天草シリーズもこれが最後となりました。
最後のエントリーは、「三角西港」です。

・三角西港
 明治三大築港の一つといわれ、明治20年、国内統一殖産振興の政策に基づいて建設された港です。
 設計はオランダ人水理工師のローウェンホルスト・ムルドル氏。
 当時の最新の技術が盛り込まれ、100年の歳月がたった今も当時の都市計画・石積埠頭がほぼ無傷のまま残っています。

 今ではロマン漂う観光スポットとして、そして港町三角のシンボルとなっています。
c0183700_22162624.jpg

 
 
さて今年の夏旅行、「天草へ。」。
いかがでしたでしょうか^^?
私の住む大阪からは少々遠かったですが、とってもいいところでした。
機会があればまた訪れたいところです。

あ~、楽しかったな~(^o^)/
 
 
 
 
 
 
 
Main Site ; Revoir...
Twilog Site ; http://twilog.org/revoir_dima

[PR]
by revoir-dima | 2011-08-29 22:23 | Trackback | Comments(13)

天草といえばイルカウォッチングです。

船で10分ほど沖に出ると、たーくさんのイルカたちが
私たちを歓迎してくれます。
もう言葉はいりませんね^^!
ズバリ、こんな感じです(^o^)/
c0183700_22404884.jpg
 
もう大人も子供も大はしゃぎ!
 
イルカは数十頭の群れで行動します。
この沖合いにはその群れがいくつも集まっていて、
いくつもの会社が漁船やクルーザーを出し、
大勢の方がイルカウォッチングを楽しみに来られています。

あっという間の1時間でした~(^o^)!!!
 
 
そんなイルカウォッチングを楽しんだ夜は、「天草ほんどハイヤ祭り」で開催される花火大会です。
c0183700_2252164.jpg

7000発もの花火が天草の夜空と海面に花開き、とっても夏らしい、ステキな夜を楽しめました^^!。
 
  

 
 
 
Main Site ; Revoir...
Twilog Site ; http://twilog.org/revoir_dima

[PR]
by revoir-dima | 2011-08-27 22:55 | Trackback | Comments(18)

さて、天草といえば島原の乱。どんなだったか、覚えていますか^^?
まずはざっくりとおさらいしてみましょう(^o^)/

キリスト教の日本への伝来以来、織田信長は南蛮文化に対する関心などから
キリスト教の保護を行いました。
その後織田信長が討たれ、豊臣秀吉に代わります。
しばらくは保護を継続した秀吉ですが突然態度を一変。
キリスト教の排除を始めます。

特に島原での弾圧は過酷で、重い徴税も課せられていました。
絶えかねた島原の農民たちはついにブチ切れ、1637年、天草四郎を先頭に一揆を起こします。

天草勢3万8000人、幕府軍12万人。
圧倒的な数の前に天草勢は1638年、ついに敗れます。
その後いっそう弾圧は強くなり、1839年の鎖国への契機となりました。

その後明治のキリシタン解禁までの300年近く、厳しい弾圧に耐え忍びながらも、
「隠れキリシタン」となり人知れず信仰の火を守り続けました。


c0183700_19501039.jpg

 
 
明治6年(1873)のキリスト教解禁後、大江や崎津などに天主堂が建設され、
キリスト教徒として次々と復活、天草四郎らの志を現在に受け継いでいます。

厳しい弾圧も、キリスト教の教えでは「ヨブ記第2章」の言葉のように、受け入れるものだったのでしょうか。
 
 
 
さてその天草四郎ですが、実にフシギで謎の多い人物のようです。
とにかく四郎についての資料が皆無といっていいほど少なく、彼についての記述は
ものの書によって実にばらばらなんだそうです。

ただ、いずれも実質的な一揆の首謀者によって四郎は「奇跡の救世主」に仕立て上げられ、
さまざまな奇跡を演じさせることによって象徴として、精神的支柱であったというのは
おおむね共通した記述のようです。
 
 
c0183700_215452.jpg

 
 
写真の銅像はそんな「奇跡」のなかの一つを現しています。
----------------------------------------------------------------------

あるとき天草四郎が目を閉じて天を仰ぎ十字を切ると、
一羽の白い鳩が、四郎のところまで舞い降りて、卵を産み、
その割れた卵の中から天主であるキリストの、画像や経文が現れた。

----------------------------------------------------------------------
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Main Site ; Revoir...
Twilog Site ; http://twilog.org/revoir_dima

[PR]
by revoir-dima | 2011-08-25 21:58 | Trackback | Comments(6)

今年の夏旅行、熊本は天草に行ってきました^^。

出発前のエントリーにも書きましたが、以前行ったときには時間が無く、
泣く泣くあきらめて帰ってきた場所です。

今回から数回に渡り、天草での写真をアップしていこうと思います。

「天草、なにがあるの?」

な~んにもない、っていうのが正直な感想です。
あったのは ・天草四郎 ・教会 ・海 ・魚貝類。
たったそれだけですが、私はすっかり天草の虜。
なんにも無いけど、すっごくいいところでした~^^。


さて、「天草へ。」
始めましょうー(^o^)/
 
 
c0183700_21533561.jpg

 
 
写真の場所、見たことのある方は多いと思います。
熊本駅から天草に向かう途中の宇土市にある「長部田海床路(ながへたかいしょうろ)」です。

このあたりは干満の差が激しく、海苔の養殖や採貝を営む漁業者のために
昭和54年に建設された道。
満潮時には、海の中に電柱が立ち並ぶ光景を見ることができます。
 
 
 
 
 
Main Site ; Revoir...
Twilog Site ; http://twilog.org/revoir_dima

[PR]
by revoir-dima | 2011-08-23 22:04 | Trackback | Comments(6)

明日から夏ロケ(じゃなかった、夏の家族旅行^^;)に行って来ます。
今回の ロケ先 旅行先は熊本県は天草。
一昨年に熊本に行った時、どうしても時間がとれずに断念した場所です。

天草四郎、キリシタン、イルカウォッチング・・・
九州新幹線も乗っちゃうよ~(^o^)

さて、どんな旅となるでしょうか?
楽しみです~^^。


c0183700_6184848.jpg

(※写真は以前のものです。今回は阿蘇には行かないので・・・)



旅の間はケータイでブログチェックしています。
また、ちくいちツイッターでもつぶやいていきますのでそちらも楽しんでくださいね~^^。



いま、ふたたびの熊本へ(笑)

では、いってきまーす(^o^)/




Main Site ; Revoir...

[PR]
by revoir-dima | 2011-08-06 06:25 | Trackback | Comments(14)