タグ:古い町並み ( 41 ) タグの人気記事

城端曳山祭、宵祭でしっとりとした夜を過ごした翌日、いよいよ本祭です。

各山宿でお披露目されていた御神像は曳山の上に移され、曳山、庵屋台が町を曳行します。
白く雪の残る山々を背に江戸の料亭を再現したといわれる優雅な庵屋台が先導し、絢爛豪華な曳山が後に続きます。

飛騨高山や古川、犬山などの屋台もそれぞれに素晴らしいものですが、城端の曳山もまたうっとりするほどの美しさ。
なんというか、妖艶というか艶っぽいというか。
城端で生きてきた人たち、継がれ、守られてきた思いや伝統などが凝縮されたように感じます。


c0183700_21533746.jpg


そんな「北陸紀行 ~城端曳山祭・本祭編」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-05-26 00:02 | Comments(12)

石川県の七尾を発ち、向かったのは富山県にある「城端」というところです。

私が城端に行ったのは、もう何回になるかなぁ。
3回か4回か、よく覚えていませんが私の心をグッと掴んで離さない、とっても印象に残るところなんです。
こちらのブログでも記事を書かせていただきました。

富山県タグ


その城端に古くから続く祭り、城端曳山祭。

一度この祭りを見たいと思っていましたがようやくその機会に恵まれ、行ってきました。


c0183700_23445052.jpg


そんな「北陸紀行 ~城端曳山祭・宵祭編」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-05-23 00:01 | Comments(18)

先日何年かぶりに岡山県は倉敷に行ってきました。

かつては物資の集積所として栄え、江戸幕府の天領であったなど古くから活気のある倉敷。
私も随分昔から何度となく足を運んでいるところです。

白壁土蔵や漆屋造りの町家が倉敷川のほとりに並ぶ、何度足を運んでも飽きない、とっても大好きな所です。


その倉敷で、毎年この時期に行われている「倉敷春宵あかり」というライトアップイベントがあります。
今年で11回目となりますが、今回初めて行ってきました。


c0183700_2316846.jpg


そんな「倉敷春宵あかり2017に行ってきた」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-03-31 01:00 | Comments(16)

3月3日から12日まで、京都では「東山花灯路」が行われていました。
東山が行灯の灯りで彩られ、色んなイベントが行われる花灯路。
すっかり京の春の風物詩となりました。

私はというと、ここ何年か何となく行きそびれてましたが今年、久しぶりに行くことが出来ました。


夕方に京都入りしたのですがまだまだ明るく、花見小路辺りをぶらぶらしてると綺麗なお着物のおねいさんと知り合えたので、色々写真を撮らせていただきました。

普段はあまりこの辺りには来ないのですが、ここもすべらないロケーションてんこ盛りです。
おねいさん方、ありがとうございました。


c0183700_23104129.jpg


そんな「 東山花灯路2017に行ってきた 」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-03-18 00:03 | Comments(20)

近江商人を輩出した東近江の三つの町、近江八幡と先日ご紹介した五箇荘、そしてもう一つが「日野」という町です。
ここ日野もまたこの季節、お雛さんにまつわるイベントを行っているというので行ってきました。


c0183700_23105135.jpg


そんな「日野ひなまつり紀行と桟敷窓」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-03-03 00:21 | Comments(8)

滋賀県東近江地方の近江商人。
天秤棒ひとつから、のちに豪商へと成功した商人たちです。
 
彼ら近江商人の発祥が近江八幡、日野、五個荘の三つの町とされています。
各々の町には多くの近江商人が残した蔵や屋敷がたくさん現存し、歴史や当時の様子などを知る事ができます。


先日、そんな近江商人の町の一つ「五個荘」に行って来ました。
おりしも季節は春間近。
まもなく桃の節句、ひな祭りということで、こちらでは「商家に伝わるひな人形めぐり」というイベントが行われていました。
 
 
c0183700_23102086.jpg




そんな「 商家に伝わるひな人形めぐり」にいってきた 」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-02-27 00:29 | Comments(8)

今年6月、愛知県の有松という所に行って来ました。
世界的に有名な「有松絞り」、そのお祭りということで沢山の絞りを見て触って、「いつかは有松絞り!」と憧れをさらに深める旅でした。

< 有松絞りまつりに行ってきた >

その記事の中で触れた「秋祭り」。どうしても見たくなって、行って来ました〜(^^)



c0183700_0141691.jpg


そんな「有松天満社秋季大祭に行ってきた・その1」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-10-14 00:01 | Comments(8)

さて、きつね火まつりの翌日は郡上八幡に寄ってきました。

古川でご一緒したお二人が郡上にはまだ一度も行かれたことがないと聞いたので、これはぜひご紹介したいなぁとガイド役を無理やり(笑?)買って出ました(^^)

中でも一番に見てもらいたかった「郡上八幡駅」。ここに来れば必ず立ち寄る、ノスタルジー溢れる貴重な駅です。
長良川鉄道は今年4月、新たに観光列車「ながら」の運行が始まり、主要駅でもあるこの駅はさらに沢山の方が利用されるようになりました。


しかし私を含め多くの方を魅了し、懐かしい気持ちにさせるこの郡上八幡駅もその老朽化に伴い、今年、ついに改修工事に入ることとなりました。
なんでも、約90年前の開業時の姿に復元させるそうです。

予定では、あとひと月で工事が始まるとのこと。
今の姿を見られるのも、あとひと月。

このタイミングでここに来られたのも何かの意味があるのかもしれないな。

そんな事を少し思いながら、最後の郡上八幡駅でsnaps. 撮ってきました。


c0183700_22434769.jpg


そんな「最後の郡上八幡駅snaps.」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-10-10 19:48 | Comments(10)

京都東山に昔ながらの石畳の風情が残る「石塀小路」というところがあります。
京都らしい狭い路地ですが両脇には町屋が並び、石畳が続く風情のある路地です。

近くには清水寺、ねねの道、高台寺に八坂の塔などがある京都でも随一の観光名所。昔から数々の映画やドラマなどの舞台にも使われてきたところ。
私もこの辺りをブラブラするときは特に用事がなくてもここを通ったりする、どの季節に訪れても雰囲気のいいところです。


c0183700_23502548.jpg


そんな「石塀小路の苦悩と決断」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-09-20 23:10 | Comments(28)

先日、愛知県にある有松というところに行ってきました。

京と江戸を結ぶ東海道にある茶屋集落。
江戸時代から絞染めの産地として栄え、今も「有松絞り」として伝統を守り、伝えられています。

私がこの地を訪れたのは丁度一年前、ブロ友としてお付き合いさせていただいているhikarigraphyさんの記事を拝見したのがキッカケでした。。

毎年6月に行われている「有松絞りまつり」。
以前より有松絞りには興味があり、ぜひこのイベントを見てみたいと心待ちにしていました。



c0183700_21474825.jpg


そんな「有松絞りまつりに行ってきた」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-06-08 00:12 | Comments(14)