< 伊根の舟屋の不思議な出来ごと >

先日、天橋立の先の「伊根」に行った際のこと。

なんだかとっても不思議なことがありました。




伊根、といえば海に面してずらりと家屋が立ち並び、一階は船のガレージとなっている「舟屋」が残る港町。
歴史的な伝統家屋が並ぶ、とっても風光明媚な風情のあるところです。


c0183700_00245605.jpg









私が着いたのが午後3時ごろ。
大体の観光客はいなくなり、ひっそりとした感じになりつつありました。


しばらくは次回のロケハンをかねてウロウロしていましたが、ちょっと休憩をしたくて
お茶を飲めるところを探していました。


ところがそもそもが田舎の町。
そういった場所ってないんですねぇ。


で、ようやく見つけた一軒のお店。
舟屋でお茶を飲ませてくれる、と看板にあります。



「こんにちわ~」っと声をかけながらお店に顔を覗かせました。

しばらく返事がありません。


返事を待つ間ぐるりと周りを見回してみると、やはり伝統的な木造建築物。
舟屋の中は素朴で、とてもいい雰囲気です。

そして奥のほうにはちらりと、海が見えます。




入ってすぐ左に畳の小さな部屋。
静かに、インストゥルメンタルな音楽が流れています。
何かの作業中でしょうか、小さな木卓にはパソコンやら資料らしきものが広げられています。



まだ返事が無いので繰り返し「こんにちわ~」「ごめんください~」と声をかけます。

おかしいな。明らかに今しがたまでいたであろう人気を感じるものの何の返事もありません。


引き続き声をかけながらもう何歩か中へ進むと畳の部屋に続き台所がありました。

するとその台所から「シューーーーーーッ!!!」という音が聞こえてきました。




えぇっ!!??



ふと見ると台所にあるガスコンロには丸いフライパン。
その中には一かたまりのモヤシが入れられ、強火の火がかけられています。

それももの凄い勢いの火で!



プロパンガスに繋がれた、古い鋳物製のガスコンロ。

業務用かと思える大きなガスコンロから出る強火は、シューーーーッ!!っと音を立て容赦なくフライパンを熱し、
中のモヤシから出た水分はグツグツグツーーーーッ!と沸騰しものすごい勢いで水蒸気を放っています。




えぇーーーーー!!
だ、大丈夫かよぉ!!??




そんな様子を見ながらもなおも声をかけ続けました。


明らかに今さっき、ついさっきまで人がいたと思われるも、こつ然と姿を消したような感じです。


トイレか?とも思いトイレと思しき場所の近くで声をかけるも返事はありません。



もうこうなるとお茶どころの話ではありません。
お店を出ようにもこのガスコンロをどうしたものか。



どうしよう、どうしようと思う間にもシューシュー、グツグツと音を立てるフライパン。

明らかにこのままじゃそう時間をおかずモヤシから煙が出て、火が上がりそうな勢いです。

そしてここは伝統的な木造建築物。


もうもうと湯気の上がるフライパンを見つめながらしばらく悩みましたが、
思い切って火を止め、お店を出ました。




そのまま帰路についたわけですが、

あれで良かったのかなぁ、余計なことをしたのかなぁ。
そして、消えた住人はどこに行っちゃたのかなぁ・・・。


そんな事をず~っと思いながら車を運転していました。





帰り道、そのお店のことをネットで調べてみるとFacebookをされているのを見つけました。

そこそこなペースで日々のことを更新されています。


そこでタイムラインに今日あったことを書いてみました。

・お邪魔したものの不在であったこと
・コンロに火がかけっぱなしになっていたこと
・しばらく待ったが返事もないので危ないと思って勝手ながら火を消したこと





それから数日、気になるのでお店のFacebookページを見ていました。
ところがそれまである程度のペースで更新されていたにもかかわらず、まったく更新もされず、コメントへのリアクションもありません。


一日が過ぎ、三日が過ぎ、そして五日が過ぎ・・・




いつしか忘れてしまったある日、ページを見てみると、私の書き込みは消されていました。

私の、書き込みだけ・・・








あの日、一体何があの店で起こったんでしょうか。
そして私は何を、経験したんでしょうか。







なんとも不思議な感じの残る出来事でした。














写真展「2015/12/12展WEST」に参加します。
c0183700_22161693.png


【開催日】
2015年12月11日(金)・12日(土)
11日 12:00~20:00(プレオープン)
12日 12:00~19:00(メイン)

【会場】
イロリムラ[89]画廊1F・2F
大阪市北区中崎1丁目4番15号
TEL:06-6376-0593 (電話受付 10:00~18:00)
http://irori2005.com/

















.

[PR]
トラックバックURL : https://revoir.exblog.jp/tb/24947478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by monsukewc at 2015-11-17 21:46
不思議な体験の結果が知りたいんですね^^:
無事だったら良いのですが・・・
Commented by hikarigraphy at 2015-11-18 00:10
気になりますね
どこに行かれていたんでしょうね
火を止めずにrevoirさんが調理されていると・・・
いろいろ空想してしまいました^^
Commented by revoir-dima at 2015-11-18 06:42
> monsukewc さん

ね、不思議な話でしょ〜。
結末は知らない方がいいのか知っちゃいけないのか、、。
とりあえず次伊根に行った時にはお店に入ってみようかなぁと思っています。
Commented by revoir-dima at 2015-11-18 06:47
> hikarigraphy さん

ち、調理!!
そ、、それはまたハイレベルなノリですねぇ(^^;;
それは考えませんでしたわぁ。
おいしいフリだったのに、大阪人としてはこれはイケませんねぇ(^^;;
Commented by shinrajuku at 2015-11-18 10:31
ジブリ映画のような世界。
そこは迷宮への入り口だったのかも・・・
Commented by precious_m at 2015-11-18 18:33
こんにちわ。
異空間に入っちゃいましたか。

コメントが消されているっているのも…。
なんだろう。
気になりますね。
Commented by revoir-dima at 2015-11-18 22:09
> shinrajuku さん

迷宮の入り口・・・
私は、知らない間に踏み入れてはならない世界に入り込んでしまったのでしょうか。。。
Commented by revoir-dima at 2015-11-18 22:10
> precious_m さん

なんか、そーみたいです・・・。
まぁ現実的な解釈をすればできるんでしょうが、
ここはあえて不思議な感じのままにしておいた方がいいような気がします。。。
Commented by yosshy at 2015-11-18 22:25 x
その時は何かしら、のっぴきならない事情で、不在もしくは出られなかったんでしょうが、
あとでわざわざ連絡までしてくれる人の厚意に対し、そういう態度はいかがなものかと個人的には思いますね。
常識的な感覚の持ち主なら、誰でもdimaさんのように動くんじゃないでしょうか!?
dimaさんのコメントだけを消すというのも
余計なお世話的に感じているんじゃないかと、こちら側としては思ってしまいますし・・・。
そんなふうに色々考えて、そりゃあ気になりますよ。

万が一、先方に命にかかわるようなことが起こっていたなら
仕方がないのかもしれませんが・・・。
Commented by koharu07028 at 2015-11-18 23:21
不思議な体験でしたね。
そのままモヤシを炒めて調理しておくというのも面白いですね。
でも、大事に至らずによかったです。
火は怖いですからね。
Commented by revoir-dima at 2015-11-20 06:54
> yosshy_z さん

まぁ、この状況の現実的な解釈としてはそんなところでしょうね。
ただ、それをそのまま書いてもなんだし、こんな感じで解釈してみたらこれはこれでネタにもなっていいんじゃないでしょうかね(^^;;
伝統的な家屋が無事で良かったと思うことにします。
Commented by revoir-dima at 2015-11-20 07:00
> koharu07028 さん

その場では、このまま調理をしてやろうとかそんなことを思う余裕は無かったです。
ただ、何を作ろうとしてたのかなあとかは思いましたね(^^;;。
結果として火を止めて店を出たわけですがあのもやし何に使うんだったんでしょうかね〜(^^)
Commented by kwc_photo at 2015-11-22 18:57
料理途中でうっかり・・・でしょうか(^_^;)
FBのコメントは、客商売なんで、そんなアブナイお店だと思われても・・・と
思って消したとか??
でも、何か反応があっても良さそうなもんですね。

ともかくも火事にならなくてよかった。そう思うことにしましょ(^^ゞ
Commented by revoir-dima at 2015-11-23 15:43
> kwc_photo さん

冷静に考えるとそんなところでしょうね。
仰っていただいたこと、すべて私も想像しました。

この話をどうしようかしばらく考えましたがこんな形で公表することに。
店名とかは出しませんが私なりの主張を、もし、読まれることがあればご一考くだされば
それでいいです^^。

ありがとうございました。
Commented by hanashigai at 2015-11-25 21:36
こんばんは
先日はコメントとお気に入り登録をありがとうございました。
revoir-dimaさんのセンスの良い写真たちを、
刺激を受けながら拝見しておりました。
この不思議体験、なんだか夢の中の出来事のような感じですね!
放っておいたらどうなってた事か?と思うとドキドキしてしまいます。
大事に至らなくて良かったです。
私もお気に入り頂いてまいります。
今後とも宜しくお願い致します。
Commented by revoir-dima at 2015-11-25 23:06
> hanashigai さん

さっそくのご承認、ありがとうございます!
いや、hanashigaiさんのサイトを見つけた時はもうびっくりしましたよぉ。
これこれ!この感性を探していたんだ!って感じでいくつもいくつも記事を読みました。
本当に刺激をいただき勉強になります。
こちらこそよろしくお願いします!

舟屋のフシギ事件、おっしゃるように大事に至らなくて良かったと思います。
放っておいて万が一のことがおきたらおそらくニュースになるだろうし、
なれば「あの時・・・」と思うだろうし。
そうなったら後悔してもしきれなかったと思います。。。
by revoir-dima | 2015-11-17 17:54 | Trackback | Comments(16)