今年もこの時期がやって来ました。

一年に二度、夏至と冬至のころに行われれるスローライフ運動「キャンドルナイト」。

午後8時、街の灯りは消され大阪西梅田の会場が無数のキャンドルの灯りに包まれるその瞬間、
時の流れがスローになります。

100万人のキャンドルナイト@OSAKA CITY 2017 Summer、行ってきました。




c0183700_21534097.jpg


そんな「100万人のキャンドルナイト@OSAKA CITY 2017 Summer 」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-06-12 14:19 | Comments(20)

先日何年かぶりに岡山県は倉敷に行ってきました。

かつては物資の集積所として栄え、江戸幕府の天領であったなど古くから活気のある倉敷。
私も随分昔から何度となく足を運んでいるところです。

白壁土蔵や漆屋造りの町家が倉敷川のほとりに並ぶ、何度足を運んでも飽きない、とっても大好きな所です。


その倉敷で、毎年この時期に行われている「倉敷春宵あかり」というライトアップイベントがあります。
今年で11回目となりますが、今回初めて行ってきました。


c0183700_2316846.jpg


そんな「倉敷春宵あかり2017に行ってきた」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-03-31 01:00 | Comments(16)

大阪に桜ノ宮、という地域があります。
その名の通り、春には辺り一面桜の花が咲き誇り、大阪でも屈指の桜の名所として有名です。

この辺り、とっても貴重な建築物が多く大阪最古の洋風建築であり総レンガ造りの「泉布観」、日本の貨幣を製造する「造幣局」の本局、大阪のシンボルの一つ「銀橋(通称)」など他にも多くの見どころのある所です。


先日、そんな魅力ある建築物のひとつ「旧桜宮公会堂」でキャンドルナイトが行われる、というので行ってきました。



c0183700_8244229.jpg


そんな「 旧桜宮公会堂キャンドルナイトに行ってきた 」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-03-21 11:14 | Comments(18)

3月3日から12日まで、京都では「東山花灯路」が行われていました。
東山が行灯の灯りで彩られ、色んなイベントが行われる花灯路。
すっかり京の春の風物詩となりました。

私はというと、ここ何年か何となく行きそびれてましたが今年、久しぶりに行くことが出来ました。


夕方に京都入りしたのですがまだまだ明るく、花見小路辺りをぶらぶらしてると綺麗なお着物のおねいさんと知り合えたので、色々写真を撮らせていただきました。

普段はあまりこの辺りには来ないのですが、ここもすべらないロケーションてんこ盛りです。
おねいさん方、ありがとうございました。


c0183700_23104129.jpg


そんな「 東山花灯路2017に行ってきた 」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-03-18 00:03 | Comments(20)

横浜の中央区に「野毛町」という街があります。
600軒もの飲食店がひしめく横浜屈指の飲み屋街です。

CP+のあと、宿から近いということもあって、ブラリと出かけてきました。


c0183700_2327370.jpg


そんな「 29ミリの野毛町ブルース 」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-03-11 00:02 | Comments(20)

さて今宮えびすといえば宝恵駕籠行列。
昨年はえべっさんの様子とともに、宝恵籠行列のナイトバージョンである「夜のミナミの宝恵駕籠行列」をセットでお伝えしました。

昨年のナイトバージョンは1月9日でしたが今年は1月10日。名称も「宝恵駕籠行列・夜の部」と変わっていました。
何で日や名称が変わるのかなぁとか思いましたが、まぁ細かいことは気にせず、とにかく今年も行って来ました。


c0183700_22132360.jpg


そんな「十日えびすの宝恵駕行列・夜の部」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-01-14 10:00 | Comments(4)

以前ご紹介した大阪のイルミネーション「光の響宴」。

そのエリアプログラムのひとつに「なんば光旅~こころ舞う冬の宴~」というイルミネーションイベントがあります。
70万球のLEDで彩る大阪難波の街並み。すでにここは冬の難波の風物詩となっています。
このエリアの一番端、なんばパークスではレインボーフラワーと銘打ち、七色のLEDでカラーフラワーを飾っています。

設定としてはこんな感じ。
このエリア全体を「光の森」とし、妖精たちがいろんな場所に七色の花の種をまきました。
その種からは七色の美しい花が咲き「レインボーフラワー」と呼ばれ、それらを辿ることでそれぞれの色のパワーを受け取ることが出来る、
というものです。


そっか、ここに行けば妖精、ティンカーベルがいるのか。

イルミネーションシーズンが終わってしまう前に、妖精を探しに行ってきました(^^)


c0183700_2352173.jpg


そんな「なんば光旅とティンカーベル」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-01-06 15:17 | Comments(6)

「京都」「イルミネーション」で検索すると必ず出てくるイルミのひとつ、「ロームイルミネーション」。1995年に始まりましたが開催されなかった年もあり、今回で17回目です。

随分前に車で通りかかり、いつか行ってみたいと思ってたこのイルミ、今年ようやく見に行くことが出来ました。

電子部品メーカーのローム株式会社が京都五条にある本社の周囲を80万個の電球やLEDでライトアップ。
その規模は京都市内では最大級だそうです。

オレンジ一色でメタセコイアを彩り、連なる光景は圧巻。
大勢の家族連れやカップルさんたちが訪れていました。


c0183700_7453037.jpg


そんな「ロームイルミネーションに行ってきた」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-12-25 12:31 | Comments(18)

毎年この時期になると大阪の難波から梅田一帯をライトアップする「大阪・光の饗宴」が行われます。

大阪のメインストリート、御堂筋では約4キロに渡ってイルミネーションが施され、それはもうとても綺麗なんです。

大阪・光の饗宴ではエリアごとに様々な趣向を凝らしたイルミネーションやライトアップ、光のショーが行われ、大阪の夜の街歩きでは一番楽しい時期なんじゃないかなと思います。

そんな中の一つ、中之島バラ園で行われている「中之島スマイルアートプロジェクト ひかりの実」に行ってきました。



c0183700_083230.jpg


そんな「大阪光のルネサンス・ひかりの実」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-12-21 21:41 | Comments(10)

10月31日、言わずと知れたハロウィンでしたね。

最近はこの時期が近づくと街やお店がハロウィン仕様になっていき、否応無しにその時期が来たことを知るわけですが皆さんは何かされましたか?

お家の中の小さな飾り、お子さんの可愛い仮装、
もしかしたらハロウィンをイメージしたお料理なんかで小さなパーティ、なんて方もおられるかもですね。

街に目を向けると今年も様々な仮装をした人たちが繁華街などにたくさん集まり、テレビでも取り上げられていました。



さて、今回はまぁどうでもいい事なんですが「そもそもハロウィンって?」な話から現代の様子までをほんの少しだけお話しします。


もともとハロウィンとは古代ケルト民族の儀式を起源として秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出すという宗教的な儀式でした。
つまり、キリスト教の儀式ではありませんでした。

後にキリストがケルト民族を侵略した際にこの習慣を根絶せず、都合のいいようにキリスト教に取り入れことからキリスト教の文化圏に広がっていきました。


その日付けですがケルト人の持つケルト歴では1年を11月1日から始まり、10月31日で終わるとされていて年末である10月31日には日本のお盆と同じように死者の魂がこの世に戻って来るとされていました。
そしてその時やってくる悪霊は子供たちをさらうと考えられていました。

そこで人々は、村を徘徊する悪霊達に対し仮面をかぶり、悪霊を驚かせて追い払うような儀式を行っていたそうです。

このことから、ハロウィンでは仮装をするという習慣が生まれました。

またカトリックでは、11月1日を諸聖人の日(Hallow)と定めていたのでその前夜をHallow Eve(ハロー イブ)と言い、これがやがて簡略され「Halloween(ハロウィン)」と呼ばれるようになりました。

やがて宗教的儀式の意味は無くなり、かぼちゃのお化けを飾り、「トリック オア トリート」と言って仮装した子供たちが家をめぐるお祭りになりました。


そして日本。
日本ではさらに独自の変化を遂げ、完全にコスプレ祭りとなって行ったのは皆さんご存知の通りです。




さて、長々と小難しい話をして来ましたが先日、その独自変化の実態調査に行って来ました。
昨年は大阪アメリカ村にある三角公園でしたが今年は「ザ・大阪」の道頓堀に行ってきました。



ということで皆さん、大変お待たせしました。
それではどうぞー!!





まずはこちら。
天使とデビルちゃん。
デビル系はたくさんいましたが、天使とツーショットはこの方たちしか見かけませんでした。

c0183700_16322699.jpg


そんな「道頓堀のハッピーハロウィン」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-11-02 08:37 | Comments(14)