< 北陸紀行 ~七尾・花嫁のれん編 >

以前のブログ記事、

< 七尾ぶらぶら 〜アーカイブより〜 >

でご紹介しました、七尾地方に伝わる風習「花嫁のれん」。
この地方での婚姻の際に行われるもので、花嫁が嫁ぎ先に持っていく花嫁道具の一つだとご紹介しました。

したがってどのお家にも、嫁いでこられたお嫁さんの数だけ、花嫁のれんがあることになります。


それらの花嫁のれんを年に一回一堂にお披露目する「花嫁のれん展」も、このGWに行われていましたので見に行ってきました。

七尾のメインストリート、一本杉通りに面した家々には、それはもう見ごたえのある花嫁のれんが並び、とってもいい目の保養が出来ました(^^)


c0183700_20122394.jpg





 
c0183700_20132012.jpg




一つひとつののれんには嫁いで来られたお嫁さんのお名前と、嫁いで来られた年月などが記されています。
それによると大正のものから昨年のものと、長くこの風習が続いているのが分かります。

しかも古い年代のものも本当に丁寧に保管と手入れがされていて、新品じゃないかと思えるほど綺麗なんです。
これには驚きました。


c0183700_20133372.jpg


c0183700_20134069.jpg




花嫁のれんを常設展示している「花嫁のれん館」で聞くところでは、時代時代で模様などに流行りがあるそうです。


また、ちなみにこの花嫁のれん館では、「花嫁のれんくぐり」体験ができます。
花嫁衣装に扮し、のれんをくぐるんですがその花嫁衣装とお化粧などなど、めちゃくちゃクォリティーが高いんです。
正直、何となく雰囲気だけ寄せるんだと思ってましたが、まんま式場に出られるほどマジに仕上げてくれます。
これは値打ちあるなぁと思いました。


c0183700_20134981.jpg


c0183700_20135792.jpg





さて、石川県七尾のでか山、花嫁のれんとご紹介した「北陸紀行」。
この後は次の目的地に向かうため、おとなりの富山県に入りました・・・









[PR]
トラックバックURL : http://revoir.exblog.jp/tb/26642630
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lovelypoodle at 2017-05-20 00:05
昔テレビドラマで花嫁のれんをテーマにしているのを
見ました。
長く続く伝統ですね〜
美しいのれん〜
Commented by hanashigai at 2017-05-20 17:34
お恥ずかしいことで花嫁のれんを存じていませんでした。
おっしゃるように大変立派なものですね。
そして現代も受け継がれている風習との事で素晴らしいですよね。
それぞれの地方ごとにまだまだ知らない伝統文化が沢山ありそうです。
Commented by precious_m at 2017-05-20 21:55
こんばんわ。
花のれんというものがあるんですね。
体験、本格的~。
年齢制限ないんでしょうか?w
女性はいくつになっても、憧れの衣装ですよね(*^-^*)
花のれん、目にも心にも鮮やかでした。

今日のインスタ写真、とっても素敵でしたよ~☆
Commented by sarusaM1 at 2017-05-21 08:49
花嫁のれん、素晴らしい風習ですね。
それぞれ趣向を凝らしていて凄いです。
花嫁のれんくぐり体験もできるんですか。
花嫁衣装に扮し、という事は男性でもできるんでしょうか?
Commented by revoir-dima at 2017-05-21 09:33
> lovelypoodle さん

へ~、テレビドラマでやってて、しかもこれがテーマになってたんですねぇ。
「花嫁のれん」そのものが何であるかなども紹介されてたんでしょうね。
写真はこれだけですが、もっともっとたくさんあって小さな商店さんにも。良いもの拝見できました~^^
Commented by revoir-dima at 2017-05-21 09:35
> hanashigai さん

おっしゃるように、地方地方でのこるこういった風習って面白いですねぇ。
こののれん、発注先が京都であるということも珍しくないようです。
Commented by revoir-dima at 2017-05-21 09:40
> precious_m さん

もちろん年齢制限はありませんよ。
私も見る前はちょっとしたコスプレくらいにしかもっていなかったんですが、実際にみて「え!!」ってくらい「本物」なんです。
で、セットものですが玄関入って和室に入り、のれんをくぐって仏壇のある部屋まで行って家長にあいさつ。その家の嫁となる、といった一連の儀式を体験できます。
がっつりと、「和」です!

インスタ、見ていただいててありがとうございます^^
まーったくよく分からなかったインスタですが、最近ちょっと、面白くなってきました^^
Commented by revoir-dima at 2017-05-21 09:46
> sarusaM1 さん

この花嫁のれんをくぐって嫁ぐという儀式は花嫁が行うもの。
男性(新郎)は関与しません。
なので男性が新郎コスチューム着てもくぐることはできません。
おっしゃるように、男性が「花嫁衣裳」でくぐるのことは出来るのか。
これはこの「花嫁のれん会館」の懐の深さ次第でしょうね。
今の世の中を鑑みれば、対応は考えておくべきかもしれませんね^^

Commented by FLEKTOGON35 at 2017-05-22 07:39
花嫁のれん、初めて知りました。
こちらではいつも色んなことを教えていただいてますm(_ _)m

いい風習といい企画ですね!
昔からのものを大切に伝えていく。
すごく素敵だと思います。
保存状態も良く新品のようなんですね!
すごく綺麗です!
いろんな思いと歴史が詰まっているんでしょうね。

「保存会」って各所にありますが、あらためて大切なことだなぁと感じました。
Commented by revoir-dima at 2017-05-22 09:51
> FLEKTOGON35さん

その土地土地で伝わる風習って、本当に千差万別ですよね。
調べ出したらきりが無いけどいろんな事が知りたい。
そちらの方は如何ですか?
これは他所には無いだろう、なんてのありますかね(^^)?
by revoir-dima | 2017-05-20 00:02 | Trackback | Comments(10)