お盆を過ぎた8月23日・24日ごろ、各地で地蔵会が行われます。

その名前は色々あるようですが、地域に根差したお地蔵さんを祀ることで、安全祈願や家内繁栄、子供たちの健やかな成長などを願うものです。

昨年は大阪の、うちの近所の地蔵盆をご紹介しました。

< 夏の終わりを告げる「地蔵盆」 >



今年は地元の地蔵盆には出向かず、奈良の元興寺に行ってきました。


奈良県にある「ならまち」。地図にないこの町にある世界遺産・元興寺。
その起源は飛鳥時代にまで遡るほど歴史の深い寺院です。

ここで毎年行われる「万燈会」。
境内に安置されている無数の地蔵や石仏。
その周りには願い事の描かれた灯明皿が並べられ、幻想的な雰囲気に包まれます。


そんな奈良の、夏の最後の風物詩を見に行ってきました。



c0183700_23551925.jpg


そんな「世界遺産・元興寺の万燈会」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-08-31 09:59 | Comments(14)

ちようど1年前、色々あってSONYのミラーレス機「α6000」を買っちゃいました。
その時買ったのはボディのみ。
レンズはずっと以前から持っていたSONYのミラーレス「NEX-3」に付いていた標準レンズ「E 18-55mm F3.5-5.6 OSS」が使えるという事だったので、それをファームアップして使ってきました。

で、その組み合わせで初めて夜撮影に持ち出したのが1年前の「なら燈花会」。
設定とかいろいろよく分からんまま会場入りし、良くも悪くも楽しく撮ってきました。

< α6000と「なら燈花会」 >


あれから1年、まぁいろんな所に持ち出して使ってきましたがある時、
「あれ?もしかしてレンズをもうちょっと良いのを使えば、もっと良い写真が撮れるんじゃね??」
なんてアホな事を思うようになって来ました。

上手い下手に道具はカンケー無い。

理性ではそう思っても一旦欲しくなったキモチはどんどん膨らんでいき、
もう上手い下手とか写真の良し悪しではなく単なる所有欲だけでモンモンとしていました。

結局、心を支配した悪魔に負け、ツァイスの「Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS」を買っちゃいました。

初めてα6000を持ち出して行った「なら燈花会」。
あれから1年。あの時の写真より綺麗に撮れるのか?
使い易さは?合焦は?

そんなのを「検証」するためにツァイスとのコンビで行ってきました。




c0183700_2337559.jpg


そんな「α6000と「なら燈花会」、とツァイスレンズ」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-08-18 00:05 | Comments(14)

2014年、約半世紀ぶりに先祭りと後祭に分かれ、ようやく元の姿に戻った京都・祇園祭り。

昨年、生まれて初めて祇園祭りに行った様子を記事にしましたが、その時行ったのは前祭り。
なので今年は後祭りの宵山に行ってきました。

あちこち見かける記事を要約すると、前祭りと違って出る山鉾の数は少なく、歩行者天国にもならないし屋台も出ない。
でもその分人も少なく、しっとりとした祇園祭りを楽しめるとのことなので、楽しみに行ってきました。



c0183700_211545.jpg


そんな「祇園祭り・後祭りsnaps.」、続きはこちら。
[PR]
by revoir-dima | 2016-07-28 22:07 | Comments(18)

< 門司港レトロ snaps. >

本州と九州を分ける海峡、関門峡。

この関門峡を渡るには
・鉄道による関門鉄道トンネル
・車による関門国道トンネル
・同じく車による関門橋
・そして歩いて渡る関門人道トンネル

の四つの方法があります。

めちゃくちゃ暑く、一眼レフを捨ててやろうかとも思えた山口。
せっかくここまで来たのだからと、関門人道トンネルを通り、九州へと渡ってきました。

トンネルを抜けると門司に出ます。


わずかな時間でしたが門司をsnap散歩してきました。



c0183700_23521718.jpg



港町である門司港には、明治から大正にかけての建築物が今でも残り、
「門司港レトロ」地区として観光の人気を集めています。

私が行ったときにもたくさんの方がレトロ地区に来られていました。



c0183700_23522652.jpg



私の身近な神戸や、時々出かける横浜とはまた少し違った港町。

それぞれに魅力があり、それぞれの空気があり。



c0183700_23523015.jpg




欲を言えばもうちょっといい時期に来て、ちゃんと時間をとってレトロ建築とかをゆっくりまわりたかったなぁ。


そんなことを思いながら、あまりの暑さにそそくさと本州側へと戻ったのでした。




帰りは関門連絡船で5分の船旅。

この時だけは、海風が気持ちよかったです。









.
[PR]
by revoir-dima | 2015-08-30 00:32 | Comments(8)

「地蔵盆」。

みなさんの地域にはありますか?



c0183700_2142522.jpg


そんな「夏の終わりを告げる「地蔵盆」」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2015-08-23 23:36 | Comments(10)

先日家族旅行で山口まで行ったのですが、その時一眼レフにデカいズームレンズをつけて持っていきました。
便利かなと思ったもので。

ところが山口もまためちゃくちゃ暑く、一歩外へ出るともうヘロヘロ状態。
こうなると持っていったカメラシステムが鉛のように重く、もう途中で捨ててやろうかと思ったくらいです・・・。


さすがにこりゃたまらんと、先日新しくミラーレス機を買っちゃいました。

今回買ったのはソニーのα6000。新機種の噂が聞こえ始めるも、欲しいときが買い時。
もともとNEX-3を持っていて、そのレンズが使えるので買ったのはボディのみとしました。
早速レンズを装着しファームアップ、世界最速と言われるファストハイブリットシステムを手に入れることができました。


そのα君を持って先日、仕事帰りに奈良の「なら燈花会」に試し撮りに行ってきました。


夏の風物詩としてすっかり定着をした「なら燈花会」。
昨年も行ってきましたが年々浴衣率が高くなっていっているように思います。今年もたくさんの浴衣姿の方が来られていました。


そんな方たちを見るとついつい撮らせてもらいたくなり、お声をかけ何枚か撮らせていただきました^^。
ありがとうございました。

c0183700_23241814.jpg


そんな「α6000と「なら燈花会」」続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2015-08-17 13:04 | Comments(8)

「私、祇園祭に行ったことないんですよぉ。いっぺん行ってみたいと思ってるんですけどねぇ。」
「え?そうなん?、祇園祭かぁ、大変やで~」
「そうそう、とにかく暑いし人多いし・・・・。」


普段からしょっちゅう京都に出かけるものの、生まれてこの方一度も祇園祭に行ったことありませんでした。
そんな話を誰かにすると、ほぼ決まってこんな会話になります。

どうやら私の周りのオトナは、一度は行ったことがあるらしい。

こりゃぜひ一回行ってみて、次は私が「大変やで~」と話す側になりたいなぁってことで
先日7月15日、祇園祭の宵々山に行ってきました。

初めての祇園祭、なるほどみなさんのおっしゃる通りでした。


c0183700_232337.jpg


そんな「 コンコンチキチン・祇園祭に行ってきた」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2015-07-17 22:25 | Comments(18)

ここ数年、全国のあちらこちらでYOSAKOIイベントがたくさん行われています。

私の周りにもいろんなヨサコイに行かれてたり、そこで演舞されたりといったお話をよく目に、耳にしてきました。
これまで一度も行ったことがないので、一回は見てみたいな~と思っていたところ、9月19~21日と神戸で「神戸YOSAKOI FESTIVAL」が行われる、というので行ってきました。

もともとは高知県の民謡である「よさこい節」。これを現代的にアレンジした踊りを主体としたお祭りです。

初めて行ったYOSAKOI、もう熱気ムンムン、踊る方たちが実に楽しそう^^。
見ているこちらもたくさんの元気がもらえるパフォーマンスの数々。
いや~面白かったです^^。

特に私が行った今回のYOSAKOI、会場は「垂水」と「舞子」。海をバックにしたロケーションが抜群でした^^!

c0183700_2133342.jpg


そんな「はじめてのヨサコイ・神戸YOSAKOI2014」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2014-09-21 21:48 | Comments(14)

皆さん、こんにちわ^^。

9月に入り、朝晩は肌寒い日もすこしずつ増えてきて、ようやく夏の終わりを感じている今日この頃です。

この夏、週末のたびに天候に恵まれず、むせるような暑い日もほとんどなかったように感じます。
昨年の猛暑や、41.0°Cという国内最高気温を記録した四万十市の話題なんかがウソのようです。


さて、しばらくブログが更新できなさそうなのでいつものようにアーカイブ、行きます^^。


今回のくくりは「夏」。
以前にも夏くくりがありましたので、その第二弾です。


まずはこれ。
夏の初め、愛知県のノリタケの森に行ってきました。
陶磁器で有名なノリタケ。いろんな記録も見てきましたが、すんごい一族だなぁと感心しました。
周りは緑がいっぱいで、まさに都会のオアシスとなっていました。

そんな庭園を散歩したときの一枚です。

初夏のキラキラとした光がとっても綺麗な日でした。

c0183700_21385365.jpg




次はこちら。
香川県の港町、高松での一枚です。
夕刻、まだ夏の明るさを残しながらもその暑い日差しが翳り始めたころ、海をバックに数人の男女がテーブルを囲み、静かにワインを酌み交わしていました。

彼らはいったいどういう方たちなのか。

ここではあえてそれには触れないでおきましょう。

とにかく、カッコ良かったです^^。

c0183700_21385993.jpg




お次はこれ。
奈良県の橿原市にある「おふさ観音」。ここでは夏には「風鈴まつり」が行われます。
境内には2,500を超える風鈴が吊り下げられ、それらが夏風に揺られて一斉に涼やかな音色を奏でます。

この夏が、あの夏になりますように。

夏が、ワクワクとしてきます。

c0183700_2139564.jpg




最後の一枚です。
夏には全国各地で花火大会が行われます。大阪を代表するいくつかの花火大会のなかのひとつ、
「教祖祭PL花火芸術」。
一般的には「PLの花火」。厳密には花火大会ではなく宗教行事の一つです。
もちろんこれを見るための人出は相当なもの。早くから行けば近くから見れますが、帰りが大変。

なので私はうちのマンションの屋上からの鑑賞。

まぁ仕掛け花火など高さの低いものは見れませんが、私にゃこれで十分。
いつもの、正しい夏の楽しみ方です^^。

c0183700_2139914.jpg




以上、「夏」くくりのアーカイブでした^^。


今年の夏もあと少し。まもなく、秋がやってきますね。








.
[PR]
by revoir-dima | 2014-09-05 23:24 | Comments(6)

< 箱根の山は天下の嶮 >

神奈川県にある箱根。

日本で有数の温泉地であり避暑地であり観光地です。
これまで一度も行ったことがないので先日、夏休みを利用して行ってきました。


「箱根」といえばなんでしょうね。

駅伝。
関所。
登山鉄道。
芦ノ湖などなど。

イメージされる方によっていろいろ思い浮かぶのではないでしょうか。



箱根にある登山鉄道に乗ってきました。

小田原駅と強羅駅を結ぶ登山鉄道、梅雨の時期には沿線には数多くの紫陽花が咲き誇り、その間を縫うように走る登山鉄道の様子はとっても有名ですね。あじさい鉄道、とも呼ばれています。
私が行った時はもちろん紫陽花の時期ではないのでほとんど咲いてはいませんでした。

c0183700_22294225.jpg


そんな「箱根の山は天下の嶮」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2014-08-27 00:10 | Comments(8)