける方随時募集ですのでお声掛けくださいねー(^^)






c0183700_8215379.jpg









by revoir-dima | 2017-04-25 00:02