先日の記事「飛騨古川・雪が解けて古川祭とか色和衣に行ってきた」でも少し触れましたが、
昨年12月、ユネスコの無形文化遺産に日本の「山・鉾・屋台行事」が選ばれました。

全国で33件の「山・鉾・屋台行事」が含まれ、飛騨古川の古川祭もそのひとつ。
他には京都祇園祭の山鉾行事」(京都)、「高山祭の屋台行事」(岐阜)、「博多祇園山笠行事」(福岡)などなど。
まだ見たことのない祭りがほとんどですが、いつかはコンプリートしたいなぁ、なんて思っています。


さて昨年10月、石川県の七尾という所に行ってきました。
能登半島の根っこ辺りにある町です。
その時に知った「青柏祭」という祭り。これもまたユネスコ無形文化遺産の一つです。


そこで今年のGWは「北陸紀行」とし、まずはこの「青柏祭」を見に行ってきました。


c0183700_2156661.jpg


そんな「北陸紀行 ~七尾・青柏祭編」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-05-17 00:01 | Comments(16)

< 生田神社で朝snaps. >

以前書きかけのままずっと放置となっていた記事があり、さすがに少し季節感がズレ始めてきているし、このままだとお蔵入りになりそうなので今回リリースします。



少し前、朝から神戸に行く用事があり、早めに起きて行ってきました。

用事が済んだのが午前8時。
せっかく神戸にきたんだしちょっと散歩でもしようかと生田神社に寄ってきました。



生田神社、ご存知でしょうかね?
神戸の街中にある神社ですがとっても歴史が古く、1.800年以上の歴史を持つ神社です。


もともと生田の社を守り世話をするために朝廷より派遣された家「かんべ(神戸)」が語源となり、今の「神戸・こうべ」となったとされてます。

神戸の名前の由来はここから始まりました。



c0183700_22173954.jpg


そんな「生田神社で朝snaps.」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-05-14 00:03 | Comments(20)

そうだ 岡崎とか東山とか、てくてくしよう。

初めて入った毘沙門堂で襖絵の鑑賞や桜の終わりを楽しんだ後はてくてく歩いて山科駅へ。
途中山科疏水に寄り道。菜の花が咲き誇り、盛りを過ぎても残る桜色との春爛漫を楽しんで来ました。

次に向かったのは岡崎、平安神宮です。
お伊勢さんをトップとする神宮グループの中でもひときわ広く大きな平安神宮。
ここには桜シーズンの最後を飾る紅枝垂れ桜があり、これもまた有名です。

この桜を観るには神苑に入る必要があるんですが毘沙門堂同様、今まで入ったことが無く今回初めて入って来ました。

c0183700_8224052.jpg


そんな「そうだ 京都岡崎とか東山とか、てくてくしよう。」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-04-25 00:02 | Comments(18)

先日の日曜日、岐阜からいつものモンスケさんが京都に来られるというので、一緒に遊んで来ました。

とっても天気が良く今年最初の夏日を迎えた京都、一日たっぷりてくてくして来ました。

京都より東から車で来られると大津で車を止め、パークアンドライドが便利なんだそうです。
駐車場も安く、京阪や地下鉄のフリー切符、その他何やかんやとお得がいっぱいだそうです。

なので今回は京都の東の方、山科で集合し歩き始めました。


最初に向かったのは毘沙門堂門跡。
春には桜、秋には一面艶やかな色付きとなりとっても綺麗なところです。

この毘沙門堂門跡には何回か訪れてますが中に入ったことはなく、今回初めて入ってみました。



c0183700_04388.jpg


そんな「そうだ 京都山科、てくてくしよう。 」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-04-18 00:03 | Comments(18)

先日、京都にある伏見稲荷大社に行ってきました。
外国人に人気の日本の観光スポットランキングで何年も第1位となってる所です。
前回は2014年に夏の本宮祭に行きましたが、独特な雰囲気を持つ夜の祭りに行ってきた、て感じです。

< まるで千と千尋、伏見稲荷大社の本宮祭 >

なので、昼間にちゃんと行ったのって・・・かれこれ10年ぶりくらいでしょうか。
まぁなんですね、いつでも行けると思うとなかなか行かないものですね。


そんなわけで、久しぶりに行った伏見稲荷大社、なんだか大変なことになってました・・・。


c0183700_21100830.jpg


そんな「 伏見稲荷大社のイマドキ事情と着物美人 」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-02-23 00:04 | Comments(14)

伊勢神宮で行われる神事は約1.500あります。その中に「大祓式」というものがあります。
神宮で大祭の行われる前月末日に、神宮神職、楽師のけがれを祓う行事です。

1月31日「祈年祭(2月17~23日)」の大祓。
4月30日「風日祈祭(5月14日)」に際しての大祓。
5月31日「月次祭(6月15~25日)」の大祓。
9月30日「神嘗祭(10月15日~10月25日)」の大祓。
10月31日「新嘗祭(11月23日~11月29日)」の大祓。
11月30日「月次祭(12月15日~12月25日)」の大祓。

そして大祭前の儀式とは別に、半年間の穢れを祓うものとして
6月30日夏越(なごし)大祓
12月31日年越(としこし)大祓

があります。

長いことお伊勢さんに行きながら、一度もこういう神事を見たことがありませんでした。
今回行ったのが1月31日なので、「祈年祭の大祓」です。


午後三時、白装束をまとった神職たちが列となり祓所(はらえど)にやって来ました。



c0183700_22342684.jpg



そんな「 トップ・オブ・神宮 ~大祓編~ 」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-02-15 00:07 | Comments(6)

伊勢神宮。

日本の「神宮」の最高位であり、天照大御神をお祀りする内宮は二千年を超える歴史を持ちます。

正式名称は伊勢神宮ではなく「神宮」ですが古くから「お伊勢さん」として親しまれてきました。


私のブログでは過去に何度か伊勢神宮について記事にしており、それぞれちょっとだけ、詳しく書いてますのでご興味ある方はナナメ読みして下さい。



なんやかんやで年に何回か行くお伊勢さん。
先日も行く機会があったので、今回は早朝の雰囲気をご紹介しながらちょっとだけテキストを入れてみたいと思います。


1月31日、朝6時。
宇治橋鳥居はこんな感じです。
私を含め数人がウロウロしているのみ。静かです。
冬至を中心とした約2ヶ月のみ、この鳥居の間から太陽が昇ります。




c0183700_00152228.jpg





そんな「 トップ・オブ・神宮〜静寂の朝編〜 」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-02-11 00:50 | Comments(12)

ガタンゴトンと音を立てながら、私の乗り込んだ出町柳発鞍馬行きの叡電はぐんぐんと標高を上げていきます。


白い、貴船にやってきました。



c0183700_00145590.jpg





そんな「京都冬旅・洛北「貴船神社」編」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-01-31 09:09 | Comments(18)

蓮華寺を出た後再び叡電に乗り、宝ヶ池で叡山本線から鞍馬線へと乗り換えます。木野駅で降り、徒歩10分。「妙満寺」に向かいました。
このお寺も Blowin dans le vent* の Ley さんがご紹介されていたんですが、まぁ皆さんよくご存知ですねぇ。
いつか行こう、と決めてたところです。



c0183700_22131008.jpg




そんな「京都冬旅・洛北「妙満寺」編」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-01-29 00:43 | Comments(10)

京都の洛北エリア。
夏だ秋だ新緑だと、なんやかんやで結構出かけるところです。

先日日本を襲った猛寒波ではこの辺りはすっかり雪景色。
あれから一週間たってようやく足を向けることが出来ました。


はてさて、どのくらい雪が残ってますかね〜。


そんな今回の「京都冬旅・洛北」、いくつかのエントリーに分けてご紹介します。


まずは「蓮華寺」編から。


c0183700_22295927.jpg



そんな「京都冬旅・洛北「蓮華寺」編」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-01-27 09:58 | Comments(10)