以前ご紹介した大阪のイルミネーション「光の響宴」。

そのエリアプログラムのひとつに「なんば光旅~こころ舞う冬の宴~」というイルミネーションイベントがあります。
70万球のLEDで彩る大阪難波の街並み。すでにここは冬の難波の風物詩となっています。
このエリアの一番端、なんばパークスではレインボーフラワーと銘打ち、七色のLEDでカラーフラワーを飾っています。

設定としてはこんな感じ。
このエリア全体を「光の森」とし、妖精たちがいろんな場所に七色の花の種をまきました。
その種からは七色の美しい花が咲き「レインボーフラワー」と呼ばれ、それらを辿ることでそれぞれの色のパワーを受け取ることが出来る、
というものです。


そっか、ここに行けば妖精、ティンカーベルがいるのか。

イルミネーションシーズンが終わってしまう前に、妖精を探しに行ってきました(^^)


c0183700_2352173.jpg


そんな「なんば光旅とティンカーベル」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2017-01-06 15:17 | Comments(6)

「京都」「イルミネーション」で検索すると必ず出てくるイルミのひとつ、「ロームイルミネーション」。1995年に始まりましたが開催されなかった年もあり、今回で17回目です。

随分前に車で通りかかり、いつか行ってみたいと思ってたこのイルミ、今年ようやく見に行くことが出来ました。

電子部品メーカーのローム株式会社が京都五条にある本社の周囲を80万個の電球やLEDでライトアップ。
その規模は京都市内では最大級だそうです。

オレンジ一色でメタセコイアを彩り、連なる光景は圧巻。
大勢の家族連れやカップルさんたちが訪れていました。


c0183700_7453037.jpg


そんな「ロームイルミネーションに行ってきた」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-12-25 12:31 | Comments(18)

毎年この時期になると大阪の難波から梅田一帯をライトアップする「大阪・光の饗宴」が行われます。

大阪のメインストリート、御堂筋では約4キロに渡ってイルミネーションが施され、それはもうとても綺麗なんです。

大阪・光の饗宴ではエリアごとに様々な趣向を凝らしたイルミネーションやライトアップ、光のショーが行われ、大阪の夜の街歩きでは一番楽しい時期なんじゃないかなと思います。

そんな中の一つ、中之島バラ園で行われている「中之島スマイルアートプロジェクト ひかりの実」に行ってきました。



c0183700_083230.jpg


そんな「大阪光のルネサンス・ひかりの実」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-12-21 21:41 | Comments(10)

毎年8月、奈良公園周辺で行われる「なら燈花会(とうかえ)」。
すっかり定着し、毎年大勢の方が来られます。

その冬バージョンとして2010年から行われている「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」。

ずっと前、開催された最初の年に行ってきました。
その時の感想は「何じゃこりゃ?」

以後一度も行きませんでした。



あれから6年。
あのショボかった なら瑠璃絵 、今はどうなっているのかなぁとふと思い、ちょっと行ってきました。


行ってビックリ。

ものすごい成長を見せていました!


c0183700_2333249.jpg


そんな「しあわせ回廊 なら瑠璃絵 に行ってきた」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2016-02-29 00:10 | Comments(14)

2005年から行われ、今やすっかり京都の冬の風物詩となった「京都・嵐山花灯路」。

12月の嵯峨・嵐山を約2500基の行灯が彩り、夜の散策を楽しむこのイベントは年々訪れる方も増え、今では100万人を越えるビッグイベントとなっています。


嵐山といえば京都でもちょっぴり北の方にあり、行けそうでなかなか行けなかったこのイベント。

今年初めて行ってみました。




まだ少し明るいうちに嵐山駅に着いたので、日が暮れるしばらくの間、京福電鉄の嵐山駅に行ってみました。


ここには「キモノフォレスト」と名づけられたライトアップが行われています。
京友禅の光のポールが600本並び、これもまた幻想的な光景となっている人気の場所です。


全国的に暖冬となっている今年の冬。
12月の京都、しかも嵐山といえば例年かなり寒いのですが、この日はそれほど寒くも無く、
京都らしい着物を着られた方々がたくさんおられました。


花灯路が始まるまでの間、何人かの方々にお声をかけ、写真、撮らせていただきました^^。

みなさんとってもお似合いで本当に楽しそうでした。


こちらの方々、倉敷から来られたそうです。

倉敷は私ももう何度も訪れているとっても好きなところ。
倉敷から京都に来られるなんて、なんか余裕を感じますね~。

少しのお話と、自撮りポーズを取っていただき、撮らせていただきました。
お二方、ありがとうございました^^


c0183700_22321172.jpg


そんな「京都・きものフォレストと嵐山花灯路」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2015-12-18 00:07 | Comments(12)

毎年12月、すっかり冬の風物詩として知られる神戸のイルミネーション、神戸ルミナリエ。

1995年1月17日、神戸を襲った大地震、阪神・淡路大震災。
その鎮魂と追悼の意味を込めて同年12月から始まったルミナリエも今年で21回目を迎えました。

21回も続くと何回かは足を運びましたが、先日、10年ぶりくらいに行ってきました。

このルミナリエ、当初は会期が2週間。一斉に点灯されるまばゆい白熱電球の光は、あの震災に想いのある私には
何とも言えず心にしみたような気持ちになりました。





c0183700_23471895.jpg






その神戸ルミナリエも、年を重ねるごとに開催時期が変わったり期間も短くなったり、
今年はエリアも狭くなったりといろいろ状況が変わってきています。


その最大の原因は台所事情、予算不足にあります。


もともとクリスマス時期に行われていましたが、年々認知度が高まるにつれ全国から来場数が増え、
結果、周辺道路の混雑、一般客の敬遠、周辺企業のクリスマス商戦に影響を与え、それがひいては
協賛金の減少に繋がりました。


やむをえず開催期間からクリスマスを外しましたが、その後発生した東日本大震災。

関西電力から節電要請もあったり世論の省エネ志向など。

これまでは電気代はかさむが人気のある「白熱電球」にこだわってきましたが、ついに一部をLED化。

そして今年は全面LEDとなりました。



こんな感じでやむをえない事情もありいろいろと形が変わってきましたが、私としてはな〜んかただの
商業イルミになってきてるように思え、なんだかなーって感じです。


実際今年は初めての試みとして、食品関連企業のブースやジャズライブを楽しむステージが出来たり。。。






c0183700_23472379.jpg






神戸ルミナリエを訪れる多くの方はあの震災の記憶などなく、ただ綺麗なイルミネーションを楽しみに来ているわけですが、
私としてはもっともっと規模は小さくても構わないのでかつてのあの姿、あの暖かい光の下を歩きたいな、なんて思うのであります。。。

















写真展「2015/12/12展WEST」に参加します。


【開催日】
2015年12月11日(金)・12日(土)
11日 12:00~20:00(プレオープン)
12日 12:00~19:00(メイン)

【会場】
イロリムラ[89]画廊1F・2F
大阪市北区中崎1丁目4番15号
TEL:06-6376-0593 (電話受付 10:00~18:00)
http://irori2005.com/



















[PR]
by revoir-dima | 2015-12-06 16:59 | Comments(12)