< 京都の新緑、吸いこんだるねん2016・鞍馬 >

桜が終わり、いよいよ新緑の季節がやって来ました。
一気に緑が濃くなってくるのを待ちわびた先日、すでに恒例となっている「京都の新緑、吸い込んだるねん」シリーズの撮影に行ってきました。


過去のシリーズはこちら
< 京都の新緑、吸いこんだるねん >
< 京都の新緑、吸いこんだるねん2015・永観堂 >
< 京都の新緑、吸いこんだるねん2015・南禅寺 >


今回ご一緒したのはいつものモンスケさん。
ただ、普段はたった二人のアベンジャーズですが、今回は新たなヒーローが参戦。
古くからブログでお付き合いさせていただいてるヨッシーさんです。
初めてお会いしましたが昔からの知り合いのようにスグに仲良くなり、ワイワイと話しながら遊んできました。

モンスケさん、ヨッシーさん、楽しい一日をありがとうございました。



さて、今回赴いたのは洛北。
今回のシリーズは全3部作でお送りします。


まず向かったのは鞍馬。

宝ヶ池駅で待ち合わせたモンスケさんと叡山電鉄で鞍馬へ。ここでヨッシーさんとお会いしました。
とっても素敵な写真を撮られ、私がリスペクトするヨッシーさんは想像通りの素敵な方でした。

ここから鞍馬散策が始まります。
京都の山奥、鞍馬の新緑をお届けしながら、鞍馬山について少しお話ししましょう。


c0183700_2132470.jpg




 
 
みなさん「鞍馬」といえばなんでしょう?
天狗
牛若丸
源義経
ぱっと思い浮かぶのはこんな所でしょうか。

では何で鞍馬のキャラクターとして天狗が有名なんでしょうか。ちょっと調べてみました。


c0183700_2120984.jpg

c0183700_21202485.jpg



日本では昔から山中を異界と捉え、特に深山に住む色々な妖怪やもののけを想像していました。

その中の一つが天狗。神通力を持ち空を飛び回ります。顔が赤くて鼻が高く、山伏のコスチュームです。
特に鞍馬山に限らず愛宕山や比良山、大山などいろんな修験道の山には天狗伝説はあります。

天狗にも種類があり、大天狗や小天狗、烏天狗に木の葉天狗などなど、他にもあります。


鞍馬の天狗はというと「大天狗」。
トップクラスの天狗で特に霊力が高く、つまりメッチャ強いんです。


c0183700_21203590.jpg

c0183700_21202953.jpg




次に牛若丸。源義経の幼少時の名前です。
彼がここ鞍馬山で天狗から修行を受け、剣術を授かる話は有名ですね。

では何で幼い彼の身の上に、そんな突飛な展開が起こったのでしょうか。


源平の戦いが始まる前、まだ源氏も平家も仲が良かった頃のことです。
まぁ仲は良いとはいえ、世は平家が幅を利かせていました。

ある春の日、源氏平家の友達同士、大人子供を交えて鞍馬に花見にやって来ました。

ワイワイやってるといつしか一人の山伏が輪の中に入っていました。
それに気が付いた皆んなは、

「おいおい、何やこいつは」

と、知らんヤツが入ってきたことで場がシラけてしまい、花見は解散。各々帰って行きました。
この時一人だけ子供が取り残されます。

この子こそ源義朝の子供、牛若丸。まだ沙那王という名前でした。


c0183700_2120439.jpg

c0183700_21205233.jpg




ポツンと残された牛若丸に「なんや、お前は帰らんのか?」と山伏が声をかけます。
すると牛若丸は、
「他の子供はみんな平家。僕だけ源なんです。なんやかんやと事あるごとにいじめられるんです。」と自分の境遇を話します。

不憫に思った山伏は彼を連れ、いろんな観光名所を案内します。

別れ際、山伏は彼に自分は天狗であることをカミングアウト。で、もし平家をやっつけるつもりがあるなら明日もう一度ここに来い、修行つけちゃる。と言い、別れました。

一晩悩み、意を決した沙那王は再び鞍馬山を訪れ、天狗と再会します。


ここから彼らの猛特訓が始まり、源義経のストーリーへと繋がっていきます。


c0183700_212057100.jpg

c0183700_2138102.jpg




鞍馬天狗と牛若丸。
ザックリとですがこんな感じのお話しです。


実際に牛若丸が天狗相手に修行をしたとされる場所は、ここ鞍馬から貴船に向かう山中にある「木の根道」というところ。
鬱蒼とした杉林の根がうねうねと露出した不思議な所だそうです。



幼い牛若丸が見たであろう鞍馬の山の木々は、今と変わらぬ深い緑だったのでしょうかね。



c0183700_2121580.jpg





鞍馬の深い緑を楽しんだ後は、あの、京の奥座敷へと向かいました。。












.
[PR]
トラックバックURL : http://revoir.exblog.jp/tb/25572197
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from モンスケ&#39;ず ふ.. at 2016-05-05 22:28
タイトル : 新緑を求めて~京都 鞍馬編~
5月1日(日)、新緑を求めて、京都 鞍馬・貴船・大原と行ってきました^^ 今回は写真枚数も多いので、三部作に分けます。 まずは、鞍馬から・・・ 今回も、大阪のカメラ仲間Dimaさんと、Dimaさんのブログ友達、奈良のyosshyさんと、ご一緒させていただきました。 天気も良く、新緑がまぶしいくらい綺麗でした~^^ 私もうっすらしか記憶はありませんが、鞍馬は「鞍馬天狗」で有名ですね。 調べてみると・・・牛若丸(源義経)の修行の地や天狗伝説で有名で、平安京の北の神「玄武」にあたるパワ...... more
Tracked from - PHOTO-SW!T.. at 2016-05-07 23:16
タイトル : そやねん 京都、行きましてん。 ~ 新緑の洛北 最強パワ..
芽吹きの緑を愛でたくて、叡電乗って来ましてん (^^)♪                            Large View ... ▲ Please click the photograph !! 桜色の季節が終わり、ひとまず京都が落ち着きを取り戻す5月。 いつもブログでお世話になっている 『Revoir...』 のDimaさん からオフ会のお誘いをいただき、新緑の京都へ行って来ました。 ブログではかなり古くから交流のあるDimaさんですが、実際にお会いするのは今回...... more
Tracked from - PHOTO-SW!T.. at 2016-05-10 22:42
タイトル : そやねん 京都、行きましてん。 ~ 鞍馬寺 1 鞍馬天狗 ~
『鞍馬』 といえば、まずはやっぱりこれでしょう!!                            Large View ... ▲ Please click the photograph !! Sure! Of course!! ブチ切れた時のウチのヨメ!!! (諸説あり) ・・・と まぁ、冗談(?)はさておき、 日本全国各地の霊山には決まって天狗の伝承があります。 京都の山に棲む天狗と言えば、やはり鞍馬山の天狗が最もポピュラーでしょうか。 平安時代か...... more
Tracked from - PHOTO-SW!T.. at 2016-05-12 23:14
タイトル : そやねん 京都、行きましてん。 ~ 鞍馬寺 2 縁起と伝..
縁起にまつわる摩訶不思議!?                            Large View ... ▲ Please click the photograph !! 標高569メートルの鞍馬山の中腹にある 『鞍馬寺』 。 山号は 『鞍馬山』 。 本尊をこちらでは 「尊天」 と称し、「尊天」 とは、「毘沙門天王」、「千手観世音菩薩」、「護法魔王尊」 の三身を一体とみなしてひとつの本尊であるといいます。 寺に伝わる 『鞍馬蓋寺縁起』 では、奈良・唐招提寺の開祖として知ら...... more
Tracked from - PHOTO-SW!T.. at 2016-05-15 20:12
タイトル : そやねん 京都、行きましてん。 ~ 鞍馬寺 3 由岐神社 ~
昔の人は偉かった!! (u_u)うんうん 仏教 & 神道 !! ハイブリッドなニッポンの宗教形態に迫りましょう。                            Large View ... ▲ Please click the photograph !! 仁王門をくぐり、石段をしばらく進むと見えてくる 『由岐神社 (ゆきじんじゃ)』 。 鳥居越しに遠目からも確認できる立派な拝殿とさらにその奥に見える大木。 早くも写欲をくすぐられる被写体の遭遇に 「おおーっ!! (...... more
Tracked from - PHOTO-SW!T.. at 2016-05-19 23:08
タイトル : そやねん 京都、行きましてん。 ~ 鞍馬寺 4 九十九折..
いよいよ “難所” です!! (≧。≦;)                            Large View ... ▲ Please click the photograph !!                            Large View ... ▼ Please click the photograph !! 高低差約200mを一気に上る参道は、由岐神社を過ぎたここからが本番!! “く” の字に幾重にも折れ曲がって続く急勾配の道のりは約1...... more
Tracked from - PHOTO-SW!T.. at 2016-05-25 22:20
タイトル : そやねん 京都、行きましてん。 ~ 鞍馬寺 5 本殿金堂..
さぁ、宇宙のパワーを授かりましょう!!                            Large View ... ▲ Please click the photograph !!                            Large View ... ▼ Please click the photograph !! 本殿金堂は、鞍馬寺の中心をなす道場。 本尊は 「尊天」 であるとされ、堂内には、中央に 「毘沙門天」 、向かって右に 「千手観世音」 、...... more
Commented by monsukewc at 2016-05-05 22:17
おーっ!きましたね~!!
先日は、ありがとうございました。
いや~、話の内容がすごいし、写真の目の付け所も違いますね~。いや~勉強になります。
続きも楽しみです^^
Commented by hanashigai at 2016-05-06 18:14
瑞々しい緑色が眼に優しいですね。
ここいらは中学校の同じ学区なので、地元と云っても過言ではありません!
実際に同級生が数人暮らしてます。
成る程、こんな風に撮るのも好いなぁ♪と新たな発見をさせていただきました。
続編もありそうで、期待してます\(^o^)/
Commented by hikarigraphy at 2016-05-06 20:05
こんばんは(^^♪
新緑の清々しさが伝わってきますねー!
中でも朱色とのコンビネーションがいいですね。
数年前に鞍馬から貴船に向かい歩きましたが
道から反れるとどこも結線が張られてました。
ホント天狗が出ても不思議じゃないですね^^
Commented by yosshy_z at 2016-05-06 22:58
先日はありがとうございました。

天狗の話、なるほどそういうことだったんですね。
あの時のギモンをきっちり調べられるのはさすがです!!

・・・って、
Dimaさんもモンスケさんも、アップするの早い、早いですよー!! (>0<;)
こっちはまだ導入の部分でつまづいてる感じやのに・・・ /汗
撮った枚数の割りに使えそうなのが少なくて
ちょっと焦ってます (><;)
Commented by revoir-dima at 2016-05-06 23:47
> monsukewc さん

モンスケさん、先日はありがとうございました~。
モンスケさんとは秋の京都しか行った事がありませんが、
新緑の美しさもお伝え出来ましたでしょうか。
ほんと、四季を通じてスベらない京都。
次、どこ行きましょうかね~。
モンスケさんの続きも楽しみにしていますよっ^^!
Commented by revoir-dima at 2016-05-06 23:49
> hanashigai さん

なんと!地元中の地元じゃないですかぁ。
緑あふれる、どっちを向いても眺めのいいところで育たれたんですね~。
放し飼いさんにそんな風に言われると、舞い上がっちゃいます^^!
ありがとうございます~
Commented by revoir-dima at 2016-05-06 23:52
> hikarigraphy さん

今回、私たちも鞍馬から貴船まで歩こうかと話してたんですが、
ケーブルカーが止まっていてふうふう言いながら歩いて上がり、汗だくになったのでその時点で心が折れてしまいました。
木の根道を見たかったのですが・・・
いつか、、、行くのかなぁ^^;?
Commented by revoir-dima at 2016-05-06 23:57
> yosshy_z さん

ヨッシーさん、先日はありがとうございました~。
天気も良くって、あっという間の一日でしたねー。
鞍馬のそもそも話。ぼんやりとしか知らなかったことを見直すいいキッカケになりました。
現像とテキストは、出来るときにやっちゃわないとなかなか出来ないので頑張りました。
導入でつまづいているって・・・コワイっすわぁ。
ヨッシーさんのジャブの一発一発が、破壊力あり過ぎますからね~。
メチャクチャ楽しみにしています^^!
Commented by sarusaM1 at 2016-05-08 18:58
鞍馬、紅葉の時期に行ったことが有りますが、
新緑の時期も綺麗ですね(^^)
登っていく時の道の静寂な感じが良いのですが、
私が行ったときは落ち葉をエアーで飛ばす機械で掃除されてて、
その音が気になりましたが。
Commented by kwc_photo at 2016-05-09 00:38
鞍馬寺、この季節は涼しげでいいですよね~。
そういえばしばらく訪れていません。
ちょっとひんやりした空気、新緑の香り。良いだろうなぁ。
「吸い込んだるねん」良いキャッチですね(^-^)
Commented by koharu07028 at 2016-05-09 07:07
おはようございます。
京都の新緑、吸いこませていただきました!
ありがとうございます。
3枚目の写真が好きです。私もこういう写真を撮りたい。
構図などいつも勉強させていただいています。
続きを楽しみにしています(^^)
Commented by revoir-dima at 2016-05-09 08:09
> sarusaM1さん

紅葉の綺麗なところは新緑も綺麗、しかも結構楽しめる期間が長いので焦らず行けるので今の時期は良いですね。
せせらぎ街道も紅葉が綺麗ですが、山紅葉だとどうでしょうか。
そちらだとどの辺りが綺麗ですかね〜。
この時期だと高山祭しか行ったことないので新緑も楽しみに行きたいです。
Commented by revoir-dima at 2016-05-09 08:11
> kwc_photoさん

「吸い込んだるねん」も三年目となりました。
緑の綺麗なところはまだまだあるので、早くも来年どこ行こうか楽しみです。
暑くも寒くもないこの時期が、一番京都がのんびりできて人も少ないですね。
Commented by revoir-dima at 2016-05-09 08:14
> koharu07028さん

ありがとうございます(^^)。
桜も紅葉も、上を見る事が多いですが真っ直ぐ目線や下に目をやると色んなものが見えてくる、と思うようにしています。
むしろ、瑞々しい緑はこっちの方が多いですよね〜。
今だけの深い緑、楽しみましょう(^o^)!
Commented by precious_m at 2016-05-09 16:08
こんにちわ。
新緑がとてもまぶしくすがすがしさをとても感じます。
土、苔の香りがモニターから感じられて、なんでしょこのみえないパワーは。
癒しモード満載。
心地よい草木とお話し、いいひとときでした(^^)
Commented by revoir-dima at 2016-05-10 00:25
> precious_m さん

そ~なんですよぉ、こちらは緑真っ盛り。
そちらの桜はさすがに終盤でしょうか。
日本人が心を落ち着ける色っていくつかあるように思えますが、緑もその一つですね。
夏には北海道も、濃い緑が見られますね!
by revoir-dima | 2016-05-05 21:57 | Trackback(7) | Comments(16)