< 日野ひなまつり紀行と桟敷窓 >

近江商人を輩出した東近江の三つの町、近江八幡と先日ご紹介した五箇荘、そしてもう一つが「日野」という町です。
ここ日野もまたこの季節、お雛さんにまつわるイベントを行っているというので行ってきました。


c0183700_23105135.jpg





決して大きくない日野の町は三つの中では残念ながら一番知名度も認知度も低い町です。
先の二つの町に比べ、分かりやすい土塀蔵であったり鯉の泳ぐ堀であったりというのが無く、何となく地味な町です。
(知らないだけでそういう通りがあるのかもしれませんが)

そんな小さな近江商人の町にもたくさんのお雛さんが飾られていて、この時期のメイン通りは沢山の方がお雛さんを見に来られていました。

江戸時代から現代までのひな人形が華やかに飾られていて、古いものでは280年前の「享保雛」といわれるものも飾られていました。


c0183700_2311201.jpg




ここ日野には全国的にもここだけという珍しい窓が各家々にあります。
「桟敷窓(さじきまど)」といいます。

800年以上続く県内屈指のお祭り、「日野祭」が毎年5月に行われます。
昔から日野の人々はこの祭りを座敷に居ながらにして見るために、道路に面した塀をくり抜きました。
これが「桟敷窓」。

けして古い家屋だけにあるのではなく、最近建てられたお家も桟敷窓が作られていました。


c0183700_23113952.jpg




本来は家の中から桟敷窓を通して外の祭りを見るものですが、ひなまつり紀行の間だけは家の中に様々なひな人形を飾り、外から桟敷窓を通して中を拝見し、楽しませてもらえるようになっています。


c0183700_23115210.jpg




五個荘ほどの古い町並みは残っていませんが日野には日野の、他にない特徴を持つ町であり、時代を現代に移しながらもその伝統を受け継いだ建築を守り、脈々と伝えて行こうとする日野の人たちの心を感じた気がしました。



初めて知って、初めて見た桟敷窓と日野の町。
これだから、旅はやめられない。


改めてそう感じた、日野のひなまつり紀行でした。










[PR]
トラックバックURL : http://revoir.exblog.jp/tb/26466683
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nararanran at 2017-03-03 16:11
はぁ~~~~
さすがdimaさんやなぁ~
ええ写真を撮りますね^^
ため息ばかりでますわ(^-^)
Commented by revoir-dima at 2017-03-03 20:38
> nararanran さん

いや~ちょっと言い過ぎですよぉ^^。
ホントはこの時期、ボツ記事だったんですがネタ不足により急遽記事化しました。
桟敷窓、うまく伝わってますかねぇ^^;?
Commented by conami573 at 2017-03-03 21:39
こんばんは^^
本当に写真は素晴らしいし、また
この地方の風習がすてきですね。
なんとも言えない心意気を感じます。
すてきな写真をありがとうございます。
Commented by revoir-dima at 2017-03-04 09:28
> conami573さん

ありがとうございます。
なんとなく、桟敷窓が分かっていただけたら嬉しいです。
色々調べましたが、やはりかなり珍しい風習というか伝統のようで、通りを歩いても桟敷窓がずらっと並ぶ実物を見るとなんか感動してしまいます(^^)
Commented by hanashigai at 2017-03-04 18:24
お忙しくされてるにも関わらず、情報収集を怠らずアクティブに撮られてますね!
そして写真はもちろん、レポートも読み応えがあって素晴らしい。
僕も見習わなければなりません。
Commented by revoir-dima at 2017-03-04 20:38
> hanashigai さん

本当はこの日、鞆の浦に行く予定だったんですが用事が入り近場でどこかないだろうかと探したのがここでした。
行ってみたら何だかんだと楽しめちゃいました^^。
行けなかった鞆の浦は、また来年です^^;
Commented by tora0405 at 2017-03-06 23:11
情緒があって、素敵ですね。
古い町並みの中で、こんなに由緒あるお雛様を見れるなんて、素晴らしいです。
大阪でも、こんなイベントがあればいいのにと思います。
船場のお雛様巡りは、今年も行ってきましたが、写真撮影が出来ない所もあって、撮影目当てではちょっと残念な感じです。
Commented by revoir-dima at 2017-03-06 23:21
> tora0405 さん

大阪も南の方に行くとこういう感じでお雛さんを披露しているところがあると聞きます。
ただ、もっと身近な「地元」のお雛さんをちょっと調べてみようかという気になっています。
船場でのお雛さま、撮影禁止?!
ちょっと本末転倒な気もしますが・・・
by revoir-dima | 2017-03-03 00:21 | Trackback | Comments(8)