アートアクアリウムアーティスト・木村英智さんが手掛ける水中アートの展覧会「アートアクアリウム展」も今年で10周年を迎えたそうです。

行ったことのある、無しに関わらず、もはや超有名な水中アートイベントですね。

私も以前、大阪で開催された時に行ってきました。

< Art Aquarium ~大阪・金魚の艶~ >

今回10周年を迎えるにあたり、「10周年記念祭」と題して大阪・東京・金沢で最大規模の展示が行われています。

で、久しぶりに見に行ってきました。


今回はまぁ2回目だし、多少新しいのがあるかもしれんけどカメラは要らんだろ。
と判断し、持って行きませんでした。


ここからが私の優柔不断なところ。

周りの方々がバシャバシャ撮られてるのを見ると、無性に私も撮りたくなってきます。


仕方がないので、今回はオールiPhoneでの撮影です。


c0183700_2253813.jpg


そんな「10周年のアートアクアリウム展に行ってきた」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-07-19 16:05 | Trackback | Comments(20)

< かもめが翔んだ日 >

三重県は鳥羽湾に浮かぶ「イルカ島」に行ってきました。


鳥羽マリンターミナルを船で出航して約15分で着く小さな島。
そこではイルカショーやアシカショーが行われています。


まぁそれ自体珍しくもありませんが、ここイルカ島は本当に小ぢんまりしていて、イルカの泳ぐプールも小さい。
その分ほんとに目の前でショーを見られますし、ショーが行われていない時もプール脇でイルカを見ることができます。

イルカは遊び好きなヤツらなので、手を伸ばすと寄っくるし、その手を口先で突っついてきたりと、ワイワイ言いながら一緒に遊べます。




さてそのイルカ島に渡る船。
海を走る船といえば追いかけるように飛ぶカモメたち。
定番の光景ですね。

鳥羽マリンターミナルを出た船にももの凄い数の海鳥たちが群れをなして追いかけてきます。
それも尋常じゃない数です。

これには訳があり、乗客のみんなが海鳥たちにエサを投げやるんです。
そのためのエサ、「かっぱえびせん」も船内で売られています。


海鳥たちはそれを知っているので船が出る度に襲われるんじゃないかってくらいの数が周りを飛び交います。



c0183700_2004818.jpg


そんな「 かもめが翔んだ日」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-03-19 20:13 | Trackback | Comments(14)

< Nagoya Port Aquarium >

GW、久しぶりに名古屋港水族館に行って来ました。

毎回水族館に行く時には「こんな風に撮ってみよう」「あんな風に撮ってみよう」と思うのですがいつも撃沈。

多くのサカナや動物たちがちょこまかちょこまかと動くので、どうにもうまく撮れない。
これ、皆さんも「そうそう」なんて、思い当たるんじゃないでしょうか。

単にシャッタースピードを早くすればいいってわけでもなく、水族館で上手く撮られてる方は構図なんかもいい。

あいつら相手に、ですよねー。


今回のエントリーは、そんな水族館の何枚かを。
比較的じっとしてるやつを交えてるのは、それが私の実力だとご理解ください(^^;;

では。

c0183700_1932860.jpg


そんな「Nagoya Port Aquarium」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2014-05-08 00:05 | Trackback | Comments(8)

約5千匹の金魚を光や映像で演出する水中アート、「アートアクアリウム」。
この春、大阪で開催されているとのことで行ってきました。

全国で大人気となっているこのイベント、色んなところで話が出て、写真を見て、
私も見てみたいな~と思っていました。

今回のテーマは「金魚の艶」。

さまざまな金魚たちを色っぽく、艶っぽく演出していました。


「金魚の艶」、写真で伝わりますでしょうかね~~(^^)?


では、どーぞっ!



c0183700_22686.jpg


そんな「Art Aquarium ~大阪・金魚の艶~」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2014-02-26 22:38 | Trackback(2) | Comments(12)

先日行った島根。足立美術館の翌日は、これまたずっと行きたかった「しまね海洋館アクアス」に行ってきました。

いわゆる水族館なので、海の生き物の展示がたーくさんあるのですが、私が行った目的はただひとつ。
そこへオープンと同時に真っ先に向かいました。

すると、あ!いたいた!!ずっと見たかった・・・シロイルカ(^o^)!
こんな感じです。


c0183700_22374930.jpg


そんな「バブルリングの島根のおじさま」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2013-10-13 09:48 | Trackback | Comments(8)

< 動物園のなかまたち >

先日、久しぶりに動物園に行って来ました。
大阪にある都市型総合動物園「天王寺動物園」。
日本で3番目の動物園として開園したところです。

この動物園の特徴はなんといっても「アフリカサバンナゾーン」。
動物の生息地の環境を可能な限り再現した生態展示です。
キリンやシマウマ、ライオンなどをリアルに観察することができます。
またここでは日本で唯一、世界的にも珍しい「キーウィ」の飼育展示を行っています。

ではそんな「動物園のなかまたち」をいくつかご紹介しますね~。


まずは「ベニイロフラミンゴ」。
あの、1本足のスレンダーなヤツです。

和名:ベニイロフラミンゴ
綱:鳥綱
目:フラミンゴ目
科:フラミンゴ科
英名:Cuban Flamingo
学名:Phoenicopterus ruber ruber

c0183700_0204940.jpg


フラミンゴがピンク色なのは、摂取する食べ物が主に藻やアミエビなどが赤い色素を持っているためです。
また、寝るときは立ったまま。もちろん片足です。
とても筋肉で立っているとは思えないので、超絶したバランス感覚なんでしょうね~。
色は寒い時期のほうがキレイです。発情期のため、婚姻色が出るためだそうです。


 
つぎは「タイゾウ」

和名:タイゾウ
綱:哺乳綱
目:ゾウ目
科:ゾウ科 
英名:Malayan Elephant
学名:Elephas maximus hirsutus

c0183700_0213482.jpg


ちょうどご飯どきだったので、しばらくお食事の様子をじーっと見ていました。
写真のように草を鼻で掴んで食べるんですが、つかむ前にちゃんと
集めて、揃えて、そして鼻でつかみます。
そのまま口まで運ぶんですが、つかんだ草がほとんどこぼれない!
すごいテクニックです。

 

「エランド」

和名:エランド
綱:哺乳綱
目:ウシ目
科:ウシ科 
英名:Common Eland
学名:Taurotragus oryx

c0183700_0221131.jpg


まず初めにコイツ、ウシです。シカじゃありません・・・。
らせん状の角が特徴的で、すぐれた跳躍力で有名。
飛ぶウシです。
高さ1.5メートルくらいの柵なら飛び越えるんだそうです。


 
「グラントシマウマ 」

和名:グラントシマウマ
綱:哺乳綱
目:ウマ目
科:ウマ科
英名:Grant's Zebra
学名:Equus burchelli bohmi

c0183700_0224931.jpg


草原で群れをつくって暮らし、ライオンなどに襲われると
時速60kmぐらいの猛スピードで逃げます 。
この縞模様、個体それぞれすべて違うそうで、この模様で仲間や家族を識別しているそうです。
私たちには一見してもまったく分かりませんが、よ~く見ると確かにビミョーに違います・・・。

 

「ホオジロカンムリヅル」

和名:ホオジロカンムリヅル
綱:鳥綱
目:ツル目
科:ツル科
英名:South African Crowned Crane
学名:Balearica regulorum

c0183700_0232969.jpg


視線を感じて振り向くと、こいつがじーっとこちらを見てました。
とにかくじーっとです。目をあわしてもまったく逸らそうとしない。
「なんだコノヤロォ!やんのかオラァ!表出て来い!」
こっちも意地になってひたすらニラミ返してやりました。
そして・・・

やった!勝った!!



オトナになると、なかなか縁遠くなる動物園ですが、
たまーに行ってみるとけっこう楽しめちゃったりします^^。
ここでは大人も子供もありません。
みーんなが同じ目をして笑顔なんです^^。
 
 
 
 
 
 
 
   
[PR]
by revoir-dima | 2012-02-01 00:29 | Trackback | Comments(12)