大阪の東南に位置する平野。
平安時代から交通の要所として栄え、戦国時代には平野集落の周りを二重の堀と土居をめぐらせ環濠自治都市を築いてきました。
「平野郷」と呼ばれました。


この地で1.100年以上の歴史を持つ神社、杭全神社。


創建時から続く夏の神事、杭全神社夏祭りが今年も行われました。




c0183700_2149432.jpg


そんな「大阪平野郷、杭全神社夏祭り2017」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-07-22 06:08 | Comments(10)

さて今年もこの時期がやって来ました。

大阪で一番最初に行われる夏祭り、愛染まつりに行ってきました。

四天王寺の別院・勝鬘院(しょうまんいん)で行われる夏祭りです。
何度も足を向けてはブログで取り上げていますので、あまり詳しくは書きませんのでざっくりと。


愛染まつりとは大阪三大祭りの一つ。
大阪の夏祭りは、愛染さんで始まり天神祭りでピークを迎え、住吉っさんで終わりとなります。

別名「浴衣まつり」といわれるほど浴衣の方がたくさんやって来るお祭りです。


c0183700_7272463.jpg


そんな「大阪の夏、スタートです。愛染まつりに行ってきた」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-07-09 00:01 | Comments(14)

今年もこの時期がやって来ました。

一年に二度、夏至と冬至のころに行われれるスローライフ運動「キャンドルナイト」。

午後8時、街の灯りは消され大阪西梅田の会場が無数のキャンドルの灯りに包まれるその瞬間、
時の流れがスローになります。

100万人のキャンドルナイト@OSAKA CITY 2017 Summer、行ってきました。




c0183700_21534097.jpg


そんな「100万人のキャンドルナイト@OSAKA CITY 2017 Summer 」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-06-12 14:19 | Comments(20)

私が菜の花を見ないようになって、撮らないようになって何年なのかなぁ。
もはやよく覚えていませんが相当久しぶりに菜の花を見に行ってきました。


大阪を流れる淀川沿い。300万本もの菜の花が咲く誇るエリアがあるというので行ってきました。

ず~っと続く菜の花の黄色い帯。ポカポカと暖かい春の日。

ぼ~っとしているとなんだか色んな事が思い出されるような気がして、ひと時のんびりと過ごしてきました。


c0183700_205634100.jpg


そんな「淀川沿いの菜の花とブラックボックス」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-04-04 00:04 | Comments(16)

水の都・大阪には大小たくさんの川が流れ、中でも大きな川は淀川、大川、大和川などがあります。
皆さんが知るものでは道頓堀川なんかが有名です。

そんなたくさんある中に「土佐堀川」があります。
少しだけ詳しく書きますと淀屋橋や中之島、大阪市役所が分かる方ならそこを流れる川、といえばピンと来るかと思います。


東西に流れるその土佐堀川を年に2回、一直線に朝日が射すタイミングがあります。

先日その朝日を見に、早朝出かけてきました。

午前5時半ごろ、淀屋橋から東はこんな風に見えます。
正面の山は大阪と奈良にまたがる生駒山です。

どうひいき目に見てもピーカンではありませんが、祈るようにしてカメラをセットしました。


c0183700_8481148.jpg


そんな「 水都大阪・土佐堀川の朝焼け 」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-03-26 00:05 | Comments(12)

大阪に桜ノ宮、という地域があります。
その名の通り、春には辺り一面桜の花が咲き誇り、大阪でも屈指の桜の名所として有名です。

この辺り、とっても貴重な建築物が多く大阪最古の洋風建築であり総レンガ造りの「泉布観」、日本の貨幣を製造する「造幣局」の本局、大阪のシンボルの一つ「銀橋(通称)」など他にも多くの見どころのある所です。


先日、そんな魅力ある建築物のひとつ「旧桜宮公会堂」でキャンドルナイトが行われる、というので行ってきました。



c0183700_8244229.jpg


そんな「 旧桜宮公会堂キャンドルナイトに行ってきた 」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-03-21 11:14 | Comments(18)

さて今宮えびすといえば宝恵駕籠行列。
昨年はえべっさんの様子とともに、宝恵籠行列のナイトバージョンである「夜のミナミの宝恵駕籠行列」をセットでお伝えしました。

昨年のナイトバージョンは1月9日でしたが今年は1月10日。名称も「宝恵駕籠行列・夜の部」と変わっていました。
何で日や名称が変わるのかなぁとか思いましたが、まぁ細かいことは気にせず、とにかく今年も行って来ました。


c0183700_22132360.jpg


そんな「十日えびすの宝恵駕行列・夜の部」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-01-14 10:00 | Comments(4)

年が明け、今年もこの時期がやって来ました。

昨年の記事「年の初めのえべっさん・大阪今宮戎に行ってきた」での最後、

「なんかすっかり恒例となったえべっさん。
来年も行くのかな~
行かないのかな~
どーでしょうかね~~^^」

なんて言葉で終わってましたがみなさん、「Dimaさん、どーするのかなぁ~」なんて思われてたのではないでしょうか。
え?全く思っていない?どーせ行くんでしょって??

はい!行ってきました^^


今年は9日の宵えびすが祝日という事で、初めて宵えびすに行ってきました。
十日の本えびすとどう違うのかというと・・・一緒です^^(たぶん)


ってことで、今年も大阪ミナミの今宮えびすで、底抜けの元気をいっぱい貰い、
た~くさんの福をいただいてきました。


c0183700_21464290.jpg


そんな「年の初めのえべっさん・今年は宵えびすに行ってきた」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-01-10 12:00 | Comments(12)

以前ご紹介した大阪のイルミネーション「光の響宴」。

そのエリアプログラムのひとつに「なんば光旅~こころ舞う冬の宴~」というイルミネーションイベントがあります。
70万球のLEDで彩る大阪難波の街並み。すでにここは冬の難波の風物詩となっています。
このエリアの一番端、なんばパークスではレインボーフラワーと銘打ち、七色のLEDでカラーフラワーを飾っています。

設定としてはこんな感じ。
このエリア全体を「光の森」とし、妖精たちがいろんな場所に七色の花の種をまきました。
その種からは七色の美しい花が咲き「レインボーフラワー」と呼ばれ、それらを辿ることでそれぞれの色のパワーを受け取ることが出来る、
というものです。


そっか、ここに行けば妖精、ティンカーベルがいるのか。

イルミネーションシーズンが終わってしまう前に、妖精を探しに行ってきました(^^)


c0183700_2352173.jpg


そんな「なんば光旅とティンカーベル」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-01-06 15:17 | Comments(6)

毎年この時期になると大阪の難波から梅田一帯をライトアップする「大阪・光の饗宴」が行われます。

大阪のメインストリート、御堂筋では約4キロに渡ってイルミネーションが施され、それはもうとても綺麗なんです。

大阪・光の饗宴ではエリアごとに様々な趣向を凝らしたイルミネーションやライトアップ、光のショーが行われ、大阪の夜の街歩きでは一番楽しい時期なんじゃないかなと思います。

そんな中の一つ、中之島バラ園で行われている「中之島スマイルアートプロジェクト ひかりの実」に行ってきました。



c0183700_083230.jpg


そんな「大阪光のルネサンス・ひかりの実」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-12-21 21:41 | Comments(10)