人気ブログランキング |

< 大大阪時代・建物の記憶 >

大正後期から昭和初期にかけ、大阪では「大大阪時代」と呼ばれていた頃がありました。

「関東大震災」により大量の人や企業が大阪に流れ込み、日本一の大都市に。同時に商業、文化、芸術、建築等が花開き、とっても華やかな時代でした。

NHK連続テレビ小説「マッサン」や「ごちそうさん」などはこの時代の大阪を背景としたものです。


この時代の名残は大阪に数々ありますが、特に建築物は数多く現存し、大大阪時代モダン建築としてたくさんの方が訪れています。

その内のひとつ、「芝川ビル」にカメラを持って行ってきました。
 
 
c0183700_2275927.jpg




 

今回ここを管理されておられる方を訪ね、色々と詳しいお話を聞かせていただいたり普段は点けない照明を点けていただいたりと、ご配慮いただきました。
アポ無し飛び込み取材でしたが、快くお受け下さりありがとうございました。
 
 
c0183700_22153044.jpg


c0183700_22153476.jpg



江戸時代から明治にかけ、唐物商として財を成した芝川家。
それまで煉瓦造2階建の洋館と、日本家屋、土蔵を使用していましたが昭和2(1927)年、南米マヤ・インカの装飾を纏った芝川ビルが竣工しました。
大大阪時代にはこうした自由な発想でさまざまな様式の建築物が建てられました。
 

c0183700_17242678.jpg


c0183700_17242270.jpg



竣工当時は各々の部屋を応接室や娯楽室として使用するつもりでしたが、教育に関心を持つ芝川氏は「芝蘭社家政学園」という花嫁学校を設立。

昭和4(1929)年の開校から昭和18(1943)年の閉校までに、関西一円の名門女学校を卒業した3,000人を超えるお嬢さんたち、いわゆる「いとはん」たちがここで学ばれました。

「芝蘭社家政学園」は、現在の女子短大のはしりであったとも言われています。


c0183700_22155650.jpg


c0183700_221657.jpg



その後、戦争。
奇跡的に大阪空襲を生き延びたこのビルも年月を経て老朽化していきますが、何度かの修復を重ねることで今でも当時の雰囲気そのままに保存されています。
また、国の有形文化財に指定されています。


c0183700_22161152.jpg


c0183700_22174389.jpg


c0183700_22161553.jpg

 

この芝川ビルでは、夏にはここのテラスではビアガーデンが行われます。

私も何度か行きましたが、近代的なビルに囲まれた中、今ではすっかりこじんまりとしてしまったレトロビル。
そこだけがタイムスリップしたようで、そんな中に身をゆだねながら傾けるビールグラスは本当に異次元、異世界。

言葉に言い表せない感覚を楽しむことが出来ます。


c0183700_22162418.jpg


c0183700_22163235.jpg





大阪にはこの芝川ビルの他にもこうしたモダン建築物、モダンビルディングがまだまだ沢山あり、
多くのビルディングではカフェやショップなどのテナントが入っています。




大阪にお越しの際、道頓堀やUSJ、吉本新喜劇などを一通り楽しんだあとはぜひ一度レトロビルを訪ね、大大阪時代の大阪を感じ、こうした雰囲気の中でのショッピングやティータイムなどを楽しんでいただけたらと思います。










********************************************************

写真展、します。
セルフポートレート写真展「I my me」
■ 開催日
2015年5月11日(月)~5月17日(日)
12:00~20:00(最終日のみ18:00まで)
定休日:水曜日

■ 場所
Acru Gallery


c0183700_22205493.jpg




開催期間中、お近くをお通りの際はぜひお立ち寄りくださいませ♪♪



********************************************************











.
by revoir-dima | 2015-05-06 21:58