< 曹洞宗大本山・永平寺に行ってきた >


先日福井県に行った際、ずっと行きたかった永平寺に寄ってきました。


大晦日、闇夜に深々と降る雪の中、低く、日本人の心に響くかのごとく鳴らされる除夜の鐘は毎年のようにNHK「ゆく年くる年」で放映される、あの永平寺です。

その様子からは神聖であったり神秘であったりと、なんとなくそんなイメージを持ち、一度行ってみたいと思ってたところです。



c0183700_21565640.jpg




 
 
曹洞宗永平寺。
今から約750年前の寛元2年(1244年)、道元禅師によって開創建された出家参禅の道場、禅寺です。

曹洞宗には大本山がふたつあり、ひとつはここ福井県永平寺。もう一つは横浜市にある總持寺です。このふたつを両大本山といいます。


数多くの老杉に囲まれた山の中に、大本山はありました。

 

c0183700_21583868.jpg


c0183700_21585921.jpg




参拝券を買って中に入るとまず、広間に通され寺の伽藍などの説明や見どころ、見学にあたっての注意事項などを聞きます。

驚いたことに、私の知るお寺では珍しく「写真はどこを撮っていただいてもかまいません」とのこと。
もちろん本堂もです。
ただひとつ、修行をされている僧侶に直接カメラを向ける事だけは止めて下さいとこのとでした。

まぁあれですね、「撮るなっつってもどーせあんたら撮るんでしょ…だったらせめて…」って感じなのでしょうかね。。。



では永平寺の内部をいくつか。


傘松閣。
ここの天井には230枚の花や鳥を中心に書かれた色彩画が敷き詰められ、「絵天井の大広間」と呼ばれています。

c0183700_2159449.jpg




永平寺は広い敷地の中にたくさんの建物がありますが、そのうち伽藍は7つ。
それぞれは階段状の回廊で結ばれています。


c0183700_2253470.jpg


c0183700_225506.jpg




法堂。
天保14年(1843年)に改築された道場。朝のお勤めなどに使われます。
本尊をお祭りする両脇には阿吽の白獅子が置かれています。

c0183700_2261030.jpg




山門。
寛延2年(1749年)に再建された楼閣門。
両側に四天王を配置した、どってもゴージャスな門でした。
ここの厳格な出家道場を求心する者のみこの門をくぐる、といわれ、入門の第一関門となっていました。

c0183700_22265567.jpg

c0183700_2227273.jpg





永平寺。どこから見ても、どこをどう撮っても絵になるところでした。

長い歴史のしっかりとした裏付けあるからこその風格と威厳。

やはり行って良かったです。




c0183700_22272238.jpg




福井県は広く、まだまだたくさん見どころのあるところ。
色んなところに行きましたが、以前行った水晶浜の景色もとっても印象的で素敵でした。




さて、次はどこに行きましょうかね〜。









.
[PR]
トラックバックURL : https://revoir.exblog.jp/tb/23929381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rinkatu at 2015-04-17 23:34
永平寺では僧侶以外
何撮っても好いとこだと先日知りました!
カメラ好きには堪らないですよね^^
ただ同じ北陸なのに
福井は遠く感じます^^;
ですが、一度は行きたい場所の一つに登録されてます(*^^)v
行くまではdimaさんの記事をよ~く見させていただきます^^
Commented by arak_okano at 2015-04-18 17:05
永平寺さん、撮影OKなんですね、太っ腹に
バグースです。
実は、36年前の高三の時に行っているんですよ。
どういうわけか、卒業旅行が、東尋坊に永平寺&兼六園になったんです。
写真は1枚もありません。
Commented by hikarigraphy at 2015-04-18 20:40
こんばんは(^^♪
何度か訪れましたが巨木に囲まれ廊下でつながれた
広い境内に圧倒されます
僧侶が生活している部屋に降りていく階段があるのですが
中はエアコン完備の床暖房って邪推してしまいました^^;
まだ冬に訪れたことはないのですが雪景色の永平寺は一度は見てみたいです^^
Commented by revoir-dima at 2015-04-19 09:41
> rinkatu さん

福井県、遠いですかぁ。
まぁ確かに福井県は東西に広く、西の方だとこちらからは「琵琶湖のちょっと先」くらいの感覚ですからね。
参拝券が500円しますが、どこでも撮れてあのボリューム、コスパのいいところだと思います。
ぜひ一度。金沢の、「ちょっと先」、ですよ(^^)
Commented by revoir-dima at 2015-04-19 09:45
> arak_okano さん

36年前とはいえ、写真が一枚も無いとはストイックですねぇ(^^)
今ならデジタル、スマホでパシャパシャ撮りますからね。
東尋坊にも行きましたよ。
自殺の名所とか言われてきましたが今でもそうなんでしょうかね〜。
Commented by revoir-dima at 2015-04-19 09:51
> hikarigraphy さん

僧侶の方々の生活ぶりも色々聞かせていただきました。
朝は4時に起床だとか食事は一日2回、風呂も月に2回だとか。
宿泊施設が冷暖房完備だとは知りませんでした。
まぁ冷房はともかく暖房は生死に関わることもあるでしょうからね〜。
雪の永平寺、私も見てみたいです。
Commented by nararanran at 2015-04-19 09:53
こんにちは。
永平寺は金沢からはドライブ感覚で行ける場所だったので
一年に何度もいっていました。
お蕎麦が美味しいトコロもあって、食べにドライブ(*^^)v

一般の方でも門をたたくと入門させていただけたので
ありがたいお寺さんですね。
(今もかどうかは、わかりませんm(_ _)m)
Commented by kwc_photo at 2015-04-19 20:53
永平寺、内部もOKなんですね。
なるほど、これだけ携帯やデジカメが普及した今となっては
隠し撮りされるくらいなら、しっかり注意点を述べて撮らせ
ようというお考えなのかもしれませんね。
まだ行ったことがないのですが、興味が出ました~。
皆さん言っておられますが、雪の頃に行きたいですね。
Commented by yosshy at 2015-04-20 22:38 x
ゆく年くる年では、暗闇の中厳かに鐘の音が鳴り響くイメージしかないので、
昼間の姿はまた違った趣ですね。
思っていたよりも意外とゴージャス‼︎ /笑
しかもカメラOKなのは、なんて太っ腹なんでしょう (≧∇≦)
それだけでこのお寺が好きになりましたよ /笑
天井の花鳥画230枚、1枚ずつ全て撮りたいです (☆▽☆)

dimaさんの今回の撮影…、
単焦点メイン(ってか、ほぼ全て35mm?)ですか⁇
Commented by revoir-dima at 2015-04-21 23:37
> nararanran さん

金沢から永平寺、距離感だと大阪から京都、位なんでしょうかねぇ。もうちょっと遠いかな?
お蕎麦、食べましたよ~。
福井大学の近くのお店でした。めっちゃくちゃ美味しかったです^^。
おろし大根のピリ辛がツボでした。
一般の方の入門は知りませんでしたねぇ。って、入門ってどういうことなんでしょう??仏門に入る、って事なんでしょうか・・・?
Commented by revoir-dima at 2015-04-21 23:40
> kwc_photo さん

雪の永平寺、やはりどなたにとっても魅力的なんですね~。
ただ、寒そうですけどね~^^;
最近こうした寺社に対して液体をかける犯罪がニュースになっていますね。
たしかこの永平寺も的にされたかと思います。
本当に残念な話ですね・・・
Commented by revoir-dima at 2015-04-21 23:43
> yosshy さん

天井の絵、カメラのレンズを天井に向けて畳に置き、何枚かは撮りました。
ただ、全部となるとそれはもう「作業」ですよ^^;
でもまぁ一つ一つの絵は色彩とか綺麗でしたねぇ。
今回のレンズ、35mmと50mm、両方使って撮っていましたが結果としてブログではほぼ35mmのものでしたね。
四天王だけが50mmです。
by revoir-dima | 2015-04-17 23:20 | Trackback | Comments(12)