人気ブログランキング |

< 道頓堀のハッピーハロウィン >

10月31日、言わずと知れたハロウィンでしたね。

最近はこの時期が近づくと街やお店がハロウィン仕様になっていき、否応無しにその時期が来たことを知るわけですが皆さんは何かされましたか?

お家の中の小さな飾り、お子さんの可愛い仮装、
もしかしたらハロウィンをイメージしたお料理なんかで小さなパーティ、なんて方もおられるかもですね。

街に目を向けると今年も様々な仮装をした人たちが繁華街などにたくさん集まり、テレビでも取り上げられていました。



さて、今回はまぁどうでもいい事なんですが「そもそもハロウィンって?」な話から現代の様子までをほんの少しだけお話しします。


もともとハロウィンとは古代ケルト民族の儀式を起源として秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出すという宗教的な儀式でした。
つまり、キリスト教の儀式ではありませんでした。

後にキリストがケルト民族を侵略した際にこの習慣を根絶せず、都合のいいようにキリスト教に取り入れことからキリスト教の文化圏に広がっていきました。


その日付けですがケルト人の持つケルト歴では1年を11月1日から始まり、10月31日で終わるとされていて年末である10月31日には日本のお盆と同じように死者の魂がこの世に戻って来るとされていました。
そしてその時やってくる悪霊は子供たちをさらうと考えられていました。

そこで人々は、村を徘徊する悪霊達に対し仮面をかぶり、悪霊を驚かせて追い払うような儀式を行っていたそうです。

このことから、ハロウィンでは仮装をするという習慣が生まれました。

またカトリックでは、11月1日を諸聖人の日(Hallow)と定めていたのでその前夜をHallow Eve(ハロー イブ)と言い、これがやがて簡略され「Halloween(ハロウィン)」と呼ばれるようになりました。

やがて宗教的儀式の意味は無くなり、かぼちゃのお化けを飾り、「トリック オア トリート」と言って仮装した子供たちが家をめぐるお祭りになりました。


そして日本。
日本ではさらに独自の変化を遂げ、完全にコスプレ祭りとなって行ったのは皆さんご存知の通りです。




さて、長々と小難しい話をして来ましたが先日、その独自変化の実態調査に行って来ました。
昨年は大阪アメリカ村にある三角公園でしたが今年は「ザ・大阪」の道頓堀に行ってきました。



ということで皆さん、大変お待たせしました。
それではどうぞー!!





まずはこちら。
天使とデビルちゃん。
デビル系はたくさんいましたが、天使とツーショットはこの方たちしか見かけませんでした。

c0183700_16322699.jpg





次はこの方たち。
ポケモンGOのポケスポットマークです。色もちゃんとブルーとピンクで揃えられてました。

c0183700_16324891.jpg



この方たちは何系でしょうか。花魁にしてはツメが甘々ですし、、。
でもまぁご本人たちが表現したいことは十分伝わりました。ありがとうございました笑

c0183700_16325663.jpg



ドラキュラとデビルちゃん。
良いです。

c0183700_1633245.jpg



ピクサーからはトイストーリーのウッディ。
女性のほうは、、、分かりません。。。

c0183700_16331033.jpg



同じくトイストーリーからリトル・グリーン・メン。
メンなので男なんですが女性がやるとこうなります。良いです。

c0183700_16331790.jpg



そしてモンターボールを持ったピカチュウ(たぶん)。

c0183700_16332619.jpg



最後はマリオ&ルイージです。

c0183700_16333411.jpg





アンデッド系は無数にいるのであえて調査対象外としました。
もともと人気の高いポケモンとマリオ、そしてデビル系は安定の出現率です。


ただ、昨年行った三角公園とは実感として明らかに種類の数と完成度が違うように思いました。
これについても考察はあるのですが、いずれにしても場所によるそうした違いがあるということは非常に興味深いです。

従って来年以降、さらに調査が必要かもしれません。


撮らせていただいた写真ですが、ちょっとした嗜好を感じさせなくも無い気がしますがあくまでも「実態調査」目線ですので誤解なきよう願います(笑)



以上で報告終わります。











.
by revoir-dima | 2016-11-02 08:37