< 釜山旅ぶろぐ・その1 >

さて先日行った釜山旅。
その旅行記がちょっとずつ出来つつあります。
完成まであと半分くらいかなぁ~^^?
製作途中ではありますが、こちらからご覧になれますので
ご興味あれば是非^^。

その旅行記から何枚かをご紹介。

1枚目。
アジアといえばこれ、やっぱり屋台ですよね~(^o^)!
並ぶメニューや文字は違えど、この雰囲気はどこも同じです。
写真中、長い串がたくさん突っ込まれていますが、これはおでん。
ハンペンやこんにゃく、トッポッキに巻き寿司、腸詰ウインナーと
お店によってはもっといろんなメニューが並びます。
なかでもおでんはソウルでは滅多にない、釜山だけにあるメニューだそうです。
c0183700_22162435.jpg


2枚目。
これは私が一番楽しみにしていた蔘鶏湯(サムゲタン)。
日本では2~3000円はしますが、韓国では800~1000円前後で食べられます。
中には雛鳥が丸々1羽入っており、じっくりと煮込まれたものが
熱々の石鍋に入れられ、グツグツとした状態で出てきます。
数多くの前菜と、高麗人参酒も付いてきます。
c0183700_222565.jpg


3枚目。
西面(ソミョン)という街には「デジクッパ通り」なる通りがあります。
デジクッパとは「とんこつスープのクッパ」のこと。
釜山名物です。
そのお店が密集しているエリアには、店先の大きな鍋にグツグツと豚骨が
煮込まれており、辺り一帯豚骨スープの匂いで充満しています。
私が行ったときは少々早く、これからお客が増えてくる、といった感じでした。
c0183700_22314834.jpg


そんな釜山の旅行記はこちら。
釜山旅行記
Main Site ; Revoir...

[PR]
トラックバックURL : http://revoir.exblog.jp/tb/15954545
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by blackfacesheep at 2011-02-22 21:31
日本と似ているようでも、ちょっと違う・・・もっと汎アジア的なノリの良さがある・・・^^
韓国に行くといつもそんな微妙な感覚に陥ります。
串も長くて豪快ですね~、サムゲタンもそんな値段ですか~@@
香港や台北に行くと漢字や英語で意味がわかりますが、ハングルオンリーは意味がわからないだけにエキゾチックです。^^v
Commented by yosshy_z at 2011-02-22 22:50
アジア諸国の中で、最も日本に近い生活習慣を持つのが韓国だと思ってるんですが、
ハングル文字はさっぱり分からないですね・・・ /笑
でも、飯は間違いなく美味い!! (^▽^)v

旅行記、以前のものも見せていただきました。
上海にも行かれたことがあるんですね!!
実は僕、二十歳の頃2年間
中国の杭州ってところに留学してたんですよ!!
その頃は直通便がなかったので、まず上海について
そこから列車で杭州へってのがお決まりでした。
なので、上海の旧市街は庭みたいなもの・・・。
とても懐かしく見せていただきました (^^)
あれからもう15年以上たって、上海も様変わりしてるようですね。
テレビ塔はありましたが浦東地区側なんて、
当時は何にもありませんでしたもん /笑
Commented by revoir-dima at 2011-02-22 23:13
> blackfacesheep さん

ハングルはちょっと困りますよねぇ。
英語や感じなら何とかなると思えるのですが、
ハングルとなればその意味は想像すらできない。
食事なんかも適当にはいってテキトーに頼んでみる楽しさはありますが、
かなりのチャレンジ精神が必要だと、私は思います。
そういうイミでは屋台は分かりやすいですよね^^。
目で確認して注文できますから。
エネルギーの要るお国ですね^^;
Commented by revoir-dima at 2011-02-22 23:18
> yosshy_z さん

へ~!ヨッシーさんはそのような経歴をお持ちなんですね~!
とっても羨ましいですよぉ^^!
私はせいぜいヨーロッパを2週間や3週間の旅行がせいぜい。
回数でこそ20回を超えていますが…。
年単位で外国、行ってみたいものです。
あ、でも仕事はちょっとイヤだなぁ~^^;

浦東、10年ほど前はただの湿地帯だったそうですね。
それが急にニョキニョキとビルが建ち始め、
あっという間に今のようになったとか。
スゴイ事する連中ですね^^!
by revoir-dima | 2011-02-21 22:40 | Trackback | Comments(4)