< 三十三間堂の通し矢に行ってきた >

京都は東山にある三十三間堂。

毎年、年が明けるとここで行われる「通し矢」に、今年始めて行って来ました。

以前は1月15日に行われていましたか、今では1月15日に一番近い日曜日となっています。

「通し矢」とは、「三十三間堂大的全国大会」といい,府弓道連盟と妙法院門跡が共催するスポーツ行事です。
初段以上の新成人が弓の腕を競うのですが、みなさん鮮やかな晴れ着姿で競技に挑みます。

大勢の方が見学や撮影に来られていました。

c0183700_2222436.jpg






そもそも通し矢とは江戸時代、武士が三十三間堂(約120メートル)の軒下で弓の腕を競ったことに由来しています。
現在の競技では60メートルとなっています。


手に手に弓を持った新成人たちは全国から集まり、今年の参加者は約1600人。
一人2本ずつ矢を射ります。

c0183700_22252716.jpg


みなさんキリッとした目で、凛々しくもありカッコ良くもあり。

c0183700_22255946.jpg




制限時間は2分間。一度に12人並ぶので単純計算では123組ほど。
一組2分間なの1600人が終わるのには4時間半かかります。
その後決勝や「称号者」と呼ばれるベテラン組も競技をしますので、全部で5-6時間かかります。

なので会場では朝から延々と競技が続いているって感じです。

c0183700_2226945.jpg


こういう行事ですので相当数のカメラマンが集まりますが、観客のほとんどは新成人の親御さんや友達です。
一生に一回のことですからね〜。

c0183700_2229759.jpg


射場を離れ、裏へ回るとこれから弓矢を射る方々が順番を待っておられます。
もの凄い数です!

c0183700_22282949.jpg



c0183700_22285549.jpg


晴れ着にタスキを巻き、胸当てを付けて弓を持つ姿。本当にかっこいいです。

c0183700_2229257.jpg

c0183700_22291291.jpg




決して広いとは言えない射場の横には、それはもうすごい数の観客が常時何重にも人垣を作っています。
大変な思いで見てきましたが、それでも一回は見てみたかったんですよね~。



京都・三十三間堂の通し矢。



皆さんも機会があれば、一度は見に行ってみませんか^^?













[PR]
トラックバックURL : https://revoir.exblog.jp/tb/21473914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by beerpapa at 2014-01-17 15:55
観客も半端じゃないけど、参加者も凄い人数ですね
参加者は女性だけなんですね
勇ましくもあり、優雅でもありますね しかも美人ばかり

さすがDimaさんの写真は状況がわかりやすく、きれいです。
Commented by hikarigraphy at 2014-01-17 19:07
こんばんは(^^♪
順番を待っている情景がスゴイですね。
戦国時代を想像してしまいました^^;
一斉に矢を射る姿も臨場感バッチですねー
いいポジションでのショット、サスガですね^^
Commented by revoir-dima at 2014-01-18 07:07
> beerpapa さん

この大会、前半に男子もあるんです。
ただ、ものすごい人なので男子のプログラム中には写真の撮れる位置までたどり着けなかったんですぅ、、、。
前の方で話されてる様子では、男子も凛々しく、いいよね〜と言ってました。
なんか女子だけ追っかけてる感じになってますが、チガウんですーf^_^;)
Commented by revoir-dima at 2014-01-18 07:11
> hikarigraphy さん

戦国時代、こんな感じだったのでしょうかねぇ。
昔は本当に命をかけてたわけですから、一種狂気の空気だったと思われますが想像の域を超えますね。
撮影ポジションは前もって調べてたのでこだわりました。
ただ、そういう場所なのでなおさら人が多い。ま、そりゃそうですよね〜
Commented by alpinism2 at 2014-01-18 17:42
男子のプログラム中にたどり着けなっかたとは、かなりの混雑だったのですね~
それでも素晴らしい光景を切り取られたのは流石です(#^^#)
凛とした表情と華やかさと、なかなかの見応えです♪
来年は私も行ってみたいです!
Commented by monsukewc at 2014-01-19 19:22
もの凄い人なんですね!
行ってみたいけど、かなりの勇気がいりそうです^^:

ノーファインダーで撮られたのですよね!?
女性はかわいいのですが、すごくかっこいい写真ばかりですね。
美と伝統文化、素晴らしいです!
Commented by revoir-dima at 2014-01-20 06:30
> alpinism2 さん

そうなんですよぉ、それはそれはもう大変な人です。
1600人の選手の、その家族等が仮に2人来たとしたら3000人強の人があの狭いところに集まるわけですからねぇ。
私の経験ではトップクラスの難易度でした。
来年ぜひチャレンジして、まぁその様子を見てやってくださいf^_^;)
Commented by revoir-dima at 2014-01-20 06:38
> monsukewc さん

ほんと見た目に華やかでカッコ良くって、晴れやかな気分になりますよ〜。
いかにも京都らしい行事です。

そうそう、前半の4枚、競技の部分は全てノーファインダーです。
現場は、何十もの人垣のむこうでなんかやってる、って感じです。なーんにも見えない。
カメラ持った手を高く上げてとにかく連写です。
どこにどう被写体がいて何が写ってるのかもわからん状態です。
とにかく写しまくれば、なんとかなるもんですよf^_^;)!
Commented by preciousLYC at 2014-01-23 12:33
こんにちわ。
すごい人ですね~!!
しかもかっこいい。
凛とした姿に緊張感を感じます。
素敵ですね。
さすがです
Commented by revoir-dima at 2014-01-24 06:31
> preciousLYC さん

コメントありがとうございます(^^)。
人、ほんとに凄かったです。
競技される方も凄ければ観客もまた凄い!
これがまぁ狭いところにギッシリ集まるのでもう何が何やらグチャグチャなんですよね〜。
あらかじめ調べて、想定通りなんですがそれにしてもえらい目に合いましたよぉ。
ただ、次行く時には対策案も無くはないのでもうちょっとなんとかなるとは思いますが、次、行くかなぁ;^_^A
Commented by Tomoko@Rimini at 2014-02-05 17:13 x
はじめまして ちょっとした趣味の手芸をひろげたく日本のシルバニアファミリーという動物の人形に胴着を着せて販売しています。柔道 空手 合気道と作っていて とうとう資料を集めていたら三十三間堂大的大会に出会ってしまいました。なんて素敵なのでしょう イタリアにもアーチェリーでなく弓道をたしなむイタリア人たちのクラブがあるんですよ@モデナ。写真を見ていて制作意欲がふつふつと湧いてきました http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n127327341 良かったら作品見てください
Commented by revoir-dima at 2014-02-05 19:00
> Tomoko@Rimini さん

はじめまして。ようこそ起こし頂きました(^^)。
へ〜、イタリアで弓道ですか!
どういった方々が楽しまれるのでしょうかねぇ。
そのコスチュームも気になります。
リンク先、拝見しました。
よく出来た人形ですね。
かなり細かく作ってらっしゃる。
弓道は、私は撮るだけですが実際にされている方々には人気が出るんじゃないでしょうか。
今回の弓道以外にもいろいろ撮ってますので、制作のヒントになれば私も嬉しいです。
ぜひ色々見て回って下さいね〜(^o^)
Commented by coto at 2015-01-14 21:25 x
初めてコメントさせていただきます

cotoと申します

今週末開催される三十三間堂の通し矢のブログを探していてたどり着きました

下から2枚目のお写真、女性の強さが表現されていて素敵ですね

今年通し矢を見に行こうと考えていますが、写真撮影のコツなどありましたら教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いしますm(_ _)m

Commented by revoir-dima at 2015-01-15 00:44
> coto さん

初めまして~^^、ようこそお越しくださいました。次の週末には通し矢ですね。挑戦されますか!なかなか手ごわいですよ~(^^)

私に分かる範囲のことを出来るだけお伝えしますのd参考にしてください。

詳しくはcotoさんのブログにコメント入れますね~。

いいのが撮れたら、また教えてくださいね~^^。
Commented by coto at 2015-01-15 22:03 x
dima様へ

早速のお返事ありがとうございます♪

大変な撮影だったんですね

一度挑戦しようと思いましたが、dimaさんのコメントを拝見していると、ちょっと躊躇してしまいますね

早起きは苦になりませんが、厳冬のなかスタートまで待つのがホント辛そうで…

ただ魅力的な被写体でもあります

なので…

もう少し考えてみようと思います☆

Commented by revoir-dima at 2015-01-16 19:50
そうですか(^^;;。
まぁ激しい戦闘になる事は確かですからね〜。
人気の被写体は、撮りたいのはみんな同じですからね。
いつか、気が向いたらチャレンジしてみて下さいね〜(^o^)
Commented at 2016-01-07 14:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by revoir-dima at 2016-01-07 15:19
鍵コメさま、ご訪問いただきありがとうございます。

こちらこそぜひお願い致します!

また、サイトを拝見させていただくのを楽しみにしております。
ありがとうございました(^^)
Commented at 2016-01-12 11:12 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2016-01-12 15:27 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by revoir-dima at 2016-01-12 20:44
鍵コメさま、サイト確認いたしました。
ありがとうございました。
まだまだ知らない日本の祭り、たくさんありますね。
ひとつひとつ全部見たいです^^。
たくさんの情報、参考にさせていただきます。
ありがとうございました。
Commented at 2016-01-13 11:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-11-07 12:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by revoir-dima at 2017-11-07 13:46
> 鍵コメさま

ご連絡ありがとうございます(^^)
どうぞご自由にお使いくださいませ。お役にたてられること、嬉しく思います。
Commented at 2018-01-14 18:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by revoir-dima at 2018-01-14 19:54
> 鍵コメ さん

こんにちわ!びっくりしました〜(^^)
って、それは鍵コメさんも同じだったかと思います。
仰っていただいた件、全然問題ありません!
というより写真が、行くべき所にやっと行けたように思えほっとしています。

ところで、この写真の件でもう少しお話させて頂きたい事があります。
もしよろしければ連絡いただきたいのですが。
これ以上絡むのがご迷惑であればこの写真を保存していただきご使用いただくだけで終わっていただいても結構です。

メール : ytj0818@gmail.com にメールか
インスタ : @dima_revoir にDM

では、コメントありがとうございました(^^)
by revoir-dima | 2014-01-16 23:15 | Trackback | Comments(26)