< 七尾ぶらぶら 〜アーカイブより〜 >

いや〜、大変です。。。

色々あって行こうとしていた撮影に行けず、従って自転車操業の当ブログも更新できず、この年の瀬にホントにもう!!って感じの毎日が続いています。

私のブログでこんな時はどうするかというと、、、いつものアレ、アーカイブシリーズです(^^)

前回最後のアーカイブシリーズは今年の2月初め。
あれから約10ヶ月もネタ切れする事なく、アーカイブシリーズも無しにやって来れたのは我ながらよく頑張ったと思っています(^^;;


ブログとは別にFacebookやInstagramなど、SNSに投稿している写真を移植したアーカイブシリーズ。
毎回こじ付けたような何かのテーマでくくったものをチョイス。
今回のくくりは「七尾ぶらぶら」です。


今年10月、石川県は能登半島の真ん中あたりにある「七尾」というところに行ってきました。
以前から「いつか行ってみたいとこリスト」に入ってた所です。
そこて撮ってきた写真を何枚か。


まず1枚目。

七尾地方に伝わる「花嫁のれん」という風習があります。
この地方での婚姻の際に行われるもので、花嫁が嫁ぎ先に持っていく花嫁道具の一つです。

嫁入りの際に婚家で持参したのれんを仏間にかけ、くぐります。
この時の、たった一度だけ使われるものです。

嫁ぐ先の家紋を染め抜いた加賀友禅で仕立て上げられた美しい花嫁のれんを拝見できました。

c0183700_15331327.jpg



次がこれ。

同じく七尾地方で昔から続く婚礼儀礼のひとつ「合わせ水」。
婚家の敷居を嫁として越える「敷居またぎ」と言われる場で花嫁の覚悟を示す儀式です。

c0183700_15341548.jpg



「祝言」という言葉があります。
もちろん現在でも使われ、通じる言葉ですが一般性は失われつつありますね。

しかしこうした地方の独特の風習を見聞きするたび、そこに住む人たちが結ばれる婚姻が「結婚式」ではなく「祝言」であり、それがいつまでもいつまでも残っていくといいな、と私は思います。


七尾市にある加賀町。
有名な旅館「加賀屋」のある所です。

ここに世界的なパティシエ、辻口博啓さんが展開するスィーツ店「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」があります。
ここで撮ったのが最後の一枚です。

私はカフェやレストランなどでは可能な限りの努力をして窓際に座ります。

七尾の海をバックに、波を模したかのような薄いチョコ飾りを綺麗に撮りたくて配置。
そのままだと背景が明る過ぎるので紙ナプキンで光を起こし、それでも足りない気がしてスマホのライトで補っています。
よ〜く見るとスマホのLED感が出ていますが、どこに出すわけでもない写真なので「ま、いっか(^^;;」な写真です。

お味の方は、ベリーの酸味が程よく効いた、さすがに美味しいものでした。

c0183700_23244717.jpg





さて、以上で今回のアーカイブ終わりです。

街はすっかりクリスマスモードだしイルミネーションなんかも行われてます。
なんで今年はこんなに時間が無いんだろう?

ま、とりあえす週末は写真展なのでその様子はお伝え出来るかもです(^^)。







写真展「2016/12/10展WEST」に参加します。
c0183700_23493266.png


【開催日】
2016年12月9日(金)・10日(土)
9日 12:00~20:00
10日 12:00~19:00

【会場】
イロリムラ[89]画廊1F・2F
大阪市北区中崎1丁目4番15号
TEL:06-6376-0593 (電話受付 10:00~18:00)
http://irori2005.com/












.
[PR]
トラックバックURL : http://revoir.exblog.jp/tb/26211632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kanazawakomati at 2016-12-09 15:26
そういや七尾の記事見てませんでしたね
FBで見てたので気付きませんでした(^-^;

花嫁のれん館で見られたんですか?一本杉通りの方かな?
今回のれんをくぐる別嬪さんはいないのかしら??
2月になるとたっくさんのお雛様が見れますのでまた七尾へいらしてくださいね♪( ´θ`)
Commented by hanashigai at 2016-12-09 20:18
いつも安定感のある写真を撮られるなぁ!と思い拝見してます。
「ちゃんと撮れる」ってのが根幹にあって、そこから表現に向かってる印象です。
それは例えば媒体によって細かく撮り方を変えるようなイメージで、もちろん好き&得意な撮り方は様々あれども「見せ方の基本」を「抑えられるが、敢えてこう見せる」と云う自負を感じます。
画像情報として不必要なものも極力排除して伝える写真とテキスト、流石ですね♪
Commented by revoir-dima at 2016-12-10 09:48
> kanazawakomatiさん

興味持って行ったけどピンと来ないので記事にしてないのは結構ありますねぇ。
ま、ピンと来ないのでしょうがないです。
のれんはのれん館です。2月、何あるんですか?
Commented by revoir-dima at 2016-12-10 09:58
> hanashigaiさん

あ、ありがとうございます。なんかそこまで仰って頂くと恥ずかしいですよぉ(^^;;
その都度その都度は、こんな風に撮ったらカッコいいななぁ、、みたいな感覚で撮ってますし、カメラを持たない時にも眼に映るものに対し構図を考えていて、これはもう反射的に、ほぼ無意識にそうなってしまってます。
自分的には無難な構図しか思いつかず、もっと挑戦的な、攻撃的な方向に殻を破ってみたいと思いつつも気がつけば居心地のいい椅子を探して座ってしまってます。
つまり、引き出しが少ないんですよ(^^;;
ま、趣味なので楽しけりゃいいんですけどね(^^)
ともあれ、過分なお言葉、ありがとうございます。
Commented by monsukewc at 2016-12-10 10:21
どの写真も美しいですね!
窓際に座ったり、スマホライトを使ったりと、さすがのこだわりですね。
でも確かに、いいアイデアですね。
私はいつもテキトー写真なので、参考にさせていただきます^^v
Commented by revoir-dima at 2016-12-10 11:57
> monsukewcさん

すべて自己満足ですからねぇ。
いろんな店で出てきた料理とかをスマホで気軽にパシャパシャ撮る自由さも、それはそれで良いわけで…。
ただ、料理撮影禁止の店はその理由に「不味そうに撮られて拡散され、評判が落ちる」のを嫌う、てのもあるようです。
オーケーしてくれる以上可能な範囲で美味しそうに撮るようにはしないと、いつかそのお店でもNGになる可能性も無くは無いかもです。
Commented by FLEKTOGON35 at 2016-12-11 21:12
いずれもCMのような、上の方が仰ってるように安定感を感じます。
旅先でこの安定感ですから、スタジオで撮ったりするともっともっと素晴らしい仕上がりなでしょうね。
見てみたいです!

そうですね、もう12月も中旬になろうとしています。
何か忘れていないか今色々と思い出そうとしていますが、
少しのビールと焼酎で思い出せそうにありません^^;
Commented by revoir-dima at 2016-12-12 10:36
> FLEKTOGON35さん

スタジオ撮りとか全く知識がないので勉強したいんですが、使い所がよく分からんのです。
出先の光を多少見て浅い工夫をするのが精一杯です(^^;;
あとはPCでゴチャゴチャさせて楽しいんですよね〜(^^)。
FLEKTOGON35さんのブツ撮りも凄いじゃないですかぁ。ライティングとかカッコいいし。
12月も半ば。まだ年賀状に手を出せてません。。。
Commented by kanazawakomati at 2016-12-13 00:42
圧巻のひな祭りがあります(*^^*)
http://monogatari.hokuriku-imageup.org/news/2014/02/25/10949/
これ見れますか?
もし興味があればですが…

私は飲食店でカメラを出すことはほぼないです
たまにiPhoneで1、2枚撮るくらい
理由は短い時間に「美味しそう」に「綺麗」に撮る自信がないのと「早く食べたい」からです♪(´ε` )
Commented by revoir-dima at 2016-12-13 08:47
> kanazawakomatiさん

なるほどお。そういえばそういう時期ですね。
2月も、忙しくなるのかなぁ・・・(^^;;
飲食店での撮影は、儀式なので。程々にはしておくように心がけてます笑
by revoir-dima | 2016-12-09 10:15 | Trackback | Comments(10)