冬の奈良を彩る風物詩、しあわせ回廊なら瑠璃絵が今年も行われました。
昨年久しぶりに会場に行ったのですがそのスケールの大きさと、想像以上の綺麗さに驚きました。
さて、今年は会場には入らずなら瑠璃絵のイベントの1つである「光の夜神楽」を見に行ってきました。
夜の神楽。
いったいどんな雰囲気なんですかね~

ワクワクしながら行ってきました。


c0183700_21480934.jpg





そんな「 しあわせ回廊なら瑠璃絵・光の夜神楽にいってきた 」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-02-19 00:34 | Comments(20)

先日、仕事帰りに奈良県にある室生寺へ、紅葉ライトアップを見に行ってきました。

室生寺は三重県との県境にある「真言宗室生寺派」の大本山。
古くから女人禁制であった高野山に対し、女性の参詣が許されていたため「女人高野」とも呼ばれるお寺。
国宝である金堂や五重塔などの堂塔が立ち並ぶ、深い歴史を持つお寺です。


職場からそう遠くはないのでまぁいつでも行けるっちゃぁ行けますが、でも何となくそういう所へは行かない。
そういう事、ありますよねぇ?

ただこの日は日中雨が降り、ライトアップの頃はきっと雨上がりでいい感じかもしれない。

今日しかない。

そう思って行ってきました。



c0183700_7121876.jpg


そんな「室生寺の夜と濡れたモミジ」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-11-21 16:27 | Comments(16)

お盆を過ぎた8月23日・24日ごろ、各地で地蔵会が行われます。

その名前は色々あるようですが、地域に根差したお地蔵さんを祀ることで、安全祈願や家内繁栄、子供たちの健やかな成長などを願うものです。

昨年は大阪の、うちの近所の地蔵盆をご紹介しました。

< 夏の終わりを告げる「地蔵盆」 >



今年は地元の地蔵盆には出向かず、奈良の元興寺に行ってきました。


奈良県にある「ならまち」。地図にないこの町にある世界遺産・元興寺。
その起源は飛鳥時代にまで遡るほど歴史の深い寺院です。

ここで毎年行われる「万燈会」。
境内に安置されている無数の地蔵や石仏。
その周りには願い事の描かれた灯明皿が並べられ、幻想的な雰囲気に包まれます。


そんな奈良の、夏の最後の風物詩を見に行ってきました。



c0183700_23551925.jpg


そんな「世界遺産・元興寺の万燈会」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-08-31 09:59 | Comments(14)

< 往馬大社の千燈明祭 >

奈良と大阪とをまたぐ山中に、「往馬大社(いこまたいしゃ)」という神社があります。
生駒山を御神体とするこの神社、その起源は不明ですが最古の記録から推察しても、1.500年以上の歴史を持つ古社です。


8月15日夜、この古社で執り行われる「千燈明祭」に行ってきました。

日が沈み、辺りが薄暗くなってきた時刻になるも、蒸し暑さだけは未だ残る夜でした。
鬱蒼とした森を進んだ先、両側に仄かに揺れる燈明が並べられたが石段を登った所に、社殿はありました。


そこに居たのは神職の方、巫女、そして地元の方達だけ。

外からの訪問者は私一人でした。



程なくして、千燈明祭が始まりました。


c0183700_22152753.jpg


そんな「往馬大社の千燈明祭」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-08-22 01:01 | Comments(12)

ちようど1年前、色々あってSONYのミラーレス機「α6000」を買っちゃいました。
その時買ったのはボディのみ。
レンズはずっと以前から持っていたSONYのミラーレス「NEX-3」に付いていた標準レンズ「E 18-55mm F3.5-5.6 OSS」が使えるという事だったので、それをファームアップして使ってきました。

で、その組み合わせで初めて夜撮影に持ち出したのが1年前の「なら燈花会」。
設定とかいろいろよく分からんまま会場入りし、良くも悪くも楽しく撮ってきました。

< α6000と「なら燈花会」 >


あれから1年、まぁいろんな所に持ち出して使ってきましたがある時、
「あれ?もしかしてレンズをもうちょっと良いのを使えば、もっと良い写真が撮れるんじゃね??」
なんてアホな事を思うようになって来ました。

上手い下手に道具はカンケー無い。

理性ではそう思っても一旦欲しくなったキモチはどんどん膨らんでいき、
もう上手い下手とか写真の良し悪しではなく単なる所有欲だけでモンモンとしていました。

結局、心を支配した悪魔に負け、ツァイスの「Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS」を買っちゃいました。

初めてα6000を持ち出して行った「なら燈花会」。
あれから1年。あの時の写真より綺麗に撮れるのか?
使い易さは?合焦は?

そんなのを「検証」するためにツァイスとのコンビで行ってきました。




c0183700_2337559.jpg


そんな「α6000と「なら燈花会」、とツァイスレンズ」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-08-18 00:05 | Comments(14)

毎年8月、奈良公園周辺で行われる「なら燈花会(とうかえ)」。
すっかり定着し、毎年大勢の方が来られます。

その冬バージョンとして2010年から行われている「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」。

ずっと前、開催された最初の年に行ってきました。
その時の感想は「何じゃこりゃ?」

以後一度も行きませんでした。



あれから6年。
あのショボかった なら瑠璃絵 、今はどうなっているのかなぁとふと思い、ちょっと行ってきました。


行ってビックリ。

ものすごい成長を見せていました!


c0183700_2333249.jpg


そんな「しあわせ回廊 なら瑠璃絵 に行ってきた」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-02-29 00:10 | Comments(14)

先日家族旅行で山口まで行ったのですが、その時一眼レフにデカいズームレンズをつけて持っていきました。
便利かなと思ったもので。

ところが山口もまためちゃくちゃ暑く、一歩外へ出るともうヘロヘロ状態。
こうなると持っていったカメラシステムが鉛のように重く、もう途中で捨ててやろうかと思ったくらいです・・・。


さすがにこりゃたまらんと、先日新しくミラーレス機を買っちゃいました。

今回買ったのはソニーのα6000。新機種の噂が聞こえ始めるも、欲しいときが買い時。
もともとNEX-3を持っていて、そのレンズが使えるので買ったのはボディのみとしました。
早速レンズを装着しファームアップ、世界最速と言われるファストハイブリットシステムを手に入れることができました。


そのα君を持って先日、仕事帰りに奈良の「なら燈花会」に試し撮りに行ってきました。


夏の風物詩としてすっかり定着をした「なら燈花会」。
昨年も行ってきましたが年々浴衣率が高くなっていっているように思います。今年もたくさんの浴衣姿の方が来られていました。


そんな方たちを見るとついつい撮らせてもらいたくなり、お声をかけ何枚か撮らせていただきました^^。
ありがとうございました。

c0183700_23241814.jpg


そんな「α6000と「なら燈花会」」続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2015-08-17 13:04 | Comments(8)

奈良県の最北端、高山地区では地場産業として古くから竹製品の生産が行われています。

中でも茶道において抹茶を点てる際の茶道具、「高山茶筅(ちゃせん)」は全国シェアの90%以上を占め、国の伝統的工芸品にも指定されています。

その茶筅つくりを拝見させていただきました。

500年の歴史と技術。その製法は近年まで秘伝とされ、一子相伝で伝えられてきました。

職人シリーズです。


c0183700_18372863.jpg


そんな「奈良・高山、茶筅の里の伝統工芸」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2015-03-16 00:16 | Comments(12)

奈良と大阪の間にそびえる山、二上山。

その麓に建立された「當麻寺」。宗派は高野山真言宗と浄土宗の並立となっています。

1.400年の歴史を持つこの寺院、古くから花の寺として知られてるほか、日本最古の梵鐘、同じく日本最古の石灯籠、国内で唯一平安時代初期建立の東西2基の三重塔が現存するなど、実に由緒のある寺院です。

そんな由緒のある當麻寺ですが、実はとっても謎と不思議が詰まった寺院。

先日、その謎に迫るべく、當麻寺に行ってきました。



c0183700_16251763.jpg


そんな「不思議の糸を紡ぐ寺、當麻寺に行ってきた」、続きはこちら。
[PR]
by revoir-dima | 2015-01-18 14:41 | Comments(10)

奈良県天理市。

高校野球や天理教など、その名は全国区に知れ渡るほどの街です。
また、ここ天理市は県内の主要な「イチゴ」の産地でもあります。

一般的に「イチゴ」って、冬が旬のように言われますが実は、夏から秋にも実が成り「夏イチゴ」とも呼ばれています。
でもやっぱり、冬イチゴのほうが甘くて美味しいそうです。

イチゴの産地、天理では今の時期になるとビニールハウスに電灯照明が灯り、まほろばの夜を彩ります。

冬の、風物詩です。


私は職場が天理なので、毎年冬になるとその光景を目にし、「あぁ、そんな時期かぁ」なんて思ってきました。

今回初めて、ちょっとした思いがあってイチゴハウスの写真を撮ってきました。


c0183700_2242530.jpg


そんな「まほろばの夜とイチゴハウス」、続きはこちら。
[PR]
by revoir-dima | 2014-12-12 07:20 | Comments(8)