< 奈良の夏の風物詩、なら燈花会に今年も行ってきた >

一昨年、昨年と行ってきた、奈良の夏の風物詩「なら燈花会」。
前々回は、新しく買ったSONYのミラーレス「α6000」の試し撮り、
そして前回はそのα6000に新しく付けたツァイスレンズのお試しと、
それぞれ目的をもって出かけ、あくまでもその「目的」のために出会ったおねいさん方にご協力いただきました。

そして今年、ミラーレスではなくD610フルサイズを持って、燈花会の最終日に行ってきました。
今回の目的は・・・まぁ特にないんですが、職場の近所だしせっかくなので行ってきたって感じです^^;


毎回エリアを絞ってウロウロしてくるんですが、今年は浮雲園地。
今回の記事では、ここでご縁を持たせていただいたおねいさんを、ブログ掲載の許可をいただいたのでご紹介します。


まずはこちら。大阪からお越しのお二人。
お話聞くと私の家とガチ近所であることが判明。いや~世間って狭いもんですね~。

c0183700_223308.jpg








 
 
c0183700_2234214.jpg




そしてこの方たち。
同じく大阪からお越しの方。職場のお仲間だそうで、その職場もお聞きしましたがここでは伏せさせていただきます。
 
c0183700_22364526.jpg



c0183700_22372975.jpg



c0183700_22373885.jpg




この場所、写真的には構図の取りづらいとっても難しい場所で、なかなかのカメラマン泣かせですが私は泣くどころかもう楽しくって楽しくって~(^^)


出会ったおねいさん、たいへんありがとうございました。
また機会があればよろしくお願いします^^。



ってことで今年の なら燈花会 、現場からは以上です!!!











[PR]
トラックバックURL : http://revoir.exblog.jp/tb/26890964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2017-08-22 05:06
フルサイズの背景の暈けはやっぱり良いと
思いますよ、お見事バグースです。
ミラーレスよりも大型になりますがね、
魅力がありますね。
Commented by hanashigai at 2017-08-22 13:38
もうこんな季節になってしまったのか~。
兎に角暗い現場のようでピント合わせが難しそう!
四枚目以外はストロボ炊いてますが、灯りとの色合わせもばっちりですね♪
あとは手間と大がかりな機材持ちが許せば、スレーブ&デフューズで追い込みになりますが、
現実的ではないですよね~。
クリップオン(もしくは手持ちクリップオフ)で出来る範囲で撮るのも面白いですし。
浴衣のお姉さんももうすぐ見納めになりそうで寂しいです。
今週末は八月最後の週末、久しぶりに京都のいつものエリアを撮り歩きしようと思います。

冬の谷汲鉄道訪問後、悶々と考えて煮詰まっていた時に出会ったのが「いすみ鉄道」社長ブログの記事でした。
http://isumi.rail.shop-pro.jp/?eid=2746
特に上リンクの記事は日本の鉄道ありかた・問題点をズバリ御指摘されています。
読み応えありますので御興味あれば訪れてみてください。
Commented by revoir-dima at 2017-08-22 14:39
> umi_bariさん

フルサイズのボケは確かに魅力的ですねー。
今回はフルサイズで行きましたが、ミラーレスも好き。ま、気分次第です(^^)
Commented by revoir-dima at 2017-08-22 15:07
> hanashigaiさん

ありがとうございます(^^)
ストロボはまだまだ手探りで、今回のものはオレンジフィルターつけて手持ちクリップオフです。
クリップオンとどう違うのか分かりません(^^;;
試行錯誤ですが面白いですね。
以前放し飼いさんに教えていただいた、「ストロボ有り無しを試してスキルに」をやってみてる所です(^^)
8月最後の日曜日、私も京都に行く予定です。
いつもの八坂〜清水かなぁと思ってますが、何時頃予定されてます?すれ違えれればお声かけさせてください(^^)。

「いすみ鉄道」社長のブログ、拝読しました。
国鉄が民営化した経緯はともかく、なってしまったんだからしょうがない。じゃ、どうするか。ここの考え方ひとつのようですね。
放し飼いさんのブログでの私のたコメントに「すでに人気のあるローカル線はともかく」と書きましたが、キモはここでしたね。
軽く流すように書いた自分が恥ずかしいです。当たり前ですが、何もせず勝手に人気が出るわけありませんよね。。。
Commented by HiroPhoto1690 at 2017-08-22 20:13
燈花会には浴衣がにあいますね。
蝋燭の灯りを愉しむなんて若い人もやりますね(笑)
お写真はフラッシュなし(ですよね?)の4枚目が好きです(*^_^*)
Commented by monsukewc at 2017-08-22 23:52
最近、ストロボに拘ってみえるだけあって、ばっちり美しいですね^^
ストロボなしも、雰囲気あって好きですけど~^^
この場所、素敵な場所ですね!
Commented by revoir-dima at 2017-08-23 08:23
> HiroPhoto1690さん

そうこう言ってる間に、夏も終わりに向かってます。浴衣もあとひと月ほどでしょうか。
ヒロさんは今年、浴衣着られましたか?
Commented by revoir-dima at 2017-08-23 08:30
> monsukewcさん

ストロボあり、無しで撮ってどちらでも良いの、撮れたらなぁと欲張りな練習しています。
昔、長野のwoo3さんが「ストロボ使うと楽ですよー」と仰ってた意味を、今ようやく実感しています(^^)
Commented by croix7ley at 2017-08-23 15:55
なら燈花会も、まだ未経験のイベントです..
夏の風物詩、独特の夜の雰囲気が良いものですねぇ...
夜ともなれば、少しは気温も下がるでしょうし
暑がりの私でも我慢できるかもしれませんね^^;; アセ
綺麗なお嬢様方がお近くの方とわかればなお更
テンションもあがったでしょうね。
dimaさんのワクワクがこちらにもビビーンと
伝わってきました(〃▽〃)
Commented by revoir-dima at 2017-08-23 20:41
> croix7ley さん

なら燈花会はもの凄い数のボランティアさんで成り立っていて、夏のほんの10日間しか行われません。
近所ならともかく、奈良でこのタイミングを合わせるとなると難しいのかもしれませんが一応頭の隅に置いておいてください^^。
ワクワク、しますよ~^^
Commented by hanashigai at 2017-08-24 20:07
ストロボは難しいですよね。トライ&エラーで表現を作りますが、声掛けポートレートはグズグズできないので、さらに難しさを感じます。
今回はオレンジフィルターで正解だったと思います。
手持ちクリップオフは被写体に対して、発光部の高さと位置角度に自由度がありますが、不安定なのでカメラブレ対策が厄介と感じてて、僕はめったにやりません。
オフは照射位置が大きく変わるので、当たり方と影の出方が変わり、さらにストロボを離す・近づける事でそれらの強弱も調節できます。
それらのコントロールこそがオフの効果なので、ハイライトとシャドー調整を意識してストロボ光の影を見ながら撮るとわかりやすいです。
週末は祇園白川・八坂〜清水あたりを撮り歩きしようと思ってます。
時間は12時くらいをスタートにするつもりなのでもし発見していただければ、遠慮なくお声掛けください。
赤ストラップのD750をぶら下げて、柄シャツ&デニム半パン、ライムグリーンのサンダルで歩いてます。
Commented by revoir-dima at 2017-08-24 23:58
> hanashigaiさん

ありがとうございます。手持ちオフのリスクも含めて、経験のないことを色々試しているところ、て感じです。
日曜の件、ありがとうございます😊
ご縁あれば嬉しいです。ただひとつビックリしたんですが、サンダル??ですか?
健脚なんですねぇ!!
Commented by FLEKTOGON35 at 2017-09-10 19:14
ストロボ、すごく自然で皆さん綺麗ですね!
さすがです!

皆さんおっしゃるように4枚目のストロボなしの雰囲気も素敵です。

暗すぎると限界があるので、ストロボを使いこなせると幅が広がりますね。
勉強になります(^^)
Commented by revoir-dima at 2017-09-10 20:10
> FLEKTOGON35さん

ありがとうございます(^o^)
ストロボはあり、無しを色々撮ってみてスキルを上げなさい、と教わりました。
なので色々勉強中です。
もともとひとつ、純正のストロボを持ってはいたんですが全然出番なく、勿体無いなぁと思ったのが始まりで。
しばらく、ストロビストの勉強です(^^)
by revoir-dima | 2017-08-22 00:47 | Trackback | Comments(14)