< ヴォーリズ建築の大正ロマンと東華菜館 >

京都 鴨川沿い、四条大橋のたもとにある東華菜館。
四条大橋まで行くと必ず目に入り、「東華菜館」と聞いてピンと来ない方も建物見れば「あぁあれか」と分かる方が多いかと思います。

中は北京料理のレストランなんですが、この建物、実はとんでもないレトロビル。

先日スタッフの方に色々ご案内いただき、写真も撮らせていただいたのでご紹介します。


この建物、1926年竣工で約90年前のものです。
設計はあのヴォーリズさん。ヴォーリズ建築の中で唯一のレストランです。
登録有形文化財に指定されています。



c0183700_21483243.jpg






エントランス付近をはじめ、いたるところに海や山の幸をモチーフにしたデザインが施されています。



c0183700_21491125.jpg




内部もまた素晴らしいもの。
直線と曲線が織りなすスパニッシュ・バロックの世界。
レトロビル好きにはたまりません、、。

各階は細かくデザインが分けられており、壁の腰板のデザインは、それぞれの階の部屋の内装と合わせられています。

その他建築デザインに合わせて作られたヴォーリズさんデザインの調度品も、現在もそのまま使われています。


c0183700_21485784.jpg



c0183700_21492288.jpg




現在稼働しているエレベーターは手動式のもので、日本最古のもの。
格子の蛇腹扉を手で閉め、行き先階を合わせガコンガコンと動き出します。
昔、ヨーロッパの安宿を旅してた時によく見かけましたが、日本では初めて。
もっとも、本当に安いところはエレベーターなんて無いんですが、、。


c0183700_21493182.jpg



c0183700_21493896.jpg




今では北京料理店である「東華菜館」が入ってますが、元々は「矢尾政」という西洋料理店でした。
しかし戦争が始まり、西洋レストランとしてはなかなか経営がままならなくなり止むを得ず当時の当主、安井氏は中国人の友人、于永善に託しました。
そして昭和20年、「東華菜館」がオープン。
以来、大正の良き文化と風合いを丁寧に残し、今もずっと現役で使い続けられています。


c0183700_21495145.jpg





普段何となく通り過ぎているこの場所も、この記事読まれた方は次回、ちょっとだけ目を凝らして見てください。
そしてヴォーリズが生涯通してたった一つだけ手がけたレストラン建築。その細部をご覧になる。


そんな京都の過ごし方、あっても良いかもですね(^^)













[PR]
トラックバックURL : http://revoir.exblog.jp/tb/26881488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by umi_bari at 2017-08-13 01:45
アラックが全く知らない京都、いや、全く
気がつかない京都の紹介を有り難うございます。
バグースです。
京都は古い洋館がいっぱい残っていますよね。
大戦で空爆されなかったのが、本当に有り難いですね。
Commented by monsukewc at 2017-08-13 08:15
重厚で趣のある、立派な建物ですね。
なかなか、出会えず見る事できない素晴らしい建物ですね。
しかし、よく撮影させていただくことが、できましたね!
Commented by hanashigai at 2017-08-13 08:26
おはようございます。
京都と言うとお寺や神社ばかりに目を向けがちですが、近代名建築もかなりの数が残っていますよね。
此処は京都に住んでいれば知らない人はいないと思いますが、その歴史まで知っているか?となると逆に少ないと思います。
それにしてもいつも興味深い取材をされますね~。
さすがです\(^o^)/
Commented by sarusaM1 at 2017-08-13 10:16
京都にもこんなに雰囲気のある洋館が有るんですね。
京都というと、お寺や神社など和のイメージが強かったのですが。
Commented by HiroPhoto1690 at 2017-08-13 18:38
こちらの建物の前は何度も通っています。
北京料理のお店とは知りませんでした~^^:
神戸に「第一楼」というとても古いお店があるのですが中の創りが良く似ています。
子供の頃両親に連れられていきましたが今はお値段がお高いのでいけません(笑)
Commented by revoir-dima at 2017-08-14 10:50
> umi_bariさん

京都に限らず、よく行く所や地元であっても知らないところたくさんあります。
お互い、いろんな方にご紹介いただいて少しずつ変わって行けたらいいですね。ここもまたいつか訪れてみてください。
Commented by revoir-dima at 2017-08-14 10:52
> monsukewcさん

他の方がおっしゃっているように、京都は古いお寺や神社ばかりではありません。ここの他にもレトロビルはたくさん点在しています。
私は普段から何気なくそういうところにも出入りしますが、よくよく考えてみたらご案内したことありませんよね。
いつか一緒に行ってみましょう(^o^)
Commented by revoir-dima at 2017-08-14 10:57
> hanashigaiさん

ありがとうございます!
確かにその存在は知らない人はいないかもしれませんね。昨年だったか、ここでボヤ騒ぎがあり、京都や京都をする方は驚いたことだと思います。
私が訪れた際はその痕跡などは全くなく営業されていました。
この素晴らしい建築物が無事残ったことに本当にほっとしています。
思えば新風館も無くなったし、あのレトロビル、今後どうなるんですかねー。
何れにせよ、こういう京都も、PRしていきたいですね(^^)
Commented by revoir-dima at 2017-08-14 10:58
> sarusaM1さん

京都の西洋建築やレトロビルまで、意外にたくさんありますよ。
お寺や神社巡りのアクセントに、こういったところを場所や場所は朝にでも目線が変わって面白いかもしれませんよ(^^)
Commented by revoir-dima at 2017-08-14 11:00
> HiroPhoto1690さん

神戸の第一楼、調べてみたらおっしゃるようにお高い!
特別な日にしか行けませんよね〜。
こちらの北京料理店も、けしてリーズナブルとはいえませんが、まぁいうなればステータス、何でしょうかね〜。
Commented by FLEKTOGON35 at 2017-08-14 20:28
築90年ですか、すごいですね!
こんなに重厚な建物、なかなかお目にかかれませんね。
しかも京都にあるってのがまたびっくりです。

1枚目の外観なんて、日本じゃないみたいですよ。
スペインかどこかのような雰囲気ですね。

手動式のエレベーターって、映画で見たことあるかな?ってくらいです。
おそらく実物は見たことないと思います。
日本最古なんですね。

すごく大切に使われてる感じが伝わってきます。
Commented by revoir-dima at 2017-08-14 21:47
> FLEKTOGON35さん

最古のエレベーター、実は同じ年代のものが3機、残ってるそうです。
どれも丁寧にメンテされてるでしょうし、どこがナンバーワンになるんでしょうかね〜。
京都のいろんな顔、知っていただいてよかったです(^^)
Commented by conami573 at 2017-08-16 09:04
おはようございます^^

90年前にスパニッシュバロックの豪華な建築があったのも驚きですが、
そのレストランで戦前まで西洋料理を食べていた人々が
いたのも驚きですね。
中華店になって、建物を残していることも素晴らしいです。
Commented by revoir-dima at 2017-08-16 12:07
> conami573さん

大正から昭和初期に建てられたレトロビルは、京都に限らず多く保存されていますが、その外観を見てノスタルジーを感じるだけでなく、背景や歴史を少し、知るだけで見ているものが変わってきますね。
レトロビルにマニアが多いのも、頷けます(^^)
by revoir-dima | 2017-08-13 00:14 | Trackback | Comments(14)