< 京都の新緑、吸いこんだるねん2016・宝泉院 >

夕刻、貴船を後にし私たちはもう一つの奥座敷、大原へとやってきました。
ここもまた超一級の観光名所です。

ただそれもお昼間の間だけ。
それぞれの寺社が閉門となり、陽が暮れだすと人っ子ひとり、誰もいなくなります。

しーんと静まり返った大原に着いたのは18時前。
誰もいない三千院の前をしばらくウロウロしていると、ポツリ、ポツリと人が集まりだします。


数年ぶりに、「宝泉院 春の夜灯り」にやってきました。


午後6時を回ってもまだ少し明るく、お寺の方も「もう少し暗くなったらご案内します」と。
それまでの間ライトアップされた勝林院を散策していました。


c0183700_2124572.jpg






 
 
静か。

本当に静かです。

聞こえるのは時おり吹く風に揺れる木々の葉音と、
大原の山にこだまする鳥の声。



本堂に入ってみました。
金色の阿弥陀如来が優しい微笑みで私たちを迎えていました。


c0183700_2133616.jpg



堂内は撮影オーケーなので、色々撮影している中、近くにいたカップルさんに声をかけこんな風に立っていただきました。

c0183700_227544.jpg




そして、宝泉院への案内が始まりました。


大原の山を借景とした竹林。
それを眺める額縁庭園。

c0183700_22123178.jpg


正面には樹齢700年といわれる五葉の松。


c0183700_2271647.jpg


そして徐々に暗さが増していき、静寂のみとなります。

そこに浮かぶ絵画のような庭園。

実に、美しいです。

c0183700_2212409.jpg


c0183700_2212533.jpg



最初こそ10数名の方が鑑賞されてましたが一人、また一人と帰って行かれ、最後には私たち二人だけになりました。
その直前、まだ先ほどのカップルさんがおられたので、またまたモデル役をお願いしました。
とても明るく仲の良さそうなお二人さん。どうもありがとうございました。

c0183700_22125991.jpg



宝泉院の庭園は「盤桓園(ばんかんえん)」と名付けられており「立ち去りがたい」という意味。

まさに時を忘れ、いつまでも見ていたい幽玄なお庭でした。

c0183700_2214538.jpg




以上で今年の京都・新緑3部作を終わります。


鞍馬では牛若丸が見たであろう新緑に出会い、
貴船ではしっとりとした瑞々しい新緑に出会い、
そして宝泉院では静まりかえった大原の里に浮かぶ幽玄な新緑に出会った、

そんな一日でした。




最後に昨年と同じく、この言葉で締めたいと思います。


みなさん、赤や黄色に彩られた秋の京都は行かれたことありますか?

ピンクに染まった桜の京都、行かれたことありますか?



初夏の緑の京都。


ぜひ一度お越しください。










.
[PR]
Commented by rinkatu at 2016-05-15 08:25
ライトアップと額縁いいっすね~
京都で貸し切り状態を掴むdimaさん流石です!!
こういうの見れたら
次にはこれ以上の見ないと満足できなさそう(^^;
Commented by yosshy_z at 2016-05-15 20:08
なんと!! このすばらしい景色を貸切り状態でしたか!!?? (@0@)Oh~!!
これ以上の贅沢はないですよ!!
堂内撮影OKなのもありがたい。
GWの最中だし、貴船の感じからもっとすごい人を予想していたのですが
こらもう、この日いちばんのサプライズですね。
人をさばいて撮影するどころか、ひとり占め(ふたり占め!?)だったわけですね~ (^^)
いや~、途中離脱せなあかんかったことが悔やまれますわ (><;)
Commented by monsukewc at 2016-05-15 20:22
額縁庭園の切り取り方、素晴らしいですね~。
私は悪戦苦闘していました^^:
ほんと、カップルさんには、良い仕事してもらいましたね~。
新緑を楽しむことができ、良かったです^^
TBいただいていきます!
Commented by revoir-dima at 2016-05-15 21:56
> rinkatu さん

確かに、いつどこへ行っても人が多いイメージの京都ですが、
実はこういうところもあるんです。
きっとまだまだ知らないすごいところがあるんだと思います。
めいいっぱいアンテナ伸ばして、色んな所に遊びに行きたいと思います^^
Commented by revoir-dima at 2016-05-15 22:01
> yosshy_z さん

実はここ、前回行った時もそうでしたが人が居ないことは分かっていました。
ただこれほどとは正直思っていませんでしたのでもうワクワクが止まらない感じでした^^。
秋の紅葉もライトップするようです。
そちらはまだ行った事ありませんが、さすがに人は多いんだと踏んでいます。
なのでGWのみの、新緑ライトアップは見逃せません。
ヨッシーさんも来年以降、ちょっと遠いですがぜひ足を運んでみてください。
超絶オススメですよ~^^
Commented by revoir-dima at 2016-05-15 22:04
> monsukewc さん

モンスケさん、京都の新緑、昼と夜をご一緒させていただきましたがなかなかのものだったでしょ^^。
今の時期の京都は本当に穴場だらけなんです。
今回のスケジュールはわりとゆっくりできたので、この位が丁度良かったな~と思っています。
またいつかどっか行きましょう^^!
こちらもTBいただきました^^
Commented by hanashigai at 2016-05-17 12:34
夕方の大原・三千院辺りは参道の土産屋さんも閉まるので、
静寂そのもので好いですよね♪
最近「新緑キャンペーン」を見かける事が多くなってきました。
「紅葉の美しい場所は新緑も」なのですが、
幸いに人が少なくてゆっくり撮れる貴重な時期でもあります。
先日の週末、叡電を乗りちぎって来ましたが、
紅葉時期のような座席の取り合いも、無く穏やかな雰囲気にホッコリして過ごしました。
もう暫くコレを楽しみたいですね~♪
Commented by revoir-dima at 2016-05-18 11:28
> hanashigaiさん

この辺りの夜のひっそり感、昼間の賑やかさからのギャップが大きすぎて、なんか怖くなるくらいですよね。
新緑キャンペーンですかぁ。
せっかくこの時期だけはゆっくり回れるのになぁ、、、なんて思う所もありますが、客足が落ちる時期でもあるということですね。



Commented by sarusaM1 at 2016-05-18 14:07
京都にはほとんど秋の紅葉の時期にしか行ってないのですが、
新緑の時期など、他の時期も良いですね(^^)
紅葉だけでなく、新緑もライトアップされているんですね。
Commented by revoir-dima at 2016-05-18 18:04
> sarusaM1さん

確かに秋の紅葉は格別ですから、それはそれで見応えありますからね〜。
ですが、一年を通して、自然、気候、人出が一番マッチするのはやはり今の時期。
いつか来られる機会があるなら、ぜひ今の時期がオススメです。
Commented by hikarigraphy at 2016-05-18 20:29
こんばんは(^^♪
ライトアップされた額縁庭園も素敵ですね。
昼間に比べると室内が暗いので庭園が引き立って見えます。
昼間は銀塩カメラ、夜はデジタルカメラで撮影したような印象です♪
京都シリーズを堪能させていただきましたが、

>鞍馬では牛若丸が見たであろう新緑に出会い、
>貴船ではしっとりとした瑞々しい新緑に出会い、
>そして宝泉院では静まりかえった大原の里に浮かぶ幽玄>な新緑に出会った、

まさにこのコメント通りの印象で満足させてもらいました^^
Commented by kwc_photo at 2016-05-19 12:11
おお~、ライトアップ行かれましたか。
私は昼間に大原をあるきましたが、宝泉院は団体さんが入った
っぽかったのでパスしました(^_^;)
ライトアップ、なかなか夜のイベントに出るのが厳しいので
行きたいけど行けないんですよね。見せてもらえて嬉しいです。
中井貴一如来さま(勝手にこう呼んでます。)、相変わらず男前ですね。
ここは如来様の撮影が許されているので嬉しいです。
Commented by revoir-dima at 2016-05-19 22:12
> hikarigraphy さん

今年の京都の新緑、楽しんでいただけましたでしょうか^^。
私は、めいいっぱい楽しんできました(^o^)
宝泉院の新緑ライトアップ、本当に幻想的できれいでした。
昼間は銀塩、夜はデジタル。
そんな使い方、してみたいものです。
銀塩持ってませんが^^;
早くも来年はどこへ行こうか情報集めながら思案中です。紅葉もあるのにね~。
ここのクォリティはなかなか出会えないと思いますが・・・
Commented by revoir-dima at 2016-05-19 22:15
> kwc_photo さん

やはり昼間の大原は人が多かったようですね。
ここは東山同様、年中人が多いところだと思います。
夜にはし~んと静まり返るんですが。。。
中井貴一かぁ。そう言われればそんな風に見えてきちゃうから不思議です・・・^^。
Commented at 2016-06-03 15:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by revoir-dima at 2016-06-03 16:07
> 鍵コメ さま

ありがとうございます。
by revoir-dima | 2016-05-15 07:31 | Comments(16)