さてまたまたしばらくブログが滞っております。

5月になればちょっと撮影が入っておりますので何かしらアップできそうなのですが、
それまでお茶を濁しておきます(笑)。
以前にもアップした「Facebook限定バージョン」の写真をこちらに流出させますね~。

今回はテーマを「春」。ただし!ただ「春」ってだけで、ごちゃ混ぜなので「春〝乱”漫 」とさせていただきました^^。

まずはこちら。

c0183700_20553347.jpg


ロケ地は淡路島の「あわじ花さじき」。
広大な取りに四季折々の花が植えられ、春先には菜の花が一面に咲き乱れます。
こちらの写真、実は以前にブログでアップしたものです。
なので出戻り、ってところでしょうか^^;
 
 
次はこちら。
 
c0183700_20582975.jpg


京都は下賀茂神社で撮った一枚です。
暖かい春の日に、ご結婚式を挙げられておられる方がいました。
下賀茂で結婚式か~。とってもお綺麗な方でした。
お幸せに~~(^^)。
 
 
次は桜の写真を。
 
c0183700_2113770.jpg

 
香川県は栗林公園。ちょうど香川に出かけた際、夜桜ライトアップが行われていました。
特に行くこともすることもないので見に行ってきました。
全体的には「これ!」といった目玉桜はありませんでしたが、久しぶりの夜桜ライトアップはやっぱり楽しく見ることが出来ました^^。
 
 
さて最後も桜です。
 
c0183700_216272.jpg


これは先日アップした「高山祭」での一枚です。
本編では夜のシーンで桜を絡めたのは無かったですからね~。
ま、撮ってはいたんですよ撮っては・・・。
ただ、こんなのしか無かったんです・・・。
 
 
 
ま、こんな感じで春の写真を何枚か集めてみました。
関西では桜が終わり、すでに次の季節の準備に入っています。

もうすぐ、忙しくなりそうですー(^o^)。












[PR]
by revoir-dima | 2013-04-26 21:30 | Comments(6)

岐阜県高山。江戸時代からの城下町や商屋町の姿が多く残されており、「飛騨の小京都」と呼ばれているとっても素晴らしい景観の残るところです。

ここ高山で行われる「高山祭」に行ってきました。

毎年春に行われる「山王祭」、秋に行われる「八幡祭」、このふたつを総称して「高山祭」と呼ばれています。
また京都の祇園祭、埼玉県秩父の秩父夜祭と並んで日本三大美祭にも数えられるお祭りでもあります。

行ってきたのは4月14日。桜が咲き始め、あと一週間もすれば満開を迎えるんじゃないかって感じの日でした。

今回ご一緒させていただいたのは近頃よく一緒に遊んでくださる岐阜のモンスケさん、
そして昨年の飛騨古川でのきつね火まつりでご一緒させていただいた同じく岐阜のコッチさん。
ワイワイガヤガヤと楽しく一日を過ごしてきました。
おふた方、ありがとうございました。


モンスケさんのご実家のある古川で前泊させていただいた翌朝、高山に入ったのは9時ごろでした。
すでに祭の目玉、屋台が出ており印象的な赤い橋、「中橋」を渡っているところに出くわしました。
 
c0183700_0324791.jpg


そんな「飛騨高山・春の山王祭」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2013-04-18 23:15 | Comments(24)

2010年に始まった「瀬戸内国際芸術祭」、3年後の今年再び瀬戸内の島々に戻ってきました。

副題は「Setouchi Triennale 2013」。
ビエンナーレやトリエンナーレはこうした芸術祭やアートイベントなどではよく使われる表現です。
イタリア語で「3年に一度」「二年に一度」の美術展覧会を表します。

瀬戸内の島々を舞台にアートが繰り広げられるこのイベント。
今回からは春、夏、秋と3シーズンに分けて開催されています。
 
c0183700_202819.jpg


その季節にしか開催されない場所もあり、今回そのひとつ、「沙弥島」に行ってきました。

そんな「瀬戸内国際芸術祭・沙弥島」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2013-04-12 21:12 | Comments(10)

- 東の野にかぎろひの立つ見へて返り見すれば月傾きぬ -

万葉集に登場する柿本人麻呂の歌です。
この歌が詠まれたとされるのが奈良県の大宇陀というところ。以前には「町並みライトアップ」をご紹介しました。

「かぎろひ」とは冬、夜明け前の空が白ゆく様であったり、朝焼けのことであったりとのことですが、
正体不明の不思議な気象現象なんだそうです。

その大宇陀には推定樹齢300年という一本桜があります。
通称「又兵衛桜」。NHK大河ドラマのオープニングに使われたことから今では全国的にもめちゃくちゃ有名な桜です。

桜の季節、仕事前にちょっと早起きして又兵衛桜を見てきました。

夜明け前に現場に着き三脚を立てて待っていると、真っ暗な中から徐々にその輪郭が見えだしました。

c0183700_23224582.jpg


そんな「又兵衛桜」、続きはこちら
[PR]
by revoir-dima | 2013-04-08 00:04 | Comments(12)

昨年もご紹介しましたが、京都は伏見にある「醍醐寺」。
何となく私の桜は、ここの枝垂れを見ることから始まるんです。
ま、そのまま終わっちゃうこともあるんですケド。

そんなわけで今年も行ってきました。

その昔、太閤豊臣秀吉が贅を尽くした「醍醐の花見」を、ここ醍醐寺で行ないました。
それまでは花見とは、貴族などのお金持ちが贅を尽くして行っていたもの。庶民にはとてもとても縁遠いものでした。

それが庶民に広がったきっかけとなったのがここ醍醐寺の花見だったそうです。

「お花見」とは、ここから始まりました。



c0183700_2113267.jpg




さて、今年はどれだけの桜が見れるかな~^^。











[PR]
by revoir-dima | 2013-04-03 21:20 | Comments(11)