人気ブログランキング |

< 釜山・甘川洞文化村に行ってきた > (旅行・お出かけ部門)

さて、今回ぜひ行ってみたかった場所「甘川洞文化村」に行ってきました。

釜山の町からタクシーやバスで30分くらい。
山の斜面にびっしりと、まるで積み木のようにカラフルな家が密集して建つこの辺り、
アートの町として近年話題になっている所です。


c0183700_06404188.jpg






韓国には「タルトンネ」という言葉があります。
上の写真のようにびっしりと家々が並ぶ集落のことをいい、直訳は「月の町」。
なんだかロマンチックなようですが決してそうではありません。
朝鮮戦争の折、北朝鮮から逃げてきた人々が住み着きスラム街を形成。貧困ゆえ屋根も落ちてしまう家に住んでいました。
穴の空いた天井からは、月が見えていました。
それが「月の町」。



近年になり、この独特な光景に惹かれたアーティスト達がギャラリーを作り始め、カラフルなカラーリングを施し、マチュピチュに似た光景から「マチュピチュプロジェクト」と名付けられたプロジェクトにより今の「甘川洞文化村」という観光名所が出来ました。


c0183700_06412603.jpg


c0183700_06441426.jpg




あらゆるところにたくさんのアート作品が並んでいます。
アート好きな私には堪らないところです(^^)

c0183700_06441440.jpg




ご覧のような路地が迷路のように存在し、それぞれが絵にるところばかり。
多くの家に人が住んでおり、こうした路地を歩くにもマナーが必要であるし、そうした注意書きもあります。

c0183700_06441542.jpg


c0183700_06441475.jpg




ぐるっと廻る観光地図を購入するとスタンプラリーが出来るようになっており、コンプリートすると何かもらえるようです。


とにかくたくさんあるアート作品のなかで、もっとも人気の高い作品のひとつが「星の王子さま」。
王子さまとあのキツネが高台に座り、街を見下ろしています。
そこに並んで写真を撮る、てのが大人気です。
世界中で親しまれている作品なので、国籍問わず人が集まってました。


c0183700_06441531.jpg


c0183700_06441584.jpg


c0183700_06441662.jpg





こんな感じで最近話題の釜山のマチュピチュ、甘川洞文化村をご紹介しました。



今回の釜山は2回目。
前回は船で行きましたが大阪からのフェリーで19時間くらいかかりました。

パンスタークルーズ

そんな船旅は別として、釜山って福岡からは高速艇で2,3時間で着くほどの距離。
実際わざわざ福岡まで出て船で行くこうな事はありませんが、気持ちはソウルよりもずっと近いです。

それでいて観る、買う、食べるが充実している釜山。
たいてい安く行けますので、いずれまたぶらっとしに行きたいと思います。
















.

by revoir-dima | 2017-01-24 09:03