人気ブログランキング |

< 加賀温泉郷の芸妓検番「花館」>

石川県加賀市にある片山津温泉。

この辺りは「加賀温泉郷」といい、良質の温泉が湧き出る数々の温泉があります。

山代、山中、粟津、片山津。

この4つを総称して加賀温泉郷といいます。

この内山中温泉では以前、九谷焼の工房を取材させていただきました。



今回訪れたのは片山津温泉。

前回の山中温泉では温泉には入らず、取材後すぐに富山での取材へと移動。後ろ髪を引かれる思いでした。

今回片山津では、の〜んびりと温泉に浸かることができ、堪能させていただきました。

で、温泉のあと立ち寄ったのが「芸妓検番・花館」。

かつてここで数多くの芸妓さんたちが芸の稽古に励んだ、趣のあるところでした。



c0183700_654813.jpg




 
 
昭和40年代、片山津には30軒の置屋と400人以上の芸妓さんたちがおられました。

赤い、ベンガラ格子の外観。

艶やかで、独特なその赤は往時の華やかさを想像させてくれます。


c0183700_65233.jpg



大正9年に建てられたこの検番では、各置屋から派遣された芸妓さんたちが踊りや三味線、鼓や唄などの練習に励んでいたそうです。


玄関を入ると天井にはたくさんの稲荷提灯。一人ひとりの源氏名が入っていました。「檸檬」さん、なんて方もおられたようです。
洒落た源氏名に、思わず笑みがこぼれます。



c0183700_65267.jpg



2階に上がると60畳ほどの大ホール。外観からは想像できないほどの広さでした。

c0183700_652950.jpg



大正ロマン風のホールで、天井は格式ある折り上げ格天井。

c0183700_653218.jpg



広々としたホールは、日々芸事の練習に使われる傍ら、時には畳を外しダンスホールとしても使われていたそうです。

c0183700_653449.jpg



こちらのガラス窓。格子のデザイン、わかりますか?
なんと温泉マークを表しています。こういうのは初めて見ました。
いや〜、じつに洒落ていて、遊び心ありますよね〜。


c0183700_653869.jpg



当時使われてた品々もたくさん残され、展示されています。


三味線や、

c0183700_654022.jpg



お正月に芸妓さんたちが必ず着た黒留袖、

c0183700_654344.jpg



そして芸妓札。
両面が赤と黒に塗り分けられており、芸妓さんがお座敷にあがるときには赤色にして行くそうです。

c0183700_654674.jpg



この他にもまだまだありました。記事の一枚目の写真もそうです。
鮮やかな金色をした櫛やかんざし、そこに施される装飾もまた可愛く、センスのいいものでした。




ブログに収まりきれない見所満載の「花館」。




片山津温泉に行かれた際、風情ある赤い格子を見かけたらぜひ一度入ってみてください。











.
by revoir-dima | 2015-04-25 21:06