< 東山花灯路2017に行ってきた >

3月3日から12日まで、京都では「東山花灯路」が行われていました。
東山が行灯の灯りで彩られ、色んなイベントが行われる花灯路。
すっかり京の春の風物詩となりました。

私はというと、ここ何年か何となく行きそびれてましたが今年、久しぶりに行くことが出来ました。


夕方に京都入りしたのですがまだまだ明るく、花見小路辺りをぶらぶらしてると綺麗なお着物のおねいさんと知り合えたので、色々写真を撮らせていただきました。

普段はあまりこの辺りには来ないのですが、ここもすべらないロケーションてんこ盛りです。
おねいさん方、ありがとうございました。


c0183700_23104129.jpg






c0183700_23105751.jpg




さてそんな事をしてると徐々に日が暮れだし、東山花灯路が始まりました。


東山花灯路のエリアは広く、円山公園辺りから清水さん辺りまでと、広範囲で行われます。
見るだけならともかく、撮り歩くとなるととても全部はまわれません。

なのでとりあえず八坂の塔を見て、ねねの道へと移動しました。



今回は三脚無し手持ち撮り。そもそも三脚は禁止なのかなぁ。
よく分かりませんが人が多いのは分かってるし、誰かの迷惑になるのも嫌なのでこういう場では基本、手持ちです。
出来る出来ないじゃなく、出来る事をする。出来ないならウデ上げる。
もちろん三脚必要なシーンで諸々の条件がクリアなら積極的に使います。


c0183700_2311454.jpg




さてその広い東山花灯路のエリアですが、今回はあえて石塀小路のあたりで撮影しました。
例の、あの場所です。
(ご存知ない方は→こちら


相変わらず撮禁マークはペタペタ貼られていますが、実際問題行灯並べて雰囲気出して、ここでの撮影お断りって、さすがにそれは無理でしょ(^^;;

で結果、たーくさんの方が思い思いに写真を撮り、雰囲気を楽しんでおられました。


例の記事以降色々ありましたが、結局のところ商業撮影はやはり避けるべき、
一般客は重々マナーを守って行動を、ってことだと私は解釈することにしました。

てことで、久しぶりに石塀小路でファインダーを覗きました。



c0183700_23111463.jpg



竹林を歩く秋の嵐山花灯路と違って、高さの被写体が乏しい石塀小路辺りの花灯路では、どうしてもこんな風に道撮る感じになっちゃいます。
特に上の写真、昔行ったのと同じ写真です(苦笑)
こういう所でセンスが問われるんやろなぁと思いながら撮ってましたが、私にゃこれしか思いつかんです・・・ゴメンナサイ(悲)。



c0183700_018988.jpg



c0183700_23112126.jpg



c0183700_23113292.jpg




期間中一回しか行けなかった東山花灯路。
他のエリアも見てみたいので、来年も行けたらいいな〜と思います。



この場所ついては色々ありましたが、自分なりに吹っ切るというか割り切るというか、そういう気持ちの整理ができたので、私の石塀小路、解禁します。

じゃんじゃん、撮っていきますよー(^o^)








[PR]
トラックバックURL : http://revoir.exblog.jp/tb/26480522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rinkatu at 2017-03-18 00:17
吹っ切れたぶん
いい塩梅で着物美人も加わり
あーdimaさんぽいなぁと^^
吹っ切れなくても
あるでしょうね^^
Commented by umi_bari at 2017-03-18 07:18
東山花灯路、何とも趣があって良いですね、
いつかは行ってみたいのですが、アラックは
期間限定には縁がないんですよ。
Commented by conami573 at 2017-03-18 08:39
わぁ、すてきですねー。
京の風情がなんともいい感じですね。
モデルになってくれた女性たちもきれいです。
行ってみたくなります。
Commented by monsukewc at 2017-03-18 10:04
いいっす!
京都らしさ満点で、着物おねーさんと石畳、暖かさを感じる灯り、素敵すぎます!!
久しぶりに京都へ行きたくなりました^^
Commented by revoir-dima at 2017-03-18 11:51
> rinkatuさん

おっしゃる通り、着物美人と吹っ切れたことはカンケーありません(^^;;
あくまで、いつもの感じです(^o^)
Commented by revoir-dima at 2017-03-18 11:57
> umi_bariさん

イベントや祭事にスケジュールを合わせるって難しいですよね〜。
京都はたまたま近いので、都合をつけられることもありますが。
行きたいところいっぱいありますよ(^o^)
Commented by revoir-dima at 2017-03-18 11:59
> conami573さん

この辺りは特に情緒的で「ザ・京都」な所です(^^;;
お着物姿の7〜8割は外国人の方。
撮るなら出来れば日本の方を、となるんですがなかなか難儀なんですよ(^^;;
Commented by revoir-dima at 2017-03-18 12:01
> monsukewcさん

桜の京都、新緑の京都と続きます。
差し当たっては祇園の夜桜ですかねー。
ささ、参りましょうぞ(^o^)//
Commented by sarusaM1 at 2017-03-18 15:21
東山花灯路、行ってみたいな~と思いつつなかなか行けてません(^^;
特に花粉症デビューしてから遠出するのが億劫になってます。
でもこんなに綺麗なお写真を拝見すると行きたくなります。
来年あたり車で行きたいですね。
車なら閉め切って行けば花粉の影響も少なくなりそう?なので。
ただ駐車場が心配ですね。
駐車場に困っている時スモールライトが有れば車をカバンにしまえるのに、と思いますが、
どこでもドアの方が楽ですね。
Commented by croix7ley at 2017-03-18 16:43
わ~、行かれましたか!!(〃▽〃)

私は昨年でもうクタクタになってしまったんですが
まるで違うこの東山の夜の静寂の雰囲気....
dimaさんの手にかかると、この地帯が魔法にかかってしまうんですね^^
2枚目が特にお気に入りです。
古都の風情ある灯路に和服姿のお姉さま方...
あぁ,,,なんて素敵なシーンなのでしょう。
石塀小路・・・dimaさんの見解はおおいに賛成です^^
私もこの精神でカメラを向けてきた次第です...
しっかりマナーを守っていきます...

どうしよう、花灯路来年は行きたくなってきた...ε=(・。・;)
Commented by revoir-dima at 2017-03-18 17:34
> sarusaM1さん

花粉症で悩まされておられるのですねぇ。
外に出るのが億劫であれば遠出はなおさらですね。
京都へはパークアンドライドが一番だと思います。
ある程度京都を知っていないと車で市内は時間の無駄ですので。
花灯路は終わりましたが、次は桜のラストアップが始まりますよ(^^)
Commented by revoir-dima at 2017-03-18 17:39
> croix7leyさん

昨年はクタクタでしたか(^^;;
私はそうなるのが嫌なので一ヶ所かせいぜい近くの2ヶ所でじっくりと、というパターンにしています。
どうしても全部まわりたくなりますが、ガマンです(^^)。
そんなまわり方しても、「撮る」というより証拠写真を撮ってまわる事にしか私はならないので(^^;;
この先祇園白川の夜桜もあるし何やかんや京都が元気になって行きます。
関われる範囲で楽しみましょう(^o^)
Commented by hanashigai at 2017-03-18 19:05
東山花灯路の遠征お疲れ様でした。
好い出会にも恵まれたようで素敵な春の京都風情ばかりですね。
僕は石塀小路は撮らずに一回歩いただけで終えましたが、
dimaさんや他の方々の写真で楽しませて貰えて良かったです。
此れから盛りだくさんの季節がはじまります♪本当に楽しみですね\(^o^)/

Commented by tora0405 at 2017-03-18 19:15
東山花灯路行かれたのですね。前は毎年のように行っていたのですが、今年は行けませんでした。キツネの花嫁さんを撮るのが面白くて・・・・!(^^)!
石塀小路、結局、解禁なのですね。
あれだけ、並べておいて禁止はないですよね。
どのショットも趣があってステキですね。
Commented by revoir-dima at 2017-03-18 22:45
> hanashigaiさん

そうですね、花灯路は始まりに過ぎません。
京都に限らず今年の桜、どれだけ追いかけられるか、毎年のことながらスケジュール帳とにらめっこの毎日です。
楽しみですね〜(^^)
Commented by revoir-dima at 2017-03-18 22:51
> tora0405さん

キツネの花嫁さん、、、あれはちょっとクォリティ低いですよねぇ。
そもそも必要かるのか??てギモンもあります。(^^;;
他のエリアをとにかく回ってないので、次回は行ってみたいですね。
Commented by kurese0535 at 2017-03-19 21:03
こんばんわです。
うーん、うまい!!お見事です。
人もいっぱいだったと思いますが良い感じの人の写り込みですね。
ひたすら無人を狙おうとする自分には撮れない画です。
来年、参考にさせてもらって撮り方から変えてみようかと思いました。
石塀小路もこの期間はOKだったんですね。
あと毎回、広告のようなオリジナルのラベル?(この記事は[KYOTOSTORY])もいいですね〜(^-^)
Commented by FLEKTOGON35 at 2017-03-20 17:41
とてもイイ雰囲気ですね!
お姉さんも灯りも石畳も綺麗ですごく素敵なんですが、
特に2枚目は緑の暖簾と赤い提灯が映えていて綺麗ですね!

あぁ、京都も撮り歩きたいなぁ。
ゆったり時間をとって、のんびり歩いてみたいです。
Commented by revoir-dima at 2017-03-20 20:37
> kurese0535さん

ありがとうございます(^^)
私も昔はひたすら無人狙いでイライラし、結果どうにもならないって感じでした。懐かしく思い出します。
こういう場所はとにかく人が多いですよね。ご存知の通り、ここもそうです。
画角をちょっと引くと、ワシャワシャいます。
そう感じさせないように撮るにはいくつかコツというか要領があります。
まずはとにかく画角を絞ることです。姑息ですが効果あるかと思ってます。
画面のアレンジは、、、ま、時々気が向いたら入れる感じです(^^)
Commented by revoir-dima at 2017-03-20 20:39
> FLEKTOGON35さん

2枚目、人気ありますねぇ。花灯路とは直接関係ないショットなんですが(^^;;
京都は逃げません。いつでもFLEKTOGON35さんをまってますよ〜(^^)
by revoir-dima | 2017-03-18 00:03 | Trackback | Comments(20)