< 京都迎賓館に行ってきた >

外国の国家元首や政府の長など、偉い方々が来られた時にお迎えし、泊まっていただく「迎賓館」。
日本には東京の「赤坂迎賓館」、京都の「京都迎賓館」のふたつがあります。

これまで年に10日ほどの一般公開日があった京都迎賓館ですが、昨年より通年一般公開となりました。
要するにお客さんいなけりゃいつでも見て良いよ、てことになっており、先日の日曜日見に行ってきました。

京都御所にある迎賓館、外からはよく見ますが中に入るのは初めて。
身体検査、荷物のエックス線検査など空港と同じセキュリティを受け、さらに荷物を預けて中に入ります。

地下にあるセキュリティゾーンは撮影禁止ですが、1階の公開エリアは写真撮影自由。ただし録画録音は、ダメです。


中はたいそう立派で、全ての調度品、天井、壁、装飾の品々が日本で最高のものを集められているって感じです。
その余りにも世間からかけ離れたゴージャスさに圧倒されながら、目の保養をしてきましたので、そのいくつかをご紹介します。



まずはこちら。

京都迎賓館最大の部屋、藤の間です。

洋食の晩餐会や歓迎式典の会場として使用される京都迎賓館最大の部屋、藤の間。
ここに飾られている西陣の綴織り(つづれおり)は眼を見張るほどの美しさで、多くの方が見入っておられました。



c0183700_23232292.jpg




 
 
そしてこちら。
日本の伝統文化を披露するために設けられた迎賓館内の能舞台。その扉に施された截金(きりかね)です。

金箔や銀箔を重ね合わせ、細く切ったものを貼り付けて文様にしているそうです。
こちらもまた魅入ってしまう繊細さと美しさです。


c0183700_23193569.jpg




洋食の晩餐会に対し、和食の晩餐会が開かれる桐の間。
畳敷、漆塗りのテーブルに座椅子。テーブルの下は掘りごたつになってました。
畳はここで使うための専用イグサを育て、使用しています。
あと、厨房も洋食用と和食用と別々です。


c0183700_23194220.jpg




さりげなく廊下に飾られている扇。「大翳(おおかざし)」といいます。
平安時代より宮中の女房方が使われた、煌びやかな最高位の扇です。


c0183700_23195272.jpg




最後、中庭の池を和舟越しに眺めるお部屋。
歴代の首相や諸外国の要人がこの池で鯉にエサをあげられ、ブータン国王夫妻はこの舟に乗ってました。
池を泳ぐ鯉、これまた一見して高そうな錦鯉が何匹もいました。


c0183700_23195986.jpg




とにかくあっちを向いてもこっちを向いても豪華豪華豪華!
もうこれでもか!ってくらいの絢爛ぶり。
庶民の私は正直、ここまでせなあかんか?って思いましたが、きっと私が世間知らずなんでしょうね。



京都迎賓館。
京都に足をお運び出来る方、一度は日本トップの迎賓館を目にしておいても良いかもしれませんよ(^^)












[PR]
トラックバックURL : http://revoir.exblog.jp/tb/26858829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hanashigai at 2017-08-04 03:46
おはようございます。
茹だるような暑さの中、こんな時間に目覚めてしまいました。
この暑さは何か?と思ったらエアコン温度設定が30℃に!たぶん猫の夏が踏んづけてピピピピッたのでしょう(;´・ω・)」
そんな事より、さっそく迎賓館に行かれたのですね?成る程、下鴨神社とセットで回れるコースです。
僕はまだ訪れてないですが、近くに在りすぎる弊害かもしれません(笑)
こういった施設は国の威信を掛けて造られるのは当たり前ですが、僕も訪れたらきっとdimaさんと同じような、
複雑な気持ちになりそうです。
ただ素晴らしい仕事をされた超一流の職人さん達の仕事は観ておきたいですね。
いつか足を運ぼうと思います。
Commented by umi_bari at 2017-08-04 04:55
京都の迎賓館も、通常の一般公開になっていたんですね、有り難いですね、バグースですよ。
離宮や御所も、全ては税金で維持されているんですから、
抽選だけはおかしいですよね。
夢は、紅葉の修学院離宮です。
Commented by conami573 at 2017-08-04 08:51
京都の迎賓館は日本美の粋ですね。
落ち着いた美しさの中に豪華で煌びやかな造りですね。
TVで観た時はアフリカからのご一行様が
お泊りになってお食事を楽しみ、池の舟に乗っておられました。
西の迎賓館、一度見てみたいです^^


Commented by GreenKetty at 2017-08-04 08:52
豪華ですね。ザ、日本の美という感じです。
日本人の技術、素晴らしいですね。一度この目で見てみたいです。
最後の、中庭の池を和舟越しに見るお部屋、粋なことを考えてますね。ここでゆっくりこの眺めに浸ってみたいです。
Commented by revoir-dima at 2017-08-04 10:07
> hanashigaiさん

おっしゃるように一流の職人さんの手仕事を体験できるだけでも価値はあるかと思います。
なかなかこういう季節に入る事は無いので珍しさもありキョロキョロと見学してきましたが、まぁ1回それでいいかな(^^;;
あまりの暑さに起きてしまった、さぞかし寝苦しかったのでしょうねぇ、、。暑さに弱い私は、ゾッとしますほ
Commented by revoir-dima at 2017-08-04 10:10
> umi_bariさん

なるほど。確かに常時公開でなくても良いですが、公開日には皆んなに見てもらうよう計らうべきですね。
この迎賓館も、御所も公開日は全員オッケーなんですが、以前はここも抽選だったと聞きます。
Commented by revoir-dima at 2017-08-04 10:13
> conami573さん

ここもまぁトンデモなく非日常な所です。
あんな調度品を家に持ってこられたら気ィ使ってしょうがないです(^^;;
平たく言えばそれ程生活感の無い空間というか。
ま、美術館ですね。
ほぼほぼ毎日行けそうなので、ぜひ京都、訪れてください(^^)
Commented by revoir-dima at 2017-08-04 10:32
> GreenKettyさん

だいたいいつでも行けるっぽいので、機会があればのぞいて見て下さい(^^)
館内は、まぁ当然と言えば当然なんですが、監視カメラだらけ。あと全ての物に触っちゃダメ。絨毯も含めてです。なので、座ることもできません。なかなかの物々しさです(^^)
Commented by HiroPhoto1690 at 2017-08-04 19:28
豪華ですね~
豪華絢爛で見てみたいなあとは思いますが、
汚しちゃいけないと思うと怖くて入れないです^^;
畳とかすごく綺麗ですもの。
Commented by revoir-dima at 2017-08-04 21:14
> HiroPhoto1690さん

畳の部屋はこの場所から見るだけです。
まぁ色々と気を使いますし、警備員は目を光らせてますし。
それでも一見の価値はあるかと思いますよ〜(^^)
Commented by FLEKTOGON35 at 2017-08-04 21:52
素晴らしいですね!
日本の最高のおもてなしでしょうか。
豪華でありながら品があり、訪れた方々は魅入られるでしょうね。
まさに日本の美ですね。

それをまた綺麗に切り取られているdimaさんが素晴らしいです。
なかなか綺麗なもの感銘を受けたものを写真で伝えるって難しいですよね。
私なんか、あとで見てがっかりばっかりです(涙)
Commented by revoir-dima at 2017-08-04 23:19
> FLEKTOGON35さん

ありがとうございます(^^)
いやいや、だいたい誰でも撮るような所を同じように撮ってるだけで、やはり後からああすれば良かったとか色々あります。
社会的にこれ以上上は無いって立場の方々がこられ、国家として迎えてもてなすわけですから、必然的にこうなるでしょうね。
Commented by kurese0535 at 2017-08-05 01:16
こんばんわです。
迎賓館!まだ行ったことありません。
いや〜、やっぱり大きくて綺麗ですね豪華ですね、
あ、当たり前ですね。
外の炎天下はは暑いのでこういうところへいくのも
よいかもと思いました。
Commented by revoir-dima at 2017-08-05 08:18
> kurese0535さん

ここにある物が超一級品であれば、それらを管理する空調もまた超一級であろうかと思います。
ほぼいつでも行けるようなので慌てていかなくてもいいでしょうが、まぁそのうち話の種に一度行って見て下さい(^^)
by revoir-dima | 2017-08-04 00:02 | Trackback | Comments(14)