8月5日、飛騨古川では夏の恒例イベント「色和衣・大人の縁日」が行われました。

色和衣」とは飛騨古川を日本一着物の似合う町にしようというプロジェクト。
こちらではもう何度もご紹介してきましたね。

で、今年もまた古川に行ってきました。


イベントは夕方からなんですが私はスタッフなので朝から古川入り。
容赦なく陽が降り注ぎ、うだる暑さの中会場設営、備品運び等々、もうヘロヘロになって動いてました・・・。

イベントでは昨年同様、動画担当だったので今回もほとんど写真は撮れていません。


なので一部他スタッフの写真をお借りし、「夏の色和衣2016」の様子をご紹介します。


c0183700_2373124.jpg


そんな「飛騨古川・夏の色和衣2016」、続きはこちら。 」
[PR]
by revoir-dima | 2016-08-13 12:08 | Comments(16)

岐阜県、飛騨古川。

8月にも行った、高山と並ぶ小京都。

ここで毎年9月の第4土曜日に行われる「きつね火まつり」に行ってきました。

今回で4回目。

私のブログではもう恒例となっているので詳細は過去の記事に任せます。



この日、朝から古川の町はきつねがいっぱいで、そこに居るだけで楽しくなる、そんな飛騨の一日です。


c0183700_22283139.jpg


そんな「飛騨古川・きつね火まつり2015」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2015-10-04 19:36 | Comments(10)

岐阜県北部、飛騨地方に古川という町があります。

高山と同じように古い町並みが残る、小京都と呼ばれる町です。

私は以前よりこの町にご縁があり、何度となく足を向けています。

これまでのブログにも掲載しています、きつね火祭りや古川祭など年間を通して見所の多いところです。

< 飛騨古川・きつね火まつり 併設イベント「色和衣-irowai-飛騨古川」編 >
< 飛騨古川・きつね火まつり >
< 飛騨古川・きつね火まつり2013 >
< 飛騨古川・きつね火まつり2014 >


この古川の町を日本一着物の似合う町にしようという「色和衣」という民間プロジェクトがあります。

イベントとしては年4回。
それぞれお祭りや伝統行事に合わせて行われるのですが8月のイベントだけは単独開催。

飛騨地方では旧暦の8月7日が七夕。
先日、この夏の色和衣に参加してきました。

c0183700_23345190.jpg


そんな「飛騨古川、夏の色和衣」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2015-08-11 23:55 | Comments(10)

岐阜県は飛騨古川で毎年9月に行われる「きつね火まつり」。昨年、一昨年に続き今年も行ってきました。
今回で3回目となるきつね火まつり。昨年はオフィシャルでカメラマンをさせていただくなど、これまではガッツリと戦闘モードで参戦してきましたが、今回は完全ユルユルモードで遊んできました。

また、「飛騨古川を日本一着物の似合う町にしよう」プロジェクト「色和衣」も行われ、毎回そうですが私も浴衣姿になって一日遊んできました。

以前の記事はこちらです。
飛騨古川・きつね火まつり
飛騨古川・きつね火まつり2013


文句のつけようのない秋晴れ。
とっても気持ちが良く、楽しい一日でした。

きつね火まつりを含めて、古川を訪れてもう何回目ですかねぇ。
これまで古川まつり、きつね火まつり、色和衣と紹介してきましたが、今回は「古川」という町を、もう少し掘り下げてみましょう。

c0183700_2311981.jpg


そんな「飛騨古川・きつね火まつり2014」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2014-09-30 22:03 | Comments(10)

岐阜県は飛騨市古川で行われた「きつね火まつり」、昨年に続き今年も行ってきました。民話「きつねの嫁入り」を具現化したお祭りです。
詳しくは昨年の記事を参照ください(< 飛騨古川・きつね火まつり >)。

主役である狐のご夫婦は全国からの応募で決まるのですが、今年のご夫婦は地元古川の宇都宮 佑貴さんと石原明奈さん。

実は今年ご縁があってお二人の一日に密着させていただくことができました。
お二方、関係者の皆さま、大変お世話になり、本当にありがとうございました。

c0183700_22543148.jpg


そんな「飛騨古川・きつね火まつり2013」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2013-10-04 12:28 | Comments(11)

色和衣 -irowai 飛騨古川」。

古川の町を日本一着物の似合う町にしようと、 9月22日(土)に開催される「きつね火まつり」にあわせて行われたイベント、「色和衣」。
光栄にもお誘いをいただいたので行ってきました。

飛騨の小京都、古川。 飛騨国司が小島城や小鷹利城に入り当地を支配した事に始まりその後、
飛騨街道の宿場町として発展したところです。
現在も随所に古い町並みが残り、堀にはキレイな水が流れたくさんの鯉が泳いでいて、大好きな町なんです。

今回もまた沢山の方たちと出合い、お世話になり、遊んでいただきました。
とてもここではご紹介しきれませんので失礼ではありますが省略させていただきます。
皆様、本当にありがとうございました。


朝、古川に入るともう「きつね火まつり」一色になっていました。
c0183700_23463774.jpg


そんな「色和衣-irowai-飛騨古川」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2012-09-27 00:12 | Comments(37)