< 有松絞りまつりに行ってきた >

先日、愛知県にある有松というところに行ってきました。

京と江戸を結ぶ東海道にある茶屋集落。
江戸時代から絞染めの産地として栄え、今も「有松絞り」として伝統を守り、伝えられています。

私がこの地を訪れたのは丁度一年前、ブロ友としてお付き合いさせていただいているhikarigraphyさんの記事を拝見したのがキッカケでした。。

毎年6月に行われている「有松絞りまつり」。
以前より有松絞りには興味があり、ぜひこのイベントを見てみたいと心待ちにしていました。



c0183700_21474825.jpg




 
 
 
私が着いたお昼頃にはほんの少し雨がパラついていましたがほどなく止み、青空と強い日差しが射すようになりました。
そして、多くの方々で賑わって来ました。


c0183700_22163357.jpg




有松というところは東海道にありながら宿場町ではなく、鳴海宿・池鯉鮒(知立)宿の間にある「間宿(あいのしゅく)」としての役割でした。つまり、ちょっとした休憩所だったそうです。

江戸時代、ここに移り住んだ「竹田庄九朗」という方により有松絞りが始められ、これが大ヒット。


やがて豪華な町屋が並び、屋根には卯建(うだつ)が取り入れられるなどますます盛んになっていきました。
現在では重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。


c0183700_21511529.jpg


c0183700_2216278.jpg




さて、その「有松絞り」ですが、実に400年以上の歴史を持ち、国の伝統工芸品にも指定されているものです。

木綿布を藍で染めたものが代表的で、模様については他の生産地に類を見ない多数の技法があるそうです。
その数実に100を超えるとか。

緻密な模様からシンプルなものまで、実に味わいのある絞り柄が有松の町中にあふれていました。


c0183700_22175262.jpg


c0183700_22181492.jpg




祭りではたくさんのお店が出店しており、反物はもちろん吊りのもの、Tシャツから小物まで多数の有松絞り製品が並んでいます。
どのお店も沢山の方が有松絞りに触れ、手に取っておられるようでした。


c0183700_22245659.jpg


c0183700_2225454.jpg




有松絞りの100を超える技法。
今もそれを支え、そして伝えていこうとされておられる方々が実演されていました。

一手一手が有松の紋様をを作り上げて行くんでしょうね。
こういうの、大好きなのでここはかなり見入ってしまいました。

c0183700_2229935.jpg




「ミス絞り」のお二方に出会いました。

お二人が持っておられる手ぬぐい。染め体験でご自分で染め上げたものだそうで、ちょっと手に持っていただいて写真を撮らせていただきました。
お綺麗で、キュートな方々でした。


c0183700_22404978.jpg




有松には三台の山車があります。

東海地方には高山を代表として、古川、犬山などなど、かなり多くの地域で山車があります。
有松の三台の山車はそれぞれ「からくり人形」が付けられており、囃子方の調べに合わせて実に複雑に動きを見せてくれます。

秋祭では町を曳航し、勇壮な姿が見られるそうです。


c0183700_2243124.jpg


c0183700_2243817.jpg










c0183700_2248365.jpg



有松では多くの着物の方を見かけました。

祭りだから、ってこともあるでしょうがここは京都のように観光客が記念に着物を着て街歩きするような感じではなく、大人の方が、普段から着物を着ておられるような印象を受けました。


なんか、落ち着いているんです。


c0183700_22513618.jpg





とっても素敵な絞染め柄と手触り。


今年はもう一着浴衣が欲しいなぁと思っていたところ。
有松絞り、欲しいなぁ〜(^^)












.
[PR]
トラックバックURL : https://revoir.exblog.jp/tb/25677540
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hanashigai at 2016-06-08 14:25
こんにちは
今回も素敵な写真の数々!堪能させていただきました。
僕の知らない町、知らない祭りを観れて嬉しいです。
浴衣をお持ちなんですね!いいなぁ~!!
Commented by croix7ley at 2016-06-08 16:45
こんにちは^^
私も全く知らない町の知らないお祭りでした....
こうして拝見すると伝統美ってすごいですね。
引きあり、寄りあり、町並みの素晴らしさ
そして職人のすごさ、また和服の女性の美しさ
和を存分に表現されているお写真に見入ってしまいました^^
夏は苦手な私ですが、浴衣姿の女性を拝見すると
暑くても頑張って撮りに行こう~っという気にさせて
頂きましたよ(〃▽〃)
Commented by yosshy_z at 2016-06-08 21:49
京都の新緑や川のせせらぎもそうですけど、
こういう視覚で感じる〝涼”は日本独自のものじゃないでしょうかね。
手間暇かけたものはやっぱり良いですよ。
世の中グローバル化とよく聞きますが、だからこそ
自国のこういうええもんを知っておかんといかんなぁとつくづく思います。
ディスカバー・ジャパン!!
ですね (^^)
Commented by hikarigraphy at 2016-06-08 22:11
こんばんは(^^♪
有松にいらっしゃい~♪
お気にいっていただいたようでウレシイです。
私も行きたかったのですが野暮用で今年は行けず
dimaさんがお越しになると知っていたら是非お会いしたかったです。
ミス絞りをショットしているところは流石ですね^^
Commented by revoir-dima at 2016-06-09 06:07
> hanashigaiさん

自分の知ってる世界なんて、本当に狭いものだと本気で思っているので、星の数ほどある知らない世界や場所とか、ちょっとでもアンテナに響くものがあれば出来るだけ見てみたい。
それが出来るうちは続けたいなぁ〜って思ってます。
浴衣は、帯も含め5千円もしない安物ですよ。
ただ、浴衣の方を撮るときに撮り手も浴衣だと何かと都合が良いんですよね〜。少なくとも私は、そう思ってるです(^^;;
Commented by revoir-dima at 2016-06-09 06:43
> croix7leyさん

ありがとうございます(^^)
浴衣って、良いですよね〜。
着てよし、撮って良し。leyさんは浴衣、着られませんか?
有松のように自然に和装でいられる場所って、そこに居るだけで何となく落ち着く。
ニッポン人ですなぁ〜(^^)
Commented by revoir-dima at 2016-06-09 07:01
> yosshy_zさん

有松だけでなく、それこそ奈良や大阪にもディスカバー・ジャパンな所、たくさんあるんだと思います。
例えば赤膚焼。いつかその歴史とともにご紹介したいなぁとか思ってます。
ヨッシーさん、いかがですか(^^)?
Commented by revoir-dima at 2016-06-09 07:35
> hikarigraphyさん

そうなんですよお。昨年記事を拝見した時から、スマホのスケジュール帳に記入していました。
予想以上の人出でした。幸いイオンにすんなり止める事が出来ました。
そうですねぇ、ご連絡すれば良かったですが、昨年のコメントにも書いたように弟との用事もあったもので。
ミス絞り、「ミス有松絞り」じゃないんだなぁって思いました。
ここだけの「ミス」ではないんでしょうか?
祭の間は有松絞りが半値くらいになるものがあるとか。
買うなら祭り狙いですかねー。
Commented by monsukewc at 2016-06-09 17:26
街のあちらこちらに、有松絞りがつるしてあったりするんですね。いい雰囲気~^^
来年の祭りに、行ってみたくなりました!
有松絞りの浴衣、欲しいですね~。高そうですが・・・^^:
Commented by revoir-dima at 2016-06-10 10:53
> monsukewcさん

有松絞りは、まぁ少々お高いですねぇ。
ちゃんとした浴衣としてはその位はするんでしょうが、私たちのようなナンチャッテにはハードル高いかも。
でも、一着くらいはちゃんとしたの持っておきたい気もしますし。
とりあえず一回、行ってみてください(^^)
Commented by arak_okano at 2016-06-11 08:02
染物のお祭りがあるなんて驚きました、
日本ってやっぱり良いですね、バグースです。
伝統文化に万歳です。
Commented by revoir-dima at 2016-06-12 15:33
> arak_okanoさん

まぁ祭りといっても、神事的なものではないのでマーケットみたいなもんです。
それでも高価な有松絞りが半額で買えたりとか、かなりお得なきゃんですよ(^^)
Commented by sarusaM1 at 2016-06-13 17:19
最初の写真、空の感じと上手く溶け込んでますね。
こんなお祭りが有るんですね。
ほんの少し雨がパラついたくらいで良かったですね。
いきなり本格的に降りだしたら少し大変なことになりそうです(^^;
そういえば郡上八幡にも郡上本染がありますが、
地域によっていろいろな特色が有るんですね。
Commented by revoir-dima at 2016-06-13 22:07
> sarusaM1 さん

郡上本染、寒ざらしの時に色々調べたら出てきました。
どの土地にも伝統文化がありますね。
有松絞りは日本どころか世界にも有名なブランド。
せっかくの機会なのでいろんな染め柄を見てきましたが、それも頷けるほどでした。
by revoir-dima | 2016-06-08 00:12 | Trackback | Comments(14)