< 十日えびすの宝恵駕行列・夜の部 > (写真部門)

さて今宮えびすといえば宝恵駕籠行列。
昨年はえべっさんの様子とともに、宝恵籠行列のナイトバージョンである「夜のミナミの宝恵駕籠行列」をセットでお伝えしました。

昨年のナイトバージョンは1月9日でしたが今年は1月10日。名称も「宝恵駕籠行列・夜の部」と変わっていました。
何で日や名称が変わるのかなぁとか思いましたが、まぁ細かいことは気にせず、とにかく今年も行って来ました。


c0183700_22132360.jpg




 
 
 
18時半、宗右衛門町での出発式から始まります。
ミナミの各商店街の方や関係者の方達が挨拶され、鏡割りがあり、そしてお酒が振舞われます。


c0183700_23423379.jpg


c0183700_23425197.jpg





さて、今年も各商店街を代表される綺麗なおねいさんをご紹介しましょう。


まずはミス宗右衛門町と準ミス宗右衛門町のお二人。

c0183700_234377.jpg



そして心斎橋トップレディの方々。

c0183700_23432450.jpg



道頓堀商店会代表のお二人。

c0183700_23434427.jpg



そして、ミズえびすばしのお三方です。

c0183700_2343533.jpg




今年もお綺麗な方々が揃われていますよね~。


出発式が終わるといよいよ宝恵駕籠行列が始まります。
宝恵籠や、それぞれの商店街の山車に乗り宗右衛門町を出発です。
 
 

c0183700_2344937.jpg


c0183700_23442360.jpg


 
「ほ~えかご♪ ほ~えかご♪ 」と元気のいいかけ声とともに練り歩きます。


コースは昨年同様、宗右衛門町を東に進み、ぐるっと回って道頓堀へ。
 
 

c0183700_23443419.jpg

 
 
宗右衛門町、道頓堀を練り歩きながら「招福」と書かれたポチ袋を配り歩きます。

私もいただきました^^!


c0183700_23444742.jpg


c0183700_2345746.jpg




こんな感じでぐるりと一周した後は元の場所に戻り、最後に大阪締めで締めくくります。

「大阪締め」とは一本締めや三本締めなどの手打ちの大阪版。
大阪人としては何かしらの折に耳に触れ馴染みのある手打ちです。


それが終わると解散。




今年もまた、ネオン輝く大阪ミナミの夜を練り歩く、宝恵籠行列を見ることが出来ました。

こういうミナミの夜もあるんです。来年ぜひ一度ご覧いただき、一緒に福をいただきましょう^^!






第一回プラチナブロガーコンテスト





.
[PR]
トラックバックURL : https://revoir.exblog.jp/tb/26308964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hanashigai at 2017-01-14 23:03
とびきりの美しいお嬢さんたちですね♪
僕は昨日の夕方に京都の恵比寿神社にお参りしました。
通りの出店屋台もなく、寂しいくらいに人が少なかったですが、
その分ゆっくり参拝で来たので良かったと思ってます。
ついでに二寧坂~三寧坂界隈を歩きましたが、
八割くらいが海外の方々で収穫無しでした(笑)
Commented by sarusaM1 at 2017-01-15 14:17
大阪にもこんなに素晴らしい祭りが有るんですね(^^)
祭りは夏のイメージが有りますが、
冬の祭りも良いですね(^^)
Commented by revoir-dima at 2017-01-15 19:29
> hanashigaiさん

ここの所京都に出かけてないので、そろそろ行きたいなぁ。そういえば花灯路もあるなぁとか思ってた所です。
最近の外国人率は相当なものですよね。ちよっと撮りづらくなってますが収穫無しとは・・・。モチベーションに関わります。
このままが続くのでしょうかねぇ。
Commented by revoir-dima at 2017-01-15 19:33
> sarusaM1さん

赤い灯青い灯。色とりどりのネオンきらめく大阪の繁華街を妖しく練り歩く様子は独特の雰囲気です。
が、そこは大阪。写真ではそう見えても明るい掛け声でミナミを一周する間には本当にみんなが笑顔になるんです(^^)
by revoir-dima | 2017-01-14 10:00 | Trackback | Comments(4)