タグ:岐阜県 ( 32 ) タグの人気記事

私が地元の喫茶店よりも数多く行くんじゃないかっていうくらい、しょっちゅう足を向ける飛騨古川。
このブログではもうお馴染みの場所です。
この飛騨古川で行われる「古川を日本一着物の似合う町にしよう」プロジェクト「色和衣」。年4回行われる着物イベントです。

先日、恒例の夏の色和衣があったので行ってきました。

ここでは私は裏方なので昨年同様朝から準備に追われ、設営やらセッティングやら色々とお手伝いしてきました。なので、このイベントでは私はあまり撮影はせず、記録程度に撮るのみです。

私のブログの姉妹サイト「もう一つのRevoir...。」では、この夏の色和衣のメイキングをご紹介していますので、もしよければそちらもご覧ください。



さてその古川で撮った写真、せっかくなので何点かここでご紹介しますね〜。
浴衣のお姉さんたち、いっぱいでてきますよ〜(^o^)





c0183700_10233439.jpg


そんな「飛騨古川・夏の色和衣2017」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-08-17 00:04 | Trackback(1) | Comments(14)

さぁ今回は、いつもの飛騨古川ネタです。

冬には雪深い岐阜県飛騨古川も春を迎え、私にとって壁となっていた雪が無くなったので先日、久しぶりに行って来ました。
飛騨には昨年11月に行ったスーパーカミオカンデ以来です。


4月19・20日、古川では古くから伝わる「古川祭」があります。
久しぶりにこのお祭りを見たくて、行ってきました。
同時に、いつもの着物イベント「色和衣」も行われました。


私が行ったのは4月19日のみ。
二日間行われる祭りは夜の「起し太鼓」、この地方では「屋台」と呼ばれる山車での行事など見所がたくさんあります。
1日だけしか時間を作れなかったのが、残念です。

以前、古川祭に行った時のブログ記事がこちら。ご興味あれば軽く見流してください。

< 飛騨古川・古川祭に行ってきた >



さて、その古川祭ですが前夜から明け方にかけてそこそこ激しく雨が降ってました。
午前9時過ぎ、まだひんやりとした古川の町で散策を始めました。
ちらほらとカメラマン達もうろつき始めています。

空を見上げるとどんよりとしてスッキリしない、、、。

これ、どうなるんだろうと古川のカメラマンでブロガーのコッチさんに連絡を取り、情報を聞いてみました。

すると、すでに午前中の屋台曳航は中止が決定したとのこと。
予想はしていましたが、屋台に雨、雪は厳禁なんだそうです。

とはいえ、それを残念に思うのは私以上に地元の方々。
時おりパラつく雨の間をぬって、古川に伝わる絢爛豪華な屋台を拝見させていただいたり、からくりを披露して頂いたりと出来る範囲で祭りを盛り上げておられました。


c0183700_237853.jpg


そんな「飛騨古川・雪が解けて古川祭とか色和衣に行ってきた」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-04-29 00:03 | Trackback | Comments(10)

「スーパーカミオカンデ」、皆さんご存知でしょうか。名前くらいは聞いたことある、て方も多いと思います。

スーパーカミオカンデは岐阜県飛騨市神岡にある「神岡鉱山」内にある世界最大の宇宙粒子観測装置です。
この装置を使い「ニュートリノ」の発見や、それが「質量を持つ」ということを発見し、ノーベル賞に輝いた小柴さん、梶田さんと言えばお名前くらいは聞き覚えがあるでしょうか。

実は年に1日だけ、このスーパーカミオカンデを見学できるツアーが組まれており、運良く機会を得ましたので先日行って来ました。
当選倍率は平均6倍。全国から興味を持った方達が来られていました。

神岡鉱山の地下1.000メートル、東大宇宙線研究所にあるいくつかの研究施設のひとつ、スーパースーパーカミオカンデへは専用のバスに乗りこのトンネルから入ります。

c0183700_2244015.jpg


そんな「スーパーカミオカンデに行ってきた」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-12-01 11:38 | Trackback | Comments(12)

さて、きつね火まつりの翌日は郡上八幡に寄ってきました。

古川でご一緒したお二人が郡上にはまだ一度も行かれたことがないと聞いたので、これはぜひご紹介したいなぁとガイド役を無理やり(笑?)買って出ました(^^)

中でも一番に見てもらいたかった「郡上八幡駅」。ここに来れば必ず立ち寄る、ノスタルジー溢れる貴重な駅です。
長良川鉄道は今年4月、新たに観光列車「ながら」の運行が始まり、主要駅でもあるこの駅はさらに沢山の方が利用されるようになりました。


しかし私を含め多くの方を魅了し、懐かしい気持ちにさせるこの郡上八幡駅もその老朽化に伴い、今年、ついに改修工事に入ることとなりました。
なんでも、約90年前の開業時の姿に復元させるそうです。

予定では、あとひと月で工事が始まるとのこと。
今の姿を見られるのも、あとひと月。

このタイミングでここに来られたのも何かの意味があるのかもしれないな。

そんな事を少し思いながら、最後の郡上八幡駅でsnaps. 撮ってきました。


c0183700_22434769.jpg


そんな「最後の郡上八幡駅snaps.」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-10-10 19:48 | Trackback | Comments(10)

飛騨古川で行われる「きつね火まつり」。
この日一日は色んな時間帯でイベントが開催されます。

きつねのお嫁さんご夫婦をはじめ、狐組の御蔵稲荷神社例祭での参拝と獅子舞奉納、狐組街まわりや団子撒きなど見どころがたくさんあります。

平成25年のものですが、パンフレットがこちら


この時のご夫婦は古川の方。
ご縁あって私が祭りのメインカメラマンをさせていただきました。


さて、祭りのクライマックスは夜の嫁入り行列と婚礼の儀。

雪洞だけが浮かぶ古川の古い町並みを、松明や提灯を手にした行列が練り歩きます。


こんな感じです。


c0183700_22423194.jpg


そんな「飛騨古川・きつね火まつり2016」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-10-05 11:11 | Trackback | Comments(18)

さて、いよいよ本題に入ります。

「きつね火まつり」はここ飛騨古川で、毎年9月の第4土曜日に行われるお祭りで、古くから伝わる「狐の嫁入り伝説」を具現化した祭りです。

毎年きつねのお嫁さん夫婦に扮したお二人が、一日様々なイベントを通して古川の町をまわります。
祭りそのものについては過去記事をご参照ください。

これまでの「きつね火まつり」のブログ記事


このお祭りの日、町にいる人たちみんながキツネのメイクをします。
大人も子供も、赤ちゃんもワンちゃんも、お店の方も警備の方も、みんなです。もちろん、私もです(^o^)



毎回いろんな形でこのお祭りをご紹介してきましたが、今回はこの「きつねメイク」にガッツリとテーマを絞って、たくさん撮ってきました。

ズバリ、キツネ美女を探せ! 「ファインディングきつね美女」であります。


ではどうぞ!!


c0183700_2283267.jpg


そんな「飛騨古川・ファインディングきつね美女」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-10-02 00:04 | Trackback(1) | Comments(18)

先日、いつものように飛騨古川に行ってきました。
9月の飛騨古川といえば毎年行われる「きつね火まつり」。いつもの仲間や新しい仲間たちとワイワイと楽しく過ごしてきました。


さて、飛騨古川と言えば最近メガヒットになっている映画「君の名は。」の舞台となったとして、一躍有名になっています。
連日多くのファンの方々が「聖地巡礼」として訪れ、テレビにも毎日のように取り上げられています。(テレビの方は最近ちょっと鎮静化してきたかな?)
何人もの友達がインタビューを受け、テレビに出てました。

8月初旬飛騨古川に行った際、このお話は聞いていました。ただ私は「へー、そうなんですね」くらいにしか思っていませんでした。

そして8月26日映画が公開。9月の初めにも古川に立ち寄ったのですが、その時はネットで少し聖地巡礼している人がいる、と話題が出始めくらいでまだいつもの古川でした。

それがあれよあれよと言う間に有名になり連日の報道。
それこそ、狐につままれたような感じでした。


映画も見たし、きつね火まつりで古川来たし。
ついでにちょっとだけ、友達と聖地巡礼、してきました。



今回の飛騨古川ブログ、まずは番外編からのスタートです。


映画をご覧になられていない方や、ご興味のない方はすっ飛ばして下さい(^^;;
私のブログで古川と言えば!!な写真は次の記事で出しますので、しばらくお待ちくださいね~(^^)


c0183700_21133253.jpg


そんな「飛騨古川、いきなり番外編「君の名は。」プチ聖地巡礼」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-09-28 00:25 | Trackback | Comments(14)

8月5日、飛騨古川では夏の恒例イベント「色和衣・大人の縁日」が行われました。

色和衣」とは飛騨古川を日本一着物の似合う町にしようというプロジェクト。
こちらではもう何度もご紹介してきましたね。

で、今年もまた古川に行ってきました。


イベントは夕方からなんですが私はスタッフなので朝から古川入り。
容赦なく陽が降り注ぎ、うだる暑さの中会場設営、備品運び等々、もうヘロヘロになって動いてました・・・。

イベントでは昨年同様、動画担当だったので今回もほとんど写真は撮れていません。


なので一部他スタッフの写真をお借りし、「夏の色和衣2016」の様子をご紹介します。


c0183700_2373124.jpg


そんな「飛騨古川・夏の色和衣2016」、続きはこちら。 」
[PR]
by revoir-dima | 2016-08-13 12:08 | Trackback(1) | Comments(16)

先日の古川での撮影の次の日、私はずっと前から行きたかった所に行ってきました。


岐阜県にある、通称「モネの池」。


澄み切った水に鮮やかな鯉が泳ぎ、まるでフランスの印象派画家クロード・モネの描く「睡蓮」を思わせる幻想的な美しさの池です。





c0183700_2233166.jpg


そんな「まるで動く絵画、モネの池」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-06-30 00:07 | Trackback | Comments(16)

先日の飛騨古川での浴衣撮影ですが、まだまだ撮った写真があるのと、他にもモデルになっていただいた方もおられました。
そして、一度撮ってみたかった夜にも撮影しました。

せっかくなので、今回はそんな写真たちをポスター風にアレンジしてアップします。
久しぶりに、キャッチコピーも入れてみました^^。



着物の似合う町、浴衣が着たくなる町、古川。

もっともっと、飛騨古川・浴衣美女絵巻が盛り上がるといいな~^^

そんな、願いを込めて。。。

ではどうぞ。




c0183700_1957389.jpg


そんな「飛騨古川・浴衣美女絵巻 / 番外編」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-06-25 08:26 | Trackback | Comments(24)