< 哀調おわら節に酔う、越中八尾・おわら風の盆に行ってきた >

9月に入り、あの季節がやってきました。

江戸時代に起源を持つといわれる、富山県八尾に伝わる祭り行事、おわら風の盆。
朗々とした唄声、繊細な胡弓の音色、哀調のある三味線、そして妖艶な踊り。

今年もまた、あの空気に包まれに行ってきました。



写真もたくさん撮ってきましたが、私のウデでは新たにハッとするような写真を撮る事も出来ず、代わり映えのしない映像ばかりですので今回はモノクロでイメージ的にしてみました。

おわらをモノクロにしたのは初めてです。


そんな何枚かを交えながら、「おわら風の盆」そのものについて少し、書かせていただきます。



c0183700_23292643.jpg






先に書いたように、おわら風の盆の起源は江戸時代。

その昔、米屋少兵衛という人物が加賀藩より「ここに町を作って良いですよ」という許可証「町建御墨付文書」を頂き、八尾に町を作りました。

彼は今で言う銀行のような業わいをしており、藩への上納ができない者へ資金を貸し、後日利子をつけて返してもらっていました。

しかし景気もだんだん悪くなっていき貸し倒れが増え、ついに八尾を去り水口村というところに移り住みます。
その際藩からいただいた「町建御墨付文書」も持って出ました。



c0183700_23294070.jpg




数十年経ち、藩は「町建御墨付文書」の返還を要求。
しかし少兵衛の子孫はそれに応じませんでした。

困った役人は一計を案じ、桜のころ花見だと言ってたくさんの酒や肴、芸人を伴い水口村の米屋を訪ね大宴会を開きます。
宴が大盛り上がりをしている間に、こっそりと米屋の蔵から「町建て」の書類を盗み出し、持ち帰りました。


無事書類が戻ったことを祝い、役人は三日間昼夜を問わず、にぎやかに歌い踊って町を練り歩いてよろしいというお触れを出しました。

それが、おわら風の盆の始まりだといわれています。


最初の頃はお花見の時期にやっていたのが盂蘭盆の時期となり、やがて台風の多い今の9月、風雨災害の無事を祈り五穀豊穣を祈る祭りへと変わっていきました。



c0183700_23294770.jpg




その後八尾に伝わる祭りとして洗練されていき、八尾地域で歌い継がれている民謡「越中おわら節」に乗せ力強い男踊り、妖艶な女踊りで見る者を魅了する祭りになって行きました。



写真のコピーとして入れているのは民謡・越中おわら節の中でも代表的で、
八尾の春夏秋冬を読んだ「八尾四季」。

この他にもおわら節に三千を超える唄があるんだそうです。



c0183700_23295938.jpg






坂の町、古い町並み、灯る雪洞。


むせぶような唄声に哀愁漂う胡弓の音色、三味線、太鼓の音。


深く編笠を被る男女。
無言の踊り。



また一年が過ぎこの時期になると、八尾の町にこの身を置きたくなるんでしょうね〜。


越中八尾・おわら風の盆、お越しください。









.
[PR]
トラックバックURL : http://revoir.exblog.jp/tb/25960465
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from モンスケ&#39;ず ふ.. at 2016-09-10 17:38
タイトル : おわら風の盆 2016
富山県は八尾の祭り「おわら風の盆」 毎年9月1日から3日まで開催されており、今年は最終日が土曜日だったので、3年ぶりに行ってきました! カメラを始めて、初めての遠征も、4年前のおわら風の盆でした。 たくさんのカメラ仲間も集まり、楽しい時間を過ごせました~^^ その様子は、次回「番外編」で・・・ 今年は(も!?)踊りの写真は、ほぼ全滅状態・・・ 超人気で有名な祭りは、観光客の数も半端ない!! 一番人気の諏訪町。 人だかりがすごく、全然思うように撮れません・・・^^: ...... more
Commented by kanazawakomati at 2016-09-09 14:57
dimaさんのおわら待ってました(^^)
モノクロもいいものですね〜

謂れまでは知りませんでした
勉強になります♪

今ではすっかり胡弓が定着してますがずっと昔は琴だったと地元の商店の方が仰ってました
行かないとわからないこと、調べないとわからないこと色々ありますね(*^^*)
Commented by rinkatu at 2016-09-09 17:28
モノクロによって
おわらが昔へタイムスリップしたように^^
いいなぁ~モノクロ!
Commented by hanashigai at 2016-09-09 19:39
おわら風の盆、恋い焦がれるように憧れるお祭りのひとつです。
先日、今年の祭りが気になってググってみたりYouTube検索していましたので、
ブログで拝見できて嬉しいです。
今年の夏は郡上八幡に始まり、郡上八幡で終わりましたが、
いつかはおわら風の盆で締めくくって次の季節を迎えたいと思っています。
それにしてもこの祭りの「起源」・・・米屋小兵衛の子孫達のその後も気になりますね~。
Commented by revoir-dima at 2016-09-09 21:04
> kanazawakomatiさん

ずっと昔は琴!だとすると流しは難しそうなので、「流し」の形が出来上がる前なのでしょうか。
確かに行ってわかること、興味を持って調べて初めて知ることは多いですね。
ほんと世の中知らないことだらけ。
もっともっと色々知るために、旅したいです(^^)
Commented by revoir-dima at 2016-09-09 21:06
> rinkatuさん

元々のおわらがどんな感じだったのか色々と想像や空想は尽きません。
シンプルなものである程、想像が自由になる気がしませんか(^^)?
Commented by revoir-dima at 2016-09-09 21:12
> hanashigaiさん

郡上で始まり郡上で終わる夏かぁ。
魅力のある所なので、ひと夏じっくりと追いかけるに十分すぎる場所。しかも季節を変えてまた楽しめる所ですしね。
米屋少兵衛のその後ですかぁ。今回色々調べましたが、どこも「風の盆」に繋がる話ばかりで米屋についての記述は見ませんでした。
自分がその立場なら、、、ひとモメするでしょうね〜。だって、パクって行ったんですよ(^^;;
Commented by monsukewc at 2016-09-10 17:37
全編モノクロも、すごくいい雰囲気ですね~。
おわらの起源も、初めて知りました。
このようなことを知ることも大切ですね。
コピーもいい感じ~^^
TBいただきます!
Commented by revoir-dima at 2016-09-11 10:04
> monsukewcさん

モンスケさん、先日はお疲れ様でした。
私も今回初めておわらそのものを知ろうと勉強しました。
今の洗練した優雅な伝統はどこから来たのか。
こういうのを知ると今の姿を表面的に見て撮るだけでなく、少し、想いも違って楽しむことが出来そうな気がします。
ただそれを表現できるかどうかは別の話ですけどね(^^;;
Commented by FLEKTOGON35 at 2016-09-12 07:35
各地、祭りの由来は深いですね。
ただ楽しんでる祭りにも長い歴史があり、深い意味があると思うと、地元の祭りのことも色々と調べてみたくなりました。

子供の頃にこんな興味を持てていたら、歴史をちゃんと勉強してたのに...(恥)

以前の記事も拝見しました。
今回のモノクロの雰囲気もイイですね!
すごく引き込まれました。
Commented by revoir-dima at 2016-09-13 06:43
> FLEKTOGON35さん

大きな祭りも小さな祭りも必ず歴史があります。
起源を遡っても「わからない」ってのもあるかもしれませんが、それもまた神秘性が増して面白いと思います。
お近くのそういうの、写真とともにご紹介して下さいなー(^^)
Commented by ikeike2525 at 2016-09-14 15:16
こんにちは。ようやくおわらの現像が終わりみなさんのところにコメントを残す余裕が出てきました。
いや~、こうきましたかっ!!勉強になります。
3枚目が特に堪りません。空気感が半端無いです。ノックダウンです!!
Commented by revoir-dima at 2016-09-14 15:31
> ikeike2525さん

そんなたいそうなぁ(^^;;
皆さんの写真に真っ向勝負しても全く勝ち目を見出せないのでこんな風にしてみただけですよぉ。
まぁ勝ち負けでは無いですけどね(^^;;
とりあえず現時点ではもう引き出しありませんので、来年はどうなることやら、、って、もう来年行く気になってますねぇ。。。
私は私のおわら、見つけていきたいと思います。
by revoir-dima | 2016-09-09 14:36 | Trackback(1) | Comments(12)