< しあわせ回廊なら瑠璃絵・光の夜神楽にいってきた >

冬の奈良を彩る風物詩、しあわせ回廊なら瑠璃絵が今年も行われました。
昨年久しぶりに会場に行ったのですがそのスケールの大きさと、想像以上の綺麗さに驚きました。
さて、今年は会場には入らずなら瑠璃絵のイベントの1つである「光の夜神楽」を見に行ってきました。
夜の神楽。
いったいどんな雰囲気なんですかね~

ワクワクしながら行ってきました。


c0183700_21480934.jpg







奈良公園近くのコインパーキングに着いた時はもう真っ暗。
なら瑠璃絵で賑わう奈良公園とは反対側、春日大社へと歩き出します。参道は、連なる灯籠に仄かな明かりが灯るのみ。
危ないのでスマホのライトを、、、と思いましたが、この雰囲気にLEDも無粋かと、足元気をつけながらゆっくりと歩きました。



「神楽」、という言葉はよく聞きますが、改めて少しだけお話しておきます。
神楽とはお祭りで行われる舞や音楽などの芸能全般のことを言います。
大きく分けて、宮中で行われるものを御神楽(みかぐら)、
民間で行われる神楽(かぐら)といい、民間のものは次第に娯楽的な芸能となっていったそうです。

民間神楽はさらに巫女神楽、採物神楽、湯立神楽、獅子神楽に分かれます。
私たちが普段見聞きする獅子舞は、神楽の中の一種。
また昨年の記事< 往馬大社の千燈明祭 >で舞われてた「花湯神楽」、原形は湯立神楽だといわれています。


c0183700_21505690.jpg




午後7時、春日大社祓戸神社前。
四隅に榊を立て縄で囲い、紙垂(かみしで)を付けた結界と神庭が作られ、徐々に人が集まり始めていました。

c0183700_22010517.jpg




そして口上のあと、光の夜神楽がはじまりました。

c0183700_22353307.jpg



c0183700_22115204.jpg


c0183700_22131554.jpg


c0183700_22135812.jpg




演目は毎晩変わるそうですが、この夜は「十握剣」「剣」「荒神祓い」「荒廻し剣」などなど。
冷えたまほろばの冬の夜に、演者の白息が漂います。


そして、民間神楽が娯楽性を交えながら伝わったと思える演目も。

c0183700_22304941.jpg


c0183700_22313083.jpg


c0183700_22320655.jpg


「へべれけ」「太神楽曲芸」「伊勢音頭」などが披露されました。


気が付けば1時間が経ち、光の夜神楽も終わり。

神楽を演じられていたのは、
・豊来家玉之助
・桃俣獅子舞保存会
・大升獅子神楽団
の方々。

後継者問題を抱えながらも何とかして受け継いで行こうと懸命に活動されているそうです。

c0183700_22491956.jpg





初めて見た夜の神楽。
夜ともなると本当に暗い奈良の春日大社の参道。
今でこそ照明が神庭を照らしていますが、本来は松明やろうそくの灯りの元、演じられていたんでしょうね。

とても貴重で、私にとって意味のある夜でした。
いつかまた、どこかで出会える事を願います。



最後にお声をかけ、皆さんの写真を撮らせていただきました。

ありがとうございました。


[PR]
トラックバックURL : https://revoir.exblog.jp/tb/26424264
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rinkatu at 2017-02-19 00:41
dimaさんの世界に引き込まれました(*^ー^)ノ♪
Commented by purebliss at 2017-02-19 10:35
dimaさん
おはようございます^^

日本の良き伝統
夜ともなれば また違った味わいがあるんでしょうね
同じ関西なのに 知らないことばかり
dimaさんは 神出鬼没です^^
Commented by monsukewc at 2017-02-19 11:39
夜の神社で行われるなんて、特別な雰囲気なのでしょうね。
素晴らしい伝統、後継者が少ないなんて、本当もったいないですね。
dimaさんのブログにより、興味を持つ方が増えれば、嬉しいですね。
Commented by precious_m at 2017-02-19 12:57
dimaさんこんにちわ。
2枚目にグッと引き込まれました。
なんとも神聖な、なんとも幻想的な。
奈良、修学旅行以来でかけていません。
いつか行きたい、つい最近もそんな話をしていたところです。
姉妹blog、リンクさせていただきました(^_-)-☆
Commented by revoir-dima at 2017-02-19 18:00
> rinkatuさん

想像以上の現場の雰囲気に、どうやって撮ろうかと楽しく悩んでいました^^
Commented by revoir-dima at 2017-02-19 18:03
> pureblissさん

今回春日大社というビックなお寺でしたが、小さな氏神さんの境内で行われたりすると、
それもまた独特な情緒となっていいでしょうね~。
私も知らないことが狩りですよぉ。なのでできるだけ沢山のことを見たり知ったり感じたりしたいです。
みなさんの情報にもアンテナ張らせていただいています^^
Commented by revoir-dima at 2017-02-19 18:05
> monsukewcさん

私のブログの職人シリーズも然りですが、伝えていくものの多くは同じ局面にありますね。
実際無くなってしまったものも多いです。
「誰かの役に立つブログ」。お役に立てればいいのですが・・・^^:
Commented by revoir-dima at 2017-02-19 18:08
> precious_mさん

MACHIさん、ありがとうございます。
神楽の中でも巫女神楽は目を引きますよね~。
奈良、いつかお越しくださいね^^。その際は何なりとお尋ねください!
マイナーなようで中々良いところ、あるんですよ~。
新しく始めたブログ、はてさてどうなることやらですが、よろしくお願いします~^^
Commented by kurese0535 at 2017-02-20 09:11
おはようございます。
なら瑠璃絵、一度行ってみたいと思っていますが
それにあわせてこんな伝統行事もされているんですね。
雰囲気が伝わるお写真たち、お見事です。
Commented by revoir-dima at 2017-02-20 17:06
> kurese0535さん

なら瑠璃絵もなら燈花会も、とてつもなくエリアが広いのでメイン会場の他でもなんやかんややってるようです。
この夜神楽も、どうやら毎年やってたようですね。知りませんでした。
思いのほか身動き取りづらいので、イメージしてたカットは撮れずでした(^^;;
Commented by nararanran at 2017-02-21 18:03
今年は瑠璃絵には行く機会がなくって残念でしたが
わたしの見て知る瑠璃絵とは、どえらい違い(^^)
ついつい難しい舞・・・とか伝統行事は待つのを苦手として
スルーしてしまいますが
、dimaさんは流石、素敵な写真を撮られていますね(^-^)
Commented by hanashigai at 2017-02-21 20:33
素晴らしい伝統祭りですね。
仕事以外ではなかなか訪れる事が無いだけに、それを反省しながら写真とテキストを拝見していました。
それにしても一時間程度で随分と演目が多く、撮影リズムを整えるのも大変だったのではないでしょうか?
僕は最後の写真が素晴らしいと思いました。
此れを撮らせて貰えるのはDimaさんの御人柄が無しえる技で、単に撮影技術だけで撮れる物ではありません。
Commented by revoir-dima at 2017-02-21 22:11
> nararanran さん

らんちゃん、こんばんわ。
らんちゃん人気者だから、みなさん待ってたみたいですね^^。
ま、ぼちぼちやって行きましょ。

私の今年の瑠璃絵はこんな感じ。ぶっちゃけメイン会場行っても変わり映えしないかな^^;とか思ったし・・・
(ホントは知りません)
元々難しそうな夜撮りほど、やる気スイッチ入るんで楽しかったです^^
Commented by revoir-dima at 2017-02-21 22:22
> hanashigai さん

過分なお言葉、ありがとうございます!
演目は「など」という表現で逃げてしまったほど正直うる覚えでした。
あまりに酷い内容だといけないので演者の豊来家玉之助さんに連絡を取り記事を見てもらい、問題ないとのコメントを頂きました^^;
生意気なことを言うようですが、現場の圧倒的な空気感に「撮らされる」ことの無いようにアグレッシブにファインダーを覗くのが疲れますが、楽しいです。
最後の写真、そうおっしゃって頂けたなら、やはり撮らせていただいて良かったです^^。
Commented by kwc_photo at 2017-02-22 00:47
ご無沙汰してます~。
なら瑠璃絵、2013年に行ったきり行けていませんが、
こんなのやってるんですね。神楽かぁ。
モノクロがまた、雰囲気を醸してくれています。
2枚めの舞い散る紙吹雪、キレイですね。
ドラマチックな瞬間です(^-^)
Commented by revoir-dima at 2017-02-22 08:25
> kwc_photoさん

こんにちわ〜(^^)
瑠璃絵、メイン会場は似たり寄ったりだと思うので、私も次いつ行くか分かりません。
ただメイン以外に、今回は載せてませんが色々サブコンテツを展開されてるみたいでそれは面白そうだと思ってます。
2枚目、生駒の山の奥の、小さな神社での神事でした。
ここの空気もなかなかでしたよ(^^)
Commented by nekonoheyah at 2017-02-27 16:51
こんにちは。
また来ちゃいました。
石見神楽を発祥とする 広島県の神楽とは全然違いますねぇ。
こちらは GHQのお咎めを逃れるために、あえて芸能に特化していったのだとか。

重い衣装。激しい舞。リズム感のある楽。

でも 津々と冷えたこちらの夜神楽。
神聖さを感じます。

Commented by revoir-dima at 2017-02-27 17:24
> nekonoheyahさん

石見神楽!!これも相当有名ですもんね〜。
私も一度は見てみたいと常々思っている神楽です。
なるほど、そういう背景のある神楽ですか。
他に類を見ない龍とか、興味ありますねぇ。
いつかは見てみたい。
ありがとうございました!!
Commented by croix7ley at 2017-03-06 15:03
うわ~、モノクロかっこいいー。
神事は、奥が深いですね、
私のような無信心な者が見てはいけないような気がして
とても敷居が高いです。

夜の描写とは思えないくらいすごい躍動感が
ビンビン伝わってきます。
さすがのdimaさんですね。
(〃▽〃)
Commented by revoir-dima at 2017-03-06 21:23
> croix7ley さん

Leyさん、ありがとうございます~^^。
神楽は娯楽なので、敷居は低い、っていうかありません。
私たちでいうと今はもう見かけませんが、公園でおじさんがやってた紙芝居、そんな位置づけだと思います。
私が勝手にこんな風な色付けにしたのでそう思っちゃうのかもしれません。だとしたら失敗ですね^^;
一応どんでもないトンチンカンな記事だといけないので、玉之助さんに連絡を取り、見ていただいてのリリースなので、そうメチャクチャではなさそうですが・・・^^;
by revoir-dima | 2017-02-19 00:34 | Trackback | Comments(20)