< 湖国近江路の春の訪れ、「左義長まつり」に行ってきた >

滋賀県の近江八幡。近江商人と水郷で有名で私の大好きなところの一つです。
以前にもブログでご紹介しました。

ここ近江八幡では毎年3月、盛大な「左義長祭り」が行われます。
今回初めてその様子を見てきました。

c0183700_0242978.jpg




「左義長まつり」とは一般に、どんど焼、さいとやき、三九郎焼(さんくろうやき)、ほちょじ、ほっけんぎょうなどの名称でお正月、1月15日前後に行われる、正月の松飾りや注連縄(しめなわ)を集めて焼く火祭りの行事です。
この火にあたると若返るとか、餅を焼いて食べると病気をしないなどと言われています。

ここ近江八幡でも以前は1月に行われていましたが、明治になってからは太陽暦の採用に伴い3月に変更されました。
左義長祭りというお祭りそのものは近江八幡だけでなく全国に何ヶ所かありますが、ここの祭りは勇壮な「ケンカ祭」りとして全国的に有名。カメラマンも全国から集まってきます。
 
c0183700_0242658.jpg


朝、日牟禮八幡宮の本殿の神事のあと、神社の前には次々と「左義長」が集まってきます。
 
c0183700_0241610.jpg


「左義長」とは、わらで編んだ三角錐の松明上に青竹を立て、細長い赤紙や薬玉、巾着、扇などで飾ったもの。左義長の中心には意匠を凝らした「だし」と呼ばれる飾り物が絢爛豪華に飾り付けられています。
「だし」は その年の干支に因んだものを海産物や穀物などの食物で作り上げたものです。

c0183700_0242270.jpg


左義長の数は全部で13基。それぞの町でいろんなデザインがあり、どれも素晴らしい出来栄え。見ているだけで楽しいんです。

c0183700_0241220.jpg


続々と集まってきた左義長は、境内で「組合わせ」が行われます。「けんか」とも呼ばれるもので、左義長を正面からぶつけ合い、その後は力技で相手を押し倒します。

c0183700_024788.jpg


最初はまっすぐでも、山車が絡まりあってすぐに訳の分からない状態になり、巨大な二つの左義長が、絡まった状態になります。
もうワケが分かんない感じになるのですが、とにかく力任せに押すか引くしかありません。
 
c0183700_024386.jpg


c0183700_0235862.jpg


そうこうしているうちに、な~んとなく勝敗が決まります。
勝っても負けても、特に何があるってわけではありません。
 
c0183700_0235369.jpg


c0183700_0234717.jpg


そんな「組み合わせ」が延々と行われた後、左義長はいったん引き揚げます。
そして陽が暮れたころ、再び集結。
 
c0183700_0233997.jpg


いよいよ祭りのクライマックス、「奉火」です。
5基の左義長が一列に並び、一斉に火が付られます。

c0183700_0233678.jpg


一気に燃え上がる巨大な炎が早春の空を焦がします。
飛び散る火の粉を浴びて乱舞する町衆たち。

c0183700_0232873.jpg


その後、順次左義長は燃やされていき、祭りが終わります。

左義長やとんど。地方地方で色んな奉納がありますが、近江八幡の「左義長まつり」、さすが人が集まるだけのことはあります。
来年3月、ご興味ある方はぜひ一度ご覧になって下さい。
一見の価値、ありますよ~^^。












[PR]
トラックバックURL : http://revoir.exblog.jp/tb/19750399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Focus_Lock at 2013-03-29 22:57
こんばんは(^^♪
おぉー今回も見応えありますねー
昼間のけんかもパワーを感じるシーンですが
夜の火祭りも炎の大きさに圧巻です!
各地にはまだ知らない伝統行事が行なわれているんですね。
写真でこれだけワクワクするので、実物を体感してみたくなりました^^
Commented by monsukewc at 2013-03-31 14:40
これは激しいですね~。けが人がでそうな感じに見えます。
それにしても、すごい人出ですね!
さすが、すごく迫力感満点の写真ばかりですね~。
観光にも良さそうな土地ですね^^
Commented by yokonyan45 at 2013-03-31 23:43
春の訪れ、お祭りの風景描写が伝わって圧倒されてます。
最近めっきり撮りに行けず、ガッツリ撮りに行きたい気持ちはフツフツなのですが、
最近標準レンズのズームが壊れたので凹んでます(泣)
Commented by alpinism2 at 2013-04-01 22:36
これは迫力満点ですね~
夜も昼もどちらも威勢のいいお祭りですね(^^)
13基の左義長の造り込みそのものでも充分に楽しめそうです♪
私なんて知らない素晴らしい祭りが各地に色々とあるのでしょうね・・・
Commented by revoir-dima at 2013-04-01 22:48
> Focus_Lock さん

この夜の一斉奉火、これを見るためにはどうもベストなポジションがあるらしく、午前中から場所取りをしておられる方が数名いました。
ちょっと私にはマネできませんね~。
ベストからするとちょっとポジションがずれましたが、それでもとっても迫力のある光景でした。けっこう離れているんですが熱いんですよ~。
Commented by revoir-dima at 2013-04-01 22:53
> monsukewc さん

ケガ人、何名か出ているようでしたよ。一日居て私は救急車を3回見ました。
左義長と左義長に挟まれたとか言っていました。
この近江八幡、京都に比べれば近いところですよ。一度ご家族で行かれてみてはいかがですかー^^?
Commented by revoir-dima at 2013-04-01 22:56
> yokonyan45 さん

ええ!!??レンズが故障ですかー!!
それは困りましたねぇ。修理か新調か。悩ましいところですがここは心機一転、気持ちを新たにしてみてはいかがでしょうか^^?
多忙のトンネルを抜けた際、すっきりと撮影が楽しめますよ~(^o^)/
Commented by revoir-dima at 2013-04-01 22:57
> alpinism2 さん

ほんと、知らない祭りや知らない風習って星の数ほどありそうですね~。
自分が知るのなんてほんの一握り。
もっともっと、いろんな光景を見ていきたいと思っています。
Commented by teko-0411 at 2013-04-03 19:33
こんばんは!

壮大なお祭りですね!
なんとなく勝敗が決まります…ってところが、ちょっと笑えましたが(笑)

日本には本当にいろんなお祭り&行事があるんですね。
Commented by revoir-dima at 2013-04-03 21:01
> teko-0411 さん

こんばんわ~^^。
この「組み合わせ」、本当に何が何やらわけのわかんない状態になっちゃうんですよねー。
丸太が何本も絡まったような状態。もう収集憑かない感じで物別れって感じです。
なので勝敗もよく分かんないんです。
この祭り、「奇祭」と紹介されていました^^;
by revoir-dima | 2013-03-29 21:02 | Trackback | Comments(10)