< 門司港レトロ snaps. >

本州と九州を分ける海峡、関門峡。

この関門峡を渡るには
・鉄道による関門鉄道トンネル
・車による関門国道トンネル
・同じく車による関門橋
・そして歩いて渡る関門人道トンネル

の四つの方法があります。

めちゃくちゃ暑く、一眼レフを捨ててやろうかとも思えた山口。
せっかくここまで来たのだからと、関門人道トンネルを通り、九州へと渡ってきました。

トンネルを抜けると門司に出ます。


わずかな時間でしたが門司をsnap散歩してきました。



c0183700_23521718.jpg



港町である門司港には、明治から大正にかけての建築物が今でも残り、
「門司港レトロ」地区として観光の人気を集めています。

私が行ったときにもたくさんの方がレトロ地区に来られていました。



c0183700_23522652.jpg



私の身近な神戸や、時々出かける横浜とはまた少し違った港町。

それぞれに魅力があり、それぞれの空気があり。



c0183700_23523015.jpg




欲を言えばもうちょっといい時期に来て、ちゃんと時間をとってレトロ建築とかをゆっくりまわりたかったなぁ。


そんなことを思いながら、あまりの暑さにそそくさと本州側へと戻ったのでした。




帰りは関門連絡船で5分の船旅。

この時だけは、海風が気持ちよかったです。









.
[PR]
トラックバックURL : https://revoir.exblog.jp/tb/24616369
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kwc_photo at 2015-08-30 17:16
港町、レトロな建物が似合いますね~。
門司港は中学校の修学旅行以来行っていませんが、こんな風景だったけ?
という新鮮な驚きです。
ああ、もう30年近く経ってしまっていますもんね(笑)
私もせっかく九州の海っぺりを旅したのに、時間の制約があって
まったく撮影の時間はとれませんでした。残念(^^ゞ
Commented by hikarigraphy at 2015-08-30 18:46
こんばんは(^^♪
本州から九州を歩いて渡るってロマンチックな感じがしますが
夏の時期だと暑さでそんな感覚は無いのでしょうね^^;
歩いて渡るにも有料なんでしょうか。
一度は歩いてみたいです^^
Commented by koharu07028 at 2015-08-30 22:32
こんばんは。
門司港にはレトロな建物があるんですね。
百合の作品がステキです。
博多にはよく行くのですが、今度行くときに寄ってみたくなりました。
夏の暑い時期は外すようにしますね(^^)

Commented by revoir-dima at 2015-09-01 11:29
> kwc_photo さん

門司って、何気にスルーするところですので、修学旅行で立ち寄ったというのが正直おどろきです。
北九州だと案外外せないところなんですかねぇ。
九州もお仕事なら時間もなかなか無いでしょうし、やはり写真とかゆっくり撮ろうとなると、プライベートで出かけなきゃムツカシイですね。
Commented by revoir-dima at 2015-09-01 11:32
> hikarigraphy さん

人道トンネルは歩いて渡るぶんには無料です。
自転車だと有料で、かつ押して行かなきゃならないようです。
最初は車で門司に渡ろうかと思ってましたが、歩いて渡って船で帰る、これが正解です(^^)
Commented by revoir-dima at 2015-09-01 11:39
> koharu07028 さん

博多によく行かれる方でも門司にはなかなか行かれませんか。
なんか、観光的にはもうちょっと見所があるようですが、そこそこ時間割いて行かなきゃならないみたい。
ここだけでもじゅうぶん楽しめますので、ぜひ季節のいい時に足を向けて下さい(^^)
Commented by yosshy at 2015-09-02 08:01 x
港街、ええですね〜 ^ ^
その響きだけで写欲がわいてきます。
何せ、奈良には海がありませんので… /笑

あ、一眼レフ捨てるのは
奈良に来た時にして下さい‼︎ ψ(`∇´)ψψ(`∇´)ψ
Commented by revoir-dima at 2015-09-02 14:13
> yosshy_z さん

港町、たしかにいい響きですよね〜。
古くから映画や歌の舞台となっているのでそういうイメージが
出来上がっているのでしょうか。
一眼レフ、捨てなくていいように対策しましたので、ご安心下さい(^^)
by revoir-dima | 2015-08-30 00:32 | Trackback | Comments(8)