< ララ・夏の少女よ >

8月最後の日曜日、過ぎ行く夏を惜しむのに京都をブラブラして来ようかな、なんて思ってました。
すると、いつもブログでお付き合いいただいている あおそら写真社 さんの放し飼いさんも偶然、京都ブラブラを計画されているとのこと。
この方、私の憧れで写真のことを本当によくご存知なので色々と教えて頂いています。

もしかしたら憧れの方とお会いできるかもしれない。
これまで何度かすれ違ってたことがあるようですが、過去最大のチャンスです。

ただ、時間と場所を約束するのではなく、「縁があるならお会いする」というスタンスに何となく私がこだわっていて、この時もカメラのストラップだとかその他の出で立ちだけお聞きし、二人がよく行く東山界隈に出かけました。

何時間かブラブラしていると、八坂の庚申堂で見事にお聞きした出で立ちの方が撮影されてるじゃありませんかっ!
しかも綺麗なお姉さんを撮影してらっしゃる。
これはもう間違いありません(^^)
慌てて声かけようとしましたが、あいにくこちらも撮影の真っ最中(^^;;
モデルさんに「ちょっとだけ待ってね」、と場を離れお声かけさせていただきました。

お互いの撮影を終え、コンビニで買ったビール片手に改めてご挨拶。
いや〜私が想像していた通り素敵な方でした。ほんのひと時でしたが、たくさんの事を学べた気がします。楽しかったな〜(^^)

放し飼いさん、改めましてありがとうございました。
実践されてる撮影風景、ストロボを含めた光のこと。
全部脳裏に焼き付いています。はやく現場に行きたいです(^^)!



さて、今回のタイトル、「ララ・夏の少女よ」ですが、これ聞いてピンと来る方、どれだけおられますかね?
これはある歌の歌詞の一部です。曲のタイトルは・・・
懐かしいな〜なんて思いながら、口ずさんで下さい(^^)


8月最後の日曜日、カラッとしてましたがサンサンと降り注ぐ太陽。笑顔いっぱいの夏の少女に出会えました(^^)

まずはこちら、福岡から来られたという3人組。とってもお綺麗なおねいさんたちでした。
福岡には何度か訪れていて、私の持論「福岡美人量産説」はやはり正しかったと証明できたようなお三方でした(^^)


c0183700_2141517.jpg


そんな「ララ・夏の少女よ」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-08-28 11:19 | Trackback | Comments(12)

京都 鴨川沿い、四条大橋のたもとにある東華菜館。
四条大橋まで行くと必ず目に入り、「東華菜館」と聞いてピンと来ない方も建物見れば「あぁあれか」と分かる方が多いかと思います。

中は北京料理のレストランなんですが、この建物、実はとんでもないレトロビル。

先日スタッフの方に色々ご案内いただき、写真も撮らせていただいたのでご紹介します。


この建物、1926年竣工で約90年前のものです。
設計はあのヴォーリズさん。ヴォーリズ建築の中で唯一のレストランです。
登録有形文化財に指定されています。



c0183700_21483243.jpg


そんな「ヴォーリズ建築の大正ロマンと東華菜館」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-08-13 00:14 | Trackback | Comments(14)

京都・下鴨神社。

京阪電車や叡山電車の出町柳駅から糺ノ森を抜けた先にある神社です。
縄文時代から変わらず生き続けているといわれる糺ノ森を含め、「古都京都の文化財」のひとつとして世界遺産登録されているところ。

以前の記事
<下鴨神社 流鏑馬神事に行ってきた>
では式年遷宮を迎えた下鴨神社と、糺ノ森で行われる流鏑馬神事をご紹介しました。


その下鴨神社では夏、「みたらし祭」が行われます。
別名「足つけ神事」とも呼ばれ土用の丑の時期、境内の御手洗池に足を浸しロウソクを供えて無病息災を願う神事。

京の夏の風物詩のひとつです。



浴衣を着て、この夏初めて、行ってきました。




c0183700_2294630.jpg


そんな「下鴨神社 みたらし祭に行ってきた」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-08-08 08:54 | Trackback | Comments(14)

外国の国家元首や政府の長など、偉い方々が来られた時にお迎えし、泊まっていただく「迎賓館」。
日本には東京の「赤坂迎賓館」、京都の「京都迎賓館」のふたつがあります。

これまで年に10日ほどの一般公開日があった京都迎賓館ですが、昨年より通年一般公開となりました。
要するにお客さんいなけりゃいつでも見て良いよ、てことになっており、先日の日曜日見に行ってきました。

京都御所にある迎賓館、外からはよく見ますが中に入るのは初めて。
身体検査、荷物のエックス線検査など空港と同じセキュリティを受け、さらに荷物を預けて中に入ります。

地下にあるセキュリティゾーンは撮影禁止ですが、1階の公開エリアは写真撮影自由。ただし録画録音は、ダメです。


中はたいそう立派で、全ての調度品、天井、壁、装飾の品々が日本で最高のものを集められているって感じです。
その余りにも世間からかけ離れたゴージャスさに圧倒されながら、目の保養をしてきましたので、そのいくつかをご紹介します。



まずはこちら。

京都迎賓館最大の部屋、藤の間です。

洋食の晩餐会や歓迎式典の会場として使用される京都迎賓館最大の部屋、藤の間。
ここに飾られている西陣の綴織り(つづれおり)は眼を見張るほどの美しさで、多くの方が見入っておられました。



c0183700_23232292.jpg


そんな「京都迎賓館に行ってきた」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-08-04 00:02 | Trackback | Comments(14)

京都府宇治田原にあるお寺、正寿院。
新緑のころは鮮やかなグリーンの茶畑が広がる、和束とともに有名なお茶のエリアにあるお寺です。

このお寺では7月1日から9月18日まで風鈴まつりが開催されているとのこと。

風鈴まつりといえばずいぶん昔、奈良のおふさ観音に行って以来。
梅雨も明けぬままずいぶん暑くなって来ていて、あの涼し気な音色に癒されたいと、行ってきました。



c0183700_23354671.jpg


そんな「京都正寿院、風鈴まつりに行ってきた 」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-07-18 00:02 | Trackback | Comments(18)

桜が終わり、新緑の季節となりました。

ここ何年か、この時期に新緑を見に京都に出掛けています
昨年は鞍馬貴船大原と一日かけて遊んできました。


さて今年はどこ行こうかな~って考えて、何となく
「嵐山なんかどうかな?」って思い、足を向けてみました。


昨年のように一日中は遊べませんでしたが、しっかりと緑を堪能してきましたよ^^。



c0183700_2249872.jpg


そんな「京都の新緑、吸いこんだるねん2017・嵐山」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-05-31 00:25 | Trackback | Comments(22)

京都、南禅寺近くにある「無鄰菴(むりんあん)」。
かつて政界の超憲法的重臣であった元老・山縣有朋の邸宅です。

その庭園は、山縣有朋の指示に基づいて小川治兵衛により作庭されたもので、疏水の水をとり入れ、三段の滝、池、芝生を配した池泉廻遊式庭園です。
現在は京都市が所有し、国の名勝庭園に指定されています。


その名勝庭園で「新緑ライトアップ」を行うというので行ってきました。


c0183700_22585248.jpg


そんな「京都現代庭園の先駆け、無鄰菴のライトアップに行ってきた」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-05-10 00:01 | Trackback | Comments(30)

京都の奥座敷、大原。
有名な三千院や宝泉院などがあり、四季の中でも特に紅葉の時期は本当に美しいところです。

この大原には鎌倉時代から昭和初期まで、この地で採れたしば・薪・花などを頭にのせて、京都の町に売りにくる女性たちがいました。

この女性たちは「大原女・おはらめ」と呼ばれていました。
現在は無くなりましたが、約800年続いた風習です。

その大原で今、大原女姿やシソ苗植えなどを体験できる「大原女まつり」が開かれています。

【2017】春の大原女まつり(4/28〜5/15)

中でも4月29日には各時代の衣装を身につけた大原女たちの行列「大原女まつり時代行列」が行われます。
一度見てみたいと思っていたので、先日行ってきました。


大原には昨年、宝泉院の庭園ライトアップに訪れて以来なので1年ぶりでした。


c0183700_2211469.jpg


そんな「京都大原・大原女まつりに行ってきた 」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-05-03 00:03 | Trackback | Comments(12)

そうだ 岡崎とか東山とか、てくてくしよう。

初めて入った毘沙門堂で襖絵の鑑賞や桜の終わりを楽しんだ後はてくてく歩いて山科駅へ。
途中山科疏水に寄り道。菜の花が咲き誇り、盛りを過ぎても残る桜色との春爛漫を楽しんで来ました。

次に向かったのは岡崎、平安神宮です。
お伊勢さんをトップとする神宮グループの中でもひときわ広く大きな平安神宮。
ここには桜シーズンの最後を飾る紅枝垂れ桜があり、これもまた有名です。

この桜を観るには神苑に入る必要があるんですが毘沙門堂同様、今まで入ったことが無く今回初めて入って来ました。

c0183700_8224052.jpg


そんな「そうだ 京都岡崎とか東山とか、てくてくしよう。」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-04-25 00:02 | Trackback | Comments(18)

毘沙門堂を後にし、モンスケさんと私は次なる目的地に移動したわけですがブログ記事としては一旦ここで中断。
ここで今回「京都てくてく」した中で出会った方々をご紹介しましょう(^^)


天気も良くってポカポカ陽気の京都にはたくさんの着物のおねいさんがおられました。
一日てくてくしていると沢山のご縁に出会えます。
そのひとつ一つに感謝し、いっぱい写真、撮らせていただきました(^^)



まずは平安神宮で出会った四人組さん。大阪からのお越しです。
とっても楽しそうに写真を撮られてましたので撮って上げたり撮らせてもらったり。


c0183700_21222994.jpg


そんな「そうだ 京都てくてくで、出会ったひとたち」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-04-21 00:02 | Trackback | Comments(18)