久しぶりにアフタヌーンティーに立ち寄りました。
元サザビー系列ですが、今では独立した会社が運営しているブランドです。
c0183700_21403284.jpg


アフタヌーンティーとはイギリスの喫茶習慣。
紅茶ばっかりです。
行った時はごらんの「イチゴ」を使った紅茶が出されていました。
甘味も砂糖ではなく練乳。
フシギな感じですがこれがけっこうイケるんです^^
c0183700_21404355.jpg


いつも人の集まる人気店ですが紅茶やスイーツ、スコーンなんかを口にしていると、やっぱりホッとした時間を過ごせます。
c0183700_21405481.jpg


それにしても、コーヒーと違って紅茶ってなんであんなに大量に出てくるんでしょうね^^;
カップ、ポットを飲み干すともうお腹がタプンタプンになっちゃいます。
皆さん、全部飲んでいるんでしょうか^^???


Main Site ; Revoir...

[PR]
by revoir-dima | 2011-03-29 21:43 | Trackback | Comments(10)

< 釜山旅ぶろぐ・その5 >

ブログ再開はここから始めます^^。


韓国屈指のリゾートビーチ、海雲台(ヘウンデ)やってきました。
砂浜が1.8kmも続く弓なりのビーチラインです。

釜山にある数ある海水浴場の中でも、古くからリゾートビーチとしてジモティや
国内外の観光客に人気のあるところです。

ただ、ここでは訪れる人たちがそれはもう節操無くカモメやたちに餌をやるのでご覧の有様。
異常なまでのカモメの数々にビーチが占領されているって感じです。
まさにヒッチコックです。
c0183700_20243432.jpg
c0183700_20244236.jpg


ビーチでは、どこかの僧侶が大きな筆で達磨の絵を書いていました。
特にお金を取るわけでもなく、パフォーマンスのようです。
宗教的な意味があるのかもしれませんが、分かりません。

書いた後には、観客が開いたスペースに何かしら書き込んでいます。
きっと願い事の類なんでしょうね。
c0183700_20251024.jpg
c0183700_20251993.jpg


さてちょっと間を空けながら続けてきた釜山シリーズはこれで終わりです。
写真に入れてる文字、「PUSAN」ではなく「BUSAN」としています。
韓国では「文化観光部2000年式」というローマ字表記法があり、
2000年以降、「BUSAN」の表記が規則で決められています。
とはいえこの規則、未だに賛否両論があり実際には混在している感じです。
どっちも通じるので、どっちでもいいってところでしょうか^^;


Main Site ; Revoir...

[PR]
by revoir-dima | 2011-03-26 20:27 | Trackback | Comments(6)

3月11日(金)に発生した三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震。
あの、悪夢の日から2週間が経とうとしています。
これまで当ブログを自粛とさせてきましたが、その間にも大勢の方々から
自粛前と変わらぬアクセスを頂いております。
今日にも再開してるんじゃないか、という思いでアクセスして頂いている
皆さまには本当に感謝しております。

依然、被災地では日に日に亡くなられた方の数が増え続けています。
一方で、生き残られた方々は少しずつではありますが、着実に前を向いて歩いておられます。
その姿には、こちらが勇気を頂いている気持ちにすらなります。

そんな姿を見ていると、私がここで日常を止めてしまっていることに疑問を感じ始めてきました。
毎日アクセス頂いている方々からも、そう語りかけて頂いてようにも感じます。


ブログ、再開します。


なかなか写真を撮る気にはなれませんが、私なりのペースで皆さんと明るい話題を共有して行けたら、と思います。

これからも、よろしくお願いいたします。


Main Site ; Revoir...

[PR]
by revoir-dima | 2011-03-24 19:40 | Trackback | Comments(8)

しばらくの間、ブログの更新を自粛することにしました。

壊滅的な被害となった東日本三陸沖の大地震。
言葉になりません。

大勢の亡くなられた方々のご冥福と、未だ生存が確認されない方々の、
一人でも多くの方のご無事をお祈りしています。
[PR]
by revoir-dima | 2011-03-13 20:16 | Trackback | Comments(2)

< 釜山旅ぶろぐ・その4 >

さて「釜山ブログ」の続きです。

海辺に建つ「龍宮寺」からタクシーで10分ほどの場所に「機帳」というところがあります。
ここは近海で取れた新鮮な海の幸や山の幸などが一堂に集まる在来市場です。
あちらこちらにとっても鮮度のよさそうな、さまざまな海の幸がところ狭しと並び、
魚などはその場でサバいてもらえ、持ち帰ります。
それはもうものすごい手際の良さでした^^。
c0183700_2214075.jpg


c0183700_2215144.jpg


c0183700_2215728.jpg




冬には特にカニで賑わいます。
カニ専門店ではカニだけが入っている大きな水槽を置き、
活きたカニがギッシリと詰まっています(^o^)
注文したカニはアルミの鍋で一気に蒸され出てきます。
これが甘くて美味しい^^。
値段も安く、「もうイヤ」というほど食べられます。
この時期釜山に行く方は、機張は外せませんよー(^o^)!!


そんな釜山の旅行記はこちら。
釜山旅行記
Main Site ; Revoir...

[PR]
by revoir-dima | 2011-03-09 22:04 | Trackback | Comments(6)

たーくさんの皆さんの梅の便りを拝見し、どうやら本当に春が来たかと
重い腰を上げて梅を見に行ってきました。
本来私は花はニガテで、あんまり撮りません。
それでも梅や桜、チューリップなんて言葉を聞くとついついカメラを持って
出かけちゃいます。
たいしたセンスも構図も持っていないのにねー^^;

c0183700_1995846.jpg
c0183700_1910399.jpg
c0183700_1910855.jpg

お茶を点てている女性がいました。そのお姿も、春らしいですなぁ(^o^)
c0183700_19114230.jpg
c0183700_19114867.jpg


さて、こうなってくると春は急加速。まもなく桜ですね~^^!

Main Site ; Revoir...

[PR]
by revoir-dima | 2011-03-06 19:13 | Trackback | Comments(12)

昨年、奈良は「平城遷都1300年祭」で盛り上がっていました。
そのイベントの中の一つに「「はじまりの奈良、めぐる感動」フジカラーフォトコンテスト」というのがあり、
何点かの作品を応募していました。
「受賞者には直接連絡」とあったのですが、私には何の通知もなし。
「そっかぁ、ダメだったか~」と思って、今ではもうすっかり忘れていました。

ところが今日になり、突然私宛の宅配便が届きました。
「なんだ!?」と思って開けてみると、なんと賞状と景品が入っていました。
なんと、どうやら入賞していたらしいんです^^。
袋の中身はこんな感じ。
c0183700_22254050.jpg

インスタントカメラ「チェキ」、木箱に入った奈良の名産「三輪そうめん」、
そして賞状でした。
今回の受賞は「はじまりの奈良」賞。上位の賞には賞金があったようです。
今回入賞した写真はこれ。
「タイトル:飛火野の朝」
c0183700_22255939.jpg


いや~、ビックリしました。
しかし、そうめんは食べるとして、チェキは…使わんなぁ…^^;


Main Site ; Revoir...

[PR]
by revoir-dima | 2011-03-03 22:27 | Trackback | Comments(8)

< THE 新世界! > sanpo

釜山ブログはちょっとお休みして…。

先日買ったペンタックスのDA35mmF2.4AL、こいつを引っさげ試写に行ってきました。

行った場所は大阪の「新世界」。
今でこそ大阪のガイドブックにも必ず載っている、有名な観光地と化していますが
実は新世界という地名は大阪にはありません。
明治36年(1903年)に第5回内国勧業博覧会が開催たあと、博覧会終了後には遊園地が作られ、
大阪人が「これぞニューワールドや!」と騒いだことで新世界と呼ばれるようになりました。
グルメや芸能、芝居とかなりエキゾチックな街となっています。
c0183700_21545169.jpg


下はご存知通天閣!
パリの凱旋門にエッフェル塔を乗せたという斬新なデザイン。
大阪の超有名なランドマークタワーです。
地下には松竹芸能の通天閣劇場TENGEKIがあり、一番上のフロアには
福の神、「ビリケン」さんが鎮座されています。
c0183700_21585964.jpg


どストレートな看板「サンパツ」。700円とは激安に思えますが、
この界隈では衣料や食など、シンジラレナイ激安ショップが並びます。
「サンパツが700円?高いわ!650円にせぇ!」なんて声が聞こえてきそうです(^_^)
c0183700_2215057.jpg


新世界の有名な通りの「ジャンジャン横丁」。
ここもまた昭和の香りが残るアーケード街です。
有名な串カツの「だるま」をはじめ、いつも行列が出来ている有名店が
軒を連ねています。
c0183700_22275992.jpg
c0183700_22281360.jpg

娯楽施設も数多く、大阪のオッサンやおばちゃんの憩いの場として今も昔も
賑わっています。
c0183700_22305669.jpg
c0183700_2231518.jpg


大阪のレトロ空間「新世界」。
お近くの方や、大阪にお越しの際は是非立ち寄って下さいね~(^o^)丿

Main Site ; Revoir...

[PR]
by revoir-dima | 2011-03-01 22:34 | Trackback | Comments(8)