人気ブログランキング |

< コンコンチキチン・祇園祭に行ってきた >

「私、祇園祭に行ったことないんですよぉ。いっぺん行ってみたいと思ってるんですけどねぇ。」
「え?そうなん?、祇園祭かぁ、大変やで~」
「そうそう、とにかく暑いし人多いし・・・・。」


普段からしょっちゅう京都に出かけるものの、生まれてこの方一度も祇園祭に行ったことありませんでした。
そんな話を誰かにすると、ほぼ決まってこんな会話になります。

どうやら私の周りのオトナは、一度は行ったことがあるらしい。

こりゃぜひ一回行ってみて、次は私が「大変やで~」と話す側になりたいなぁってことで
先日7月15日、祇園祭の宵々山に行ってきました。

初めての祇園祭、なるほどみなさんのおっしゃる通りでした。


c0183700_232337.jpg





京都の祇園祭、そのネーミングは全国的に有名なので、おそらく知らない方はまずいないんじゃないかなと思います。

今回は祇園祭の概略とともに、私がまわって来た範囲でのお話を撮ってきた写真でご紹介します。



祇園祭の起源は平安時代。
当時流行っていた疫病を鎮めるために始められました。
キラキラとした装飾に怨霊を集め、町の外に追い出そうとしたのが始まり。

時代とともに「見せるもの」と変わっていき、より大きく、より豪華になっていきました。

その後「山」が出てきます。
人を乗せ、人が担ぐ仕様が最初でした。

こうしてできた「山」と「鉾」。
その違いはてっぺんに載せているものが「木」であるか「シンボル的な何か」であるか、だそうです。



山鉾巡行では「長刀鉾」を先頭に始まります。

その後に続く順番はくじ引きで決めます。
ただし、長刀鉾を含め昔から順番が決まっている鉾や山がいくつかあり、これらを「くじ取らず」といいます。

巡行の先頭を行き、唯一稚児が乗るのが「長刀鉾」。
その姿はカッコよく、大人気です。





私が京都に着いたのが午後3時過ぎ。
地下鉄から上がるとちょうど長刀鉾のそばだったので、ここからスタートです。


この長刀鉾をはじめ、いくつかの鉾は私たちも上がることが出来ます。
ただし、長刀鉾だけは女人禁制。男性のみが上がれます。

せっかくなので私も上がってみました。

c0183700_062771.jpg


c0183700_23591122.jpg


内部の天井周囲は赤や金色の装飾が施され、とっても豪華なもの。
そこから見える京都四条通りは、なんとなく眺めもいい感じです。

c0183700_063930.jpg

c0183700_21193897.jpg


ちょうど私が上にいたとき、稚児による山鉾巡行で行われる「注連縄切り」の練習が始まりました。
練習とはいえこれも立派な行事。失敗は許されないそうです。

静まり返った中お稚児さんは大人に介添えされながら日本刀を抜きます。
その後決められた所作のなか刀を振り下ろし、見事注連縄を切ると歓声が沸きました。


いやぁ、偶然ですがいいものを間近で拝見できました。

c0183700_0264160.jpg



宵山、宵々山、宵々々山では旧家や町屋、老舗のお店で伝来の屏風などの宝物も披露されます。
「屏風祭」と名づけられており、これまた滅多にお目にかかれないものばかりが並べられます。

c0183700_21223237.jpg

c0183700_21224252.jpg




大通りである四条通りには長刀鉾をはじめ、月鉾、四条傘鉾などゴージャスな鉾が並びます。

長刀鉾を楽しんだ後は脇の通りに入っていきました。
油小路や綾小路辺りにはいくつかの山が点在。あとはこの辺りをウロウロと。

この山の集まるエリア、人は多いといえば多いですが想像していたほどではなく、
明るいうちならまだまだゆっくりとできます。

c0183700_21321999.jpg




そんな中、「船鉾」がありました。

おぁ、これもまたカッコいいです。

長刀鉾以外は女性も上がれますので何人もの方が上がられていました。

c0183700_2127153.jpg


c0183700_21265179.jpg



さて、祇園祭ともなると浴衣の方々がたくさんおられました。
お友達どうしやカップルなど。カップルも羨ましいし、浴衣のも羨ましいです^^ 。

素敵なカップルさんに、思わず今回もお声をかけて撮らせていただきました。

通りを入った山だと割とこういう写真がゆっくりと撮れる感じです。

c0183700_21275919.jpg





そうこうしているうちに徐々に日が暮れだしました。
明るいうちは予想していたほどの人出ではなかったのですが、大方6時を回るころになると突然人が増えだしました。

c0183700_21332890.jpg



夜には歩行者天国になる四条通りはこんな感じ。
新聞やテレビでよくみる感じですね。

c0183700_21343631.jpg



ただそれも分かります。
暮れだしたころから夜にかけての山や鉾、提灯に灯りがともったその姿は本当に綺麗です。

c0183700_21355865.jpg


そして祇園祭のあの音色、「コンコンチキチン・コンチキチン」。

それぞれの鉾の上で奏でられています。

c0183700_21363524.jpg


c0183700_21364646.jpg






夜ともなると確かに人が多いし、確かに暑い。

最初の会話にあったとおりでした。


それでも私は、また来てもいいかな、と今は思っています。


理由?


なんででしょうかね。
きっと、それが「祇園祭」なんだと思います。











.
by revoir-dima | 2015-07-17 22:25