人気ブログランキング |

< α6000と「なら燈花会」、とツァイスレンズ >

ちようど1年前、色々あってSONYのミラーレス機「α6000」を買っちゃいました。
その時買ったのはボディのみ。
レンズはずっと以前から持っていたSONYのミラーレス「NEX-3」に付いていた標準レンズ「E 18-55mm F3.5-5.6 OSS」が使えるという事だったので、それをファームアップして使ってきました。

で、その組み合わせで初めて夜撮影に持ち出したのが1年前の「なら燈花会」。
設定とかいろいろよく分からんまま会場入りし、良くも悪くも楽しく撮ってきました。

< α6000と「なら燈花会」 >


あれから1年、まぁいろんな所に持ち出して使ってきましたがある時、
「あれ?もしかしてレンズをもうちょっと良いのを使えば、もっと良い写真が撮れるんじゃね??」
なんてアホな事を思うようになって来ました。

上手い下手に道具はカンケー無い。

理性ではそう思っても一旦欲しくなったキモチはどんどん膨らんでいき、
もう上手い下手とか写真の良し悪しではなく単なる所有欲だけでモンモンとしていました。

結局、心を支配した悪魔に負け、ツァイスの「Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS」を買っちゃいました。

初めてα6000を持ち出して行った「なら燈花会」。
あれから1年。あの時の写真より綺麗に撮れるのか?
使い易さは?合焦は?

そんなのを「検証」するためにツァイスとのコンビで行ってきました。




c0183700_2337559.jpg




関西のろうそくイベントでは最大規模の「なら燈花会」。
とんでもなく広大なエリアで行われるイベントです。

今回私は仕事帰りという事もあり、あまり時間も無かったので「浅茅ケ原会場」だけをまわってきました。


今回は主に、人物写真で検証。
ご協力いただいた浴衣のおねいさん方、どうもありがとうございましたm(__)m



それではいきましょう、こんな感じです。




c0183700_23373977.jpg


c0183700_23374986.jpg




c0183700_23375974.jpg


c0183700_2338898.jpg





まぁ相も変わらず本当に暗い会場です。
いくつかライトを点している他は、基本的にろうそくの灯りだけ。

なのでどうしても、少しでも明るい所へと足が向きます。
となると似た構図にしかならない、、、

この繰り返しに、自分のバリエーションの無さを思い知らされます、、、。



c0183700_23381594.jpg




c0183700_23391728.jpg


c0183700_2339249.jpg





いかがでしたでしょうか。

これまで使ってたレンズと違い、全域がF4通しなので、望遠側では少し安心出来ますが、逆に広角側だと暗い事になります。


で、撮れた写真を1年前のものと比べてみると・・・



たいして変わんないじゃねぇか!!






以上。








.
by revoir-dima | 2016-08-18 00:05