< ニッポン中の神さん大集合〜!出雲大社・神在祭に行ってきた >

島根県・出雲大社。今年は60年ぶりの遷宮でもあり、今、とってもアツいところです。
その出雲大社で毎年行われる「神在祭」。
どうしてもその様子が見たくて先日、出雲大社に行ってきました。

いつものよにウンチクは出来るだけカンタンにしていきたいと思います。
また、諸説あることもご了承ください。

さて、始まりです。ちょっと、長いです^^;

c0183700_2118063.jpg





陰暦では10月を「神無月」といいます。
全国の神様が出雲に出向かれるので各地では神様がおられず「神無月」。
逆に出雲では「神在月」といいます。有名な話ですね。

旧暦の名称なので現在では11月ごろを指します。
私が行ってきたのは11月12日。その夜に、八百万の神様がやってきます。

朝6時。まだ暗い出雲大社はほとんど人がいませんでした。大注連縄で有名な神楽殿はこんな感じ。
しーんと静まり返って、聞こえるのはチラホラと来られる参拝者が鳴らす柏手の音と、神楽殿から聞こえる祝詞の声。

本当に静かでした。
c0183700_21253479.jpg


c0183700_21254658.jpg


やがて徐々に明るくなり、日の光が出雲大社を照らしだします。
なんとも神々しい感じです。
c0183700_21255258.jpg

c0183700_21261496.jpg





そんな朝の境内を散歩しながら、少し出雲大社のお話を。


c0183700_21435376.jpg






以前のブログ「トップ・オブ・神宮 ~いよいよ式年遷宮編~」でも触れましたが、伊勢神宮の神様はアマテラス。ここ出雲大社はスサノオです。
アマテラスがお姉ちゃんでスサノオが弟。
このスサノオの息子が大国主命(オオクニヌシ)です。
出雲には二人の神様がいますが、メインはオオクニヌシ。
スサノオは御本殿の裏で、小ぶりに祀られています。まぁ息子を立ててる、ってとこでしょうか。


c0183700_21335452.jpg



出雲大社は今年は遷宮の年。御本殿の屋根やその他モロモロ、順次新しくしていきすべてが終わるのは平成28年です。
60年ぶりの遷宮ですが、「60年に一度」ではありません。
伊勢神宮は20年に一度なので「式年遷宮」。出雲は定期ではないのでただの「遷宮」です。
それがたまたま今年、合致したので大騒ぎなんです。


c0183700_21342041.jpg



出雲大社の参拝の仕方はちょっと他と違います。
ここでは「二礼・四拍手・一礼」。一般には二拍手ですね。
なぜ四拍手かというと・・・長くなりますので割愛。
ちなみに伊勢神宮では神職は八回打ちます。


c0183700_21355358.jpg



こちらが御本殿手前にある「人足門」。本来は閉じられ中に入れませんが今の時期(神在祭)の間だけ門が開かれます。
中は撮影禁止です。
c0183700_21364147.jpg

c0183700_21395084.jpg



出雲大社と言えば縁結びですね。
男女の仲だけではなくすべての良縁を引き受けてくれます。
これはオオクニヌシがここで番を張る時に、「世の中すべてが幸せであるよう良縁をもたらせましょう」と宣言したことから「出雲大社=縁結び」となりました。

そんなわけで、特に男女の縁に限らずなんですが、ざっとみても若い女性が多いですね。


c0183700_2135031.jpg



参拝に来られた方を一枚撮らせていただきました。
願い事、叶うといいですね^^。
c0183700_2121841.jpg



さて、少しお腹がすいてきましたので早めの昼ご飯を食べにいったん離脱。


c0183700_21503849.jpg



出雲といえば「出雲そば」。
「割子そば」といい丸いお皿に小分けされて出てきます。
こんな感じ。
c0183700_21213440.jpg


彼女たちは大阪からの女性二人組。少し話をして写真を撮らせていただきました。
明るくて、とってもステキなお嬢さん方でした^^。
お二方、このあと出雲、マンキツされましたか~^^?




再び大社に戻ります。


c0183700_2142269.jpg



境内にはいろんな社(やしろ)がありますが、東西に一つずつ「十九社」があります。
今夜集まってくる神さまが泊まる宿泊所です。
今はまだトビラは開かれていませんが明日からの神在祭期間の時にだけ、開かれます。
c0183700_21312450.jpg



さて時刻は午後3時をまわったので、ぼちぼち今夜行われる「神迎神事(かみむかえ)」の場所、「稲佐の浜」にやってきました。
c0183700_21221148.jpg



私はどうしても最前列で見て写真を撮りたかったのでこの時間にやってきましたが、神事のはじまる夜7時までこれが寒いのなんのって・・・。
風はビュービュー、突然曇りだすわ雨は降るわ・・・。
ある程度は予測していたので防寒・雨対策はして来たんですが、とにかく待ちが長かったです・・・。


この日この場所にやって来た人だけがもらえるお札があります。
せっかくなので私もいただきました。それがブログの一枚目のやつです。
けっこうレア品じゃないかと思うのですが・・・


そんなこんなで徐々に辺りが暗くなりだし、御神火がかかげられました。
c0183700_21223860.jpg



ふと後ろを見ると、遠くの方まで人影が。スゲェ数!何千人いるの分かりませんが、あんな所からじゃ見えんだろ??ってくらい集まっていました^^;




午後7時。御神火だけの灯りの中、神迎神事がはじまりました。
「神在祭」は、この神事から始まります。
c0183700_21225793.jpg



神事の間は喋ることも許されず、物音を立てることも禁じられます。
c0183700_2123753.jpg



この厳粛さ、この空気感。
これこれ、これが見たかったんですよね~。
c0183700_21232388.jpg



厳かな空気の中、粛々と神事は進んでいきます。
そしてお迎えした八百万の神さまを大社へとお連れします。
c0183700_21233193.jpg


この写真、ほとんど見えないくらい真っ暗なのでピントなどはまったくの当てずっぽうで連写しまくりでした・・・。
最後の写真、自分でも後で見て良く撮れたなぁとびっくりしました^^。


このあと神様は「神迎えの道」を通り、神楽殿に向かいます。その後ろを参拝者たちはぞろぞろと付いていきます。

神楽殿ではお迎えした神様たちにお食事を供え、玉ぐしを奉納し、神楽を舞い歓迎して宿泊所へお連れします。
そして東西の十九社のトビラが、開かれます。

c0183700_2124349.jpg


こんな感じなので、写真がぶれちゃいました・・・^^;
c0183700_212522.jpg






翌朝、昨日より少し遅めの7時半くらいに大社へ向かいました。


c0183700_21303051.jpg



するとさすが!今日から本格的な神在期間とあってすでに大勢の方が来られていました。
御本殿で行われる神在祭への参列もすでに行列。
c0183700_21304560.jpg



私は一時はあきらめましたが、しばらくして見に行ってみるとあっさり入れたので神事を見てきました。
本殿なので撮影禁止です。
滅多に見られない神事なので、とっても興味深かったです。
東西の十九社も、扉が開いています。

c0183700_213226100.jpg



これより約1週間神様たちは、オオクニヌシのリーダーのもと、いろいろと会議を行います。

こんな感じで始まった神在祭。しばらくは本当に多くの方が参拝に来られ、片っ端から手を合わせていかれることになります。。。


c0183700_21403655.jpg



さて、以上で私の出雲大社探訪記(^^)を終わります。
今回もまたスーパーロングとなりました。


とにかく見たかった稲佐の浜での「神迎神事」。
見れてホントに良かったですわ~。ただ、とにかく寒い!
来年の神迎神事、神在祭は12月。
行かれる方は厳重な防寒装備をして行ってくださいね~。


c0183700_2139057.jpg











[PR]
トラックバックURL : https://revoir.exblog.jp/tb/20941867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hikarigraphy at 2013-11-15 23:08
こんばんは(^^♪
なななんと!同じ日に訪れてました。
と言っても、当日に名古屋を出発したので到着は正午過ぎでしたので
お写真のような感動的なシーンには巡り会えませんでした。
この日は神在月、そんなことも知らずに訪れました^^
Commented by revoir-dima at 2013-11-15 23:36
> hikarigraphy さん

マ、マジっすか~~~!!すごい偶然じゃないですか~!
せめてごあいさつくらいしたかったですねぇ。
ブログではどうしても事後々々となりますので仕方ないですが、
Facebookなどされておられませんか?
さんざんネタを投稿していたんですが・・・

で、出雲どうでしたか?楽しまれましたか~^^?
Commented by 222111a at 2013-11-16 10:00
中身の濃い出雲大社の記事、とっても参考になりました。
一度行ったことがあるのですが、その時はまだ修造中で、建物がほとんど見られなかったのですよね。
是非再チャレンジしてみたくなりました。

↓の奈良女子大、公開日があるのですね、全然知りませんでした。
Commented by monsukewc at 2013-11-16 17:17
素晴らしい写真と内容!
私の全く知らない世界。神様が集まるなんて、「千とちひろの神隠し」みたいですね^^
Dimaさんの行動力には、いつも頭が下がります^^:
お忙しいですが、明日はよろしくお願いします。
Commented by simple0128 at 2013-11-17 23:23
久しぶりにコメントさせていただきます。
やっぱりすごいですね♪
暗闇での撮影、何より僕は早朝の撮影がまだまだよくわかっていません(^_^;)

しかし、この雰囲気はテンションが上がりますね!!
写真から僕も味わってみたい空気が・・・
それには行動しないといけないですよね(^^ゞ

僕も、そろそろ頑張ります!
Commented by revoir-dima at 2013-11-18 06:32
> 222111a さん

ありがとうございます。
出雲大社は本来は「いずもおおやしろ」と読みます。
そんな話やなんやかんや、まだまだいっぱいネタがあるのですが、キリがないのでかなり割愛しています。
ほんと、飽きない所です〜。

奈良女の一般公開、一見の価値ありです。
特に100年ピアノの生い立ちは、本当にいい話なんです。
たくさんの方に触れていただきたいと思いました。
Commented by revoir-dima at 2013-11-18 06:36
> monsukewc さん

どのお祭りでも、神迎えの儀式の雰囲気は、ちょっと異様で厳かで、実に印象的な雰囲気です。
そんな神様が一同に会するわけですから、どうしても一度は見てみたくなって・・・。
機会があればぜひ見ていただきたい光景です。
Commented by revoir-dima at 2013-11-18 06:43
> simple0128 さん

現場の空気感を写真で伝える、というのは聞こえはかっこいいですが、それがどういうことなのか、どうしたらいいのかなど私も全然分かっていません。
ただ「撮ってる」だけの延長でしかない気もするし、、、。
毎回毎回、そんなことを考えながら撮ってます。
だから、面白いのでしょうね〜
Commented by sasa920 at 2013-11-18 14:53
出雲大社行ったことない
しかも神事 どれも興味深く 面白かったです♪
海のそばで 夜7時は寒いですよね(><御疲れ様でした。
神事の様子が伝わってきます・・・
素敵な写真 ありがとうございました(^^
Commented by revoir-dima at 2013-11-18 18:29
> sasa920 さん

ありがとうございます。
出雲大社、遠いですからね〜。
でもいつか、一回でいいから行って見てください。
あそこまで行くと、出雲大社だけでなく結構遊べるところ、ありますよ(^^)。
まぁ出来れば神事を見て欲しいですが、寒いですからねー。
いろんなご縁を面倒見てくれます。話のネタに、どうですか〜(^o^)?
Commented by FLEKTOGON35 at 2013-11-18 21:46
ガイドブックをはるかに越えた内容と写真で勉強になりました!
神様が集まる雰囲気ですね。日本を感じます。
そう感じる自分はやはり日本人なんでしょうね。

いつも充実した撮影旅行、うらやましいです^^
Commented by revoir-dima at 2013-11-19 06:34
> FLEKTOGON35 さん

いつもいつも、どの程度かけばいいのか、自分が読むとしたらどの程度が限界かを考えるので悩まされます(^^;;。
写真も多く、それだけで長々とした記事になちゃいますし。
この、写真を選びきれないのも優柔不断というか、センスの無さ、なんでしょうね〜。
お付き合いいただき、ありがとうございます(^^)
Commented by shimaike55 at 2013-11-19 15:48 x
すごいですね。ここの写真、どれもこれも。
実は私もあの日出雲大社にお参りしてました。神迎神事も斎場の反対側から。2時間立ちっぱなしで待ってむちゃくちゃ寒かった。でもそんなことはどうでもよくなるくらいあの雰囲気はたまらなかった。祝詞のあとは身体がしびれちゃいまいた。
それにしてもあの暗さの中でよくこんな写真が。素晴らしいですね。早朝の大社の空気感もこれまた良くてコメント入れたくなりました。私のデジカメには、龍蛇神さまの後方最前列でカメラを構えた御仁が写っているけどもしかして
Commented by revoir-dima at 2013-11-19 18:06
> shimaike55 さん

コメントありがとうございます(^^)。
そうですかぁ、shimaike55さんもあの現場におられましたか〜。
いや、お疲れさまでした。本当に寒かったですねぇ。
現場のあの空気感、すごかったですね。

写真は、、、まぁ必死でしたから(^^;;
帰ってパコソンで見るまではどう写ってるのか不安でしたよぉ。
確かに最前列にいましたので、もしかしたら、ですねー(^^)。
お互い、いいものを見ることができましたねー。
Commented by moonchocolate at 2013-11-21 03:28
おぉぉ神迎神事を臨場感あるお写真で拝見できて嬉しいです~!
行ってみたいと思いつつも、人ごみと寒さに怯んでしまい、足を運べずに終わっていて^^;
その場にいるかのように思えるくらい、厳かな空気がお写真から伝わってきて…特に夜の神事のお写真の迫力には圧倒されました。
楽しませていただきました^^
Commented by revoir-dima at 2013-11-21 06:52
> moonchocolateさん

はい。おっしゃる通りです。
人ごみも相当なもんだし寒さも相当なものです。
なんかね〜、もうちょっと季節のいい頃にやってくれりゃいいのにな〜って、思っちゃいますよねー(^^;;
それても、一見の価値はありますので、機会があれば一回だけ、見に行ってもいいかもしれませんよ〜(^^)。
Commented by precious_m at 2013-12-13 19:25
はじめまして。
hikarigraphyさんのブログから飛んできました。
見ごたえがあり、素晴らしいですね。
出雲大社はいつかは行ってみたい場所と思っています。
長い時間の撮影お疲れ様です。
ほんとに素晴らしかったので、コメント残させていただきました
見せていただきありがとうございます(´∀`)
Commented by revoir-dima at 2013-12-14 07:27
> precious_m さん

ようこそいらっしゃいました〜(^o^)

hikarigraphyさんとは、もうずいぶん長いことおつきあいさせていただき、いろいろ刺激を頂いております。
今回も拙いブログをご紹介頂き、感謝感謝です(^^)。
出雲大社、本当に長いこといましたねぇ。
多分、普通に参拝や観光で行くと、せいぜい数時間もいればいいところを、二日間もいましたからねぇ。
自分でもちょっと呆れます(^^;;

こちらからも訪問させていただきますので、よろしくお願いします〜(^o^)/
by revoir-dima | 2013-11-15 22:39 | Trackback | Comments(18)