今年の紅葉は1週間ほど早いそうですね。

この時期必ず紅葉を話題にしますが、どっぷりと楽しんだのはここ何年かでは昨年の奈良・室生寺くらいなもの。
これだって仕事終わりでライトアップに滑り込んでようやくちゃんとした紅葉が見られた感じでした。
なんだかんだ言って、紅葉とは縁遠いんですよね~。

先日、京都で午前中にロケがあったので午後に東山界隈に行ってきました。
久しぶりの京都ぶらぶらです。

まだ色づき始めな場所が多く、見ごろを迎えていたのは貴船とか南禅寺とか。
東山はまだだ、とは分かっていたんですが、まぁそうは言っても何とかなるだろうと足を向けました。

相変わらず外国の方が圧倒的に多い東山でしたが、最近ではこうした光景が「いつもの感じ」と、しっくり来ている感じです^^;


さて、肝心の紅葉ですがみなさん、やっぱ紅葉情報ってある程度確かなようです^^;
案の定、パッとしない色づきでした。

それでもなんとか秋の背景として使えそうなところを見つけ、何枚か撮ってきました。


c0183700_21414122.jpg


そんな「ゆるゆると、秋を求めて東山。」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-11-18 09:35 | Trackback | Comments(13)

今年の紅葉は少し時期が早いそうですね。皆さんの周りではいかがですか?すでに綺麗な秋を迎えられてますでしょうか、それともこれからでしょうか。
私の住む大阪、近畿ではボチボチと見頃の場所が出て来てる感じです。

ところがまぁ毎年のようにブツブツ言ってるんですが、今年もなかなか自分のスケジュールと合わないでいます。
しかもここに来てブログのネタが底をついて来ました。

こんな時は・・・、久しぶりに行ってみましょう、「アーカイブ」シリーズです(^^)
これまでにブログ以外のSNS、主にFacebookでアップした写真たち。そこからテーマを決めて選んだ写真の移植です。
今回のくくりは、以前広島の尾道をブラブラした際に入ったカフェでの写真です。
ちよっと季節感ズレた写真ですが、まぁその辺は大目に見てください(笑)



c0183700_22393589.jpg




皆さんはどうですか?カフェとかに入った際、ついつい撮ってしまうというか撮りたくなるというか。
美味しそうに撮れた時なんかはやっぱり誰かに見てもらいたくなりますよね〜。



c0183700_22363944.jpg




お店でササっと撮るような時に私がやってるコツというか気を付けてること。
・必要無いものは入れない。お箸とかスプーンとか。入れ方難しいのでいっそ入れない。
・お皿は全体を入れない。美味しそうに写って欲しい肝心なものが貧相になっちゃう。
・明かりの方向を考える。明るい光の面を被写体のどっちに向けるのかを探してお皿をくるくる回す。
・あまり広角で撮らない。スマホを含めどんなカメラでも多少は望遠気味で撮るとカッコ良くなります。

あと余裕があればなんでも良いので白い紙とかハンカチとかで影の方から光を起こす。

まぁあんまり時間もかけられないので、この辺りのいくつかでもやってみると全く写真が変わって来ます。



c0183700_22394020.jpg





いかがです?
なんかうまく撮れない〜な方は一度お試ししてみて下さい。
また、私はこんな風にやってるよ、なんて方がおられましたらそんな情報もコメント頂けたら私もやってみたいので教えて下さい(^^)。

久しぶりの、アーカイブシリーズでした〜













.
[PR]
# by revoir-dima | 2017-11-14 15:52 | Trackback | Comments(6)

ある日の夜、大阪天王寺をウロウロしてると目に入ってきたイルミネーション。
天王寺に新しく出来た広大な公園「てんしば」が早くもイルミネーションで彩られていました。
あ、「早くも」と書きましたがホントは年中イルミネーションを行なってるのかもしれません。
よく知らないのでご存知の方教えてください(^^;;
とにかく、イルミネーションやってたのでちよっと寄って来ました。

11月に入り朝晩ずいぶん涼しくなって、クリスマスだとか年末だとかを多少意識し出してるこの頃。
先日も家で年賀状をどうしよう、大掃除をどうしようなんて、話してました。
なのでイルミを見るとますます季節感を感じちょっとだけ写真、撮って来ました。



c0183700_22311581.jpg


そんな「2017イルミのはじまり」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-11-08 09:46 | Trackback | Comments(14)

さて皆さん、今年もハロウィンが終わりました。
いつものようにテレビでは東京渋谷とかのハロウィンの様子がたくさん流れてましたね。
皆さんはどのように過ごされましたでしょうか。

私はというといつものように、行ってきましたよ〜、大阪難波。
一昨年はアメリカ村、昨年は道頓堀と回りましたが今年は再びアメリカ村、三角公園に行ってきました。あ、お断りしておきますが毎年書いてる通り、これはあくまでも「調査」ですよ(笑)

で、その三角公園ですが言うてもまぁ前と同じじゃ、、、と思いきや、ちょっと事情が変わっていました。
今年は何というか、、全体的なクォリティがあまり高くなかったように思います。
過去2回のブログでの写真のような際立った個性のキャラがあまりいず、種類の少ない同系統のキャラが沢山いたイメージ。
とはいえ何かを競う訳でもないので、とにかく楽しけりゃいいんです(^^)

そうそう、例年と違ったことがもう一つ。
とにかくカメラマンが多かったです。日本人だけでなく外国人も多数で、どちらかというと若い方は外国人に多く、日本人はオッチャンオバチャンが多かったように思います。ま、私もその一人ですケド(^^;;

で、いつも思うことは「絶対あっち側の方が面白い!」てこと。
一眼レフ持ってストロボ付けて「私は輪に入りませんが写真だけ撮りに来ました」も何だかなぁと、今年は私もダイソーで買った被り物して突入しました(^^)

すると、ビックリするほど皆さんのハードル下がるっていうか警戒心が下がるというか、皆んなとの距離がこれまでと全く違っていて、一緒に撮りましょう!な事もあったりして、、、。
見渡す限りそんなカメラマンは私一人でしたね(^^;;


そんな感じで撮ってきた写真たち。ほんの一部ですがアップしました。




c0183700_2259699.jpg


そんな「三角公園のハッピーハロウィン2017」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-11-03 00:17 | Trackback | Comments(8)

光の魔術師、ストロビストの異名を持つポートレート界での第一人者、イルコ・アレクサンダロフさん。
YouTubeでご自身のテクニックなどを惜しげもなく公開して、この方に影響された(と思われる)写真は、ザッとInstagramを見てもそれはもう山のように出てきます。
またとてもお忙しい方で、国内外で撮影やセミナーなどを日々こなされています。
神戸在住の方ですので、私も以前YouTube動画の撮影現場に遊びに行かせていただいて、夜ご飯もご一緒したこともあり、そのことは「もうひとのRevoir...」でも記事にしました。

その時も気さくに色々と教えていただいたんですが、一度キチンと教えてもらおうと昨日イルコさんのセミナーに参加してきました。
参加者は近畿圏内はもとより、名古屋や広島などから来られていました。

台風の大雨でどうなることかと思いましたが、夕刻には何とか雨も止み、絶好のサンセットとなりました。


c0183700_23524557.jpg


そんな「イルコさんのライティングセミナーに行ってきた」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-10-30 19:41 | Trackback | Comments(10)

さて、そんな感じで始まったブログ。
当初はホームページの1コーナーという感じで進めてましたが、「ブログ=日記」と捉えてましたので、「○○に行ってきました」な記事で、まぁそのまま今に繋がってる感じです。

その頃より「見た人が行きたくなるような写真」を意識していて、初期の頃の記事にもそう記しています。

記事タイトルに具体性を持たせるのも心掛けていました。
そして徐々に、そうしたタイトルを検索キーワードとしてアクセスしていただく方が増えてきました。

やがて私の中で「もしかしたら、誰かの役に立ってるのかもしれんなぁ」と思うようになってきます。
世の中のどなたかが必要と感じた情報を検索し、私のところにたどり着き、ほんの僅かでも役に立つ情報を持って帰られてるのかもしれない。
また、私の記事を読んでいただいた方々の中の、何%かの方が行ってみたいと感じ、その内の何%の方が実際にそこに行き、さらにその何%かの方がそこで何かしらの消費をする。小さいながらもそこで経済が動いているのかもしれない。

そんなことを考えると私のブログや写真は社会貢献の1つになっているのかもしれないなぁ。

勝手にそう考えて、自己満足しているだけですが、いつしかそういう事を根幹にしたブログを目指すようになってきました。


c0183700_0561941.jpg


そんな「 「DimageX*倶楽部」とちょっと大事なお話(2/2) 」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-10-25 22:43 | Trackback | Comments(8)

世界で初めてのフルオートフォーカス一眼レフ、MINOLTAのα7000。世界を震撼させ、爆発的に売れました。
そんな波に乗っかって始めたフィルムカメラをあるキッカケで止めて10年くらい。カメラの世界は徐々にデジタルへと移ってきました。

そんな中、不思議で運命的に出会ったコンパクトデジタルカメラ、MINOLTA DiMAGE-X。
世界最小最軽量、210万画素。プリズムを利用した屈曲光学により光学式3倍ズームを、レンズがせり出すことなく本体内だけで実現させた銘機でした。
同機はシリーズを重ねXi、Xt、X20その他続々と世に送り出しました。

10年ぶりに手にしたこのカメラにどハマりした私は、何台も同シリーズを手にして遊んでいました。


さてそんな時代、世はホームページ全盛期。
猫も杓子も個人のホームページを立ち上げて、様々なジャンルのHPが無数に乱立してました。

DiMAGE-Xシリーズにハマってた私もまた、サイトを立ち上げます。
「DimageX*倶楽部」の誕生です。


c0183700_23322026.jpg


そんな「「DimageX*倶楽部」とちょっと大事なお話(1/2)」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-10-21 00:10 | Trackback | Comments(14)

富山県美術館が話題になっています。

これまであった富山県近代美術館を老朽化のため建て替えたんですが、場所も新たに運河環水公園そばに建てられ、今年の8月に全面オープンとなりました。
「世界一美しいスターバックス」から運河を挟んで向かい側です。

地上3階建。それぞれのフロアは新しく出来た美術館だけあってその展示方法は実に近代的。
フロアデザインそのものがアートのようです。

さてここ富山県美術館が新名所になろうかという目玉のひとつが「オノマトペの屋上」です。
佐藤卓さんとおっしゃるグラフィックデザイナーさんが手がけた子供向けの遊具の数々が屋上に設置されています。
優れたデザイン性の溢れる遊具たちは色んな情報誌に取り上げられていて、めちゃくちゃ見てみたくなったので行って来ました。

スナップ的な写真になりましたが、色々撮ってきたのでご紹介します。


c0183700_2254483.jpg


そんな「富山県美術館のオノマトペ」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-10-16 00:01 | Trackback | Comments(16)

広島県福山に「天心山 神勝寺」というお寺があります。
1965年に建てられた新しいお寺ですが、臨済宗建仁寺派の特例地寺院です。特例地寺院とはお寺の格で、結構高い格式のお寺をいいます。

ここでは国際的な修行道場のほか、新旧の伽藍や茶室を持ち、それらをもっと身近に感じてもらおうとさまざまな切り口で公開されています。

そのコンセプトのひとつ、「禅」をミュージアムから知っていただき体験していただこうと昨年9月、巨大アートパビリオン『洸庭(こうてい)』がオープンしました。

アートとなれば見ないわけにはいきません。

てことで先日、行ってきました。



c0183700_2213334.jpg


そんな「禅寺とアートの融合、神勝寺に行ってきた」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-10-11 10:26 | Trackback | Comments(14)

< 倉敷 snaps. > sanpo

岡山県の倉敷はご存知でしょうか。
昔から陸、海での物資の流通や人の移動の要として栄え、後に天領となった後は商業の町として繁栄しました。
連なる白壁土塀になまこ壁、柳の揺れる倉敷川。
そんな風情が好きで時々出かけます。
大阪からだとワンデイドライブに丁度いい距離だし、どこかの帰りにちよこっと寄ることも。

そんな倉敷に先日も、寄り道してきました。

行ったら行ったで嫁さんはお気に入りの雑貨店やアクセサリーの店があるので、駐車場で車を降りたら解散。
私はカメラ片手にぶらっと倉敷 snaps. 、してきました。


倉敷川には、萩の花がたくさん咲いていました。



c0183700_022285.jpg


そんな「倉敷 snaps.」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-10-07 09:16 | Trackback | Comments(16)

いつもブログで書かせていただいてますが、ほとんど花を撮らない私は桜のようなビッグイベント以外はサッパリ花に疎いんです。

ネットをウロウロいていると彼岸花を見かけるようになりました。
「そっかぁ、彼岸花の季節かぁ」。
こうして、花の季節を知るわけです。

で、先日彼岸花を撮ってみようとなったんですがいかんせん時間がない。
なので紫陽花の時同様、仕事が終わったあと、夜に行って来ました。

行った先は奈良県某所にある彼岸花の群生地です。

ネットで見ると昼間はたくさんのカメラマンが群生を取り囲み、凄い状態になってるこの場所も夜には誰もおらず、私一人。もう撮りたい放題でした(^^)


そんな感じで撮って来た、私の彼岸花がこれです。



c0183700_2147914.jpg


そんな「夜に、彼岸花を撮ってみた結果www」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-10-03 00:02 | Trackback | Comments(16)

毎年9月の第4土曜、岐阜県は飛騨古川で行われるお祭り、きつね火まつり。
ここ何年も毎年出かけてるのですが、その都度ブログでご紹介させていただています。
私のブログをご覧になられている方には「またか、」と思われるかもしれませんが、またまた行ってきました(^^)

例の、「君の名は。」の一件から1年が過ぎ、ずいぶん落ち着きを取り戻してきました。
それでも映画で使われた定番のポイントには何人かの聖地巡礼の方やカメラマンがおられました。


最近私のブログをご覧になり始めた方に、ざっくりとお話しさせていただきます。

飛騨古川は岐阜県北部にあり、有名な飛騨高山と並ぶ、古い町並みの残る風情のある町です。
白壁土塀が並び、堀には鯉が泳ぐ、風光明媚な小京都です。
歴史も古く、「あゝ野麦峠」にも登場し、そして最近では映画「君の名は。」の舞台となったことで一躍有名になりました。

私は縁あって5年くらい前から年に数回古川に足を運んでおり、色々関わってきました。
もしよろしければタグでまとめていますので斜め読みして下さい。

< 飛騨古川・まとめ >


さて、きつね火まつりです。
昔話「きつねの嫁入り」を具現化した祭りであり、それと並行して行われる
「飛騨古川を日本一着物の似合う町にしようプロジェクト、色和衣」
が今年も行われ、楽しく遊んできました。

毎回毎回、たくさんの方にご参加いただいており、感謝感謝です。
そんな、今年の色和衣から何枚か持ってきました。




c0183700_23334730.jpg


そんな「飛騨古川・きつね火まつり」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-09-29 00:01 | Trackback | Comments(14)

淡路島の慶野松原での夕日、いかがでしたでしょうか(^^)。
画面いっぱいの夕陽も綺麗ですが、今回は色々と構図を探して臨場感を出してみました。


さて、その慶野松原での夕日の前、徳島県にある「大塚国際美術館」に寄ってきました。
タイトル通り、4回目の訪問です。

ブログにも一度掲載しましたが、それ以外にも訪れています。


大塚国際美術館はご存知でしょうか。
割と有名な美術館なので、ざっくりとご存知の方は多いかもしれませんね。

改めてここで、簡単に解説しておきます。
前回のブログ<大塚国際美術館に行ってきた^^! >
からの引用で失礼します。

「大塚」の名の通りこの美術館は大塚製薬グループの創業75周年事業として1998年に開設された、日本最大の私立美術館です。

作品はすべて原画を写真に撮り、陶板に転写するという技術を使った陶板名画。
世界中の名画が原寸大に焼き付けられています。
1,000年経っても劣化せず、半永久に保存することが可能です。
 
モナリザに最後の晩餐、落穂拾いにヴィーナス誕生、睡蓮などなど、その数実に1,000点!
完全なレプリカですが、その迫力は十分に感じることが出来ます。
 

c0183700_22302058.jpg


そんな「4回目の、大塚国際美術館に行ってきた」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-09-24 07:22 | Trackback | Comments(22)

とんでもない台風が日本列島を縦断して行きましたね。
ニュースを見ていると各地で大変な被害をもたらし、取り返しのつかない事も起こったようです。
皆さんのところではご無事だったでしょうか。
こちら関西では日曜日は暴風雨でしたが月曜にはすっかり晴れ、爽やかな一日となりました。

そんな月曜日、私はちょっと用事があって香川県の琴平に行って来ました。
走る車窓からは真っ青な空とめちゃくちゃ澄んだ空気。
山の稜線はくっきり、空の青さは海と溶けあっていました。


さて、これほどの天気。今日はどこかで夕景を見たいなぁと思い、帰りに淡路島の「慶野松原」に寄ってきました。
日没少し前に着くと、辺りはすでにオレンジ一色。
広い砂浜にはぱらぱらと、何人かの方々が夕景を楽しんでおられました。



c0183700_22444286.jpg


そんな「台風一過、いつものところで夕日萌え」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-09-19 09:43 | Trackback | Comments(16)

< Sunrise 光包まれて♫ >

大阪の夏の始まる頃、大阪最初の夏祭り「愛染まつり」が行われます。
毎年行ってるので今年もブログでご紹介しました。

<大阪の夏、スタートです。愛染まつりに行ってきた>

その時撮らせていただいた愛染娘さんに「また今度、別で撮らせて下さーい」とお願いしたところ快諾して頂きましたので、先日行ってきました。
日曜の午後、とっても良い天気で汗ばむくらいでしたが楽しい数時間を過ごさせて頂きました。
本当に、ありがとございました。


c0183700_225324100.jpg


そんな「Sunrise 光包まれて♫」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-09-14 00:01 | Trackback | Comments(14)

香港ネタです。
まだまだ引っぱります(笑)


香港には有名なお寺が沢山ありますが、中でも最古のお寺といわれている「文武廟」。
香港島、上環にあります。

文武廟はその名の通り文学と武術の神様が祀られています。
文武廟といえば必ず写真に出てくるのがこの、グルグルと渦巻き状になった御線香。
日本の蚊取り線香をでっかくして、天井からぶら下げたような物です。

ここ文武廟には絶えず沢山の方が訪れ、線香を供えてお祈りされるので、それはもうものすごい数の線香が所狭しと吊り下げられています。


c0183700_237768.jpg


そんな「魅惑の香港・香港最古の道教寺院、文武廟に行ってきた」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-09-10 08:13 | Trackback | Comments(8)

今年もまた、この時期がやってきました。
富山県八尾に伝わる伝統民謡行事、おわら風の盆。

この 風の盆 に魅了されて、もう何年になりますかね〜。
行くたびに仲間と合って、仲間が増えて。
ワイワイいいながら写真撮って。
夜通し遊んでクタクタなって。

全部含めて私の「おわら風の盆」です。



さて今年も行ってきたわけですが、実は今回ちょっと事情が変わっていて、写真があまり撮れてません。
どこでどう魔がさしたのか「今年は動画を撮ってみよう」なんて思っちゃって、、。
で、それならそれでちゃんと撮りゃいいものを、これまたアホな事に先日買ったアクションカム、「DBPOWER 4K」を持ってきました。

このアクションカムは以前「もうひとつのRevoir...。」でご紹介した、アレです。
買ったばかり、スイッチ入れてみただけ、microSD入れてフォーマットしただけと、何のテストもせずにいきなり夜の行事撮影です。

いやね、確かに私も現場で「これ、ちゃんと撮れてんのかなぁ」とは思ってたんですよ。
でもまぁパソコンで見りゃイケてんじゃね?とタカをくくっておりました。

で、撮りながらすでに脳内編集が始まってます。
(このカットの後にこれ入れて、インサートにはこの写真・・・)
みたいな。
動画メインなので静止画はインサート用のイメージカットのみです。
なので今回レンズも85mm単焦点一本のみで付けっ放し。
写真は写真でガチで撮る、なんて余裕もないしそもそもそんな必要無いと思ってたし。


で、帰ってパソコンに放り込んで映像見ると愕然Σ(゚д゚lll)
確かに映ってますが、全く思ってたのと違う!!
こ、、、これは使えん、、、
安物だからこうなのか、GoProなら綺麗なのか。
いや、冷静に考えたらセンサー自体小さい訳で、、、
そもそも一度もテストせず持って行ったのがアホの始まりで。。。


そんな訳で、あんまり写真は撮れてません。

とはいえ「インサート用」に撮った写真がありますので、それを並べて今年の「おわら風の盆 snaps. 」として、今回のエントリーにさせていただきます。



c0183700_23364431.jpg


そんな「越中八尾、おわら風の盆 snaps.」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-09-05 00:14 | Trackback | Comments(10)

香港の繁華街のあるエリアから地下鉄、バスを乗り継ぎランタオ島の西部、「大澳(タイオー)」という所にやって来ました。
世界の電脳中心のような街中とは全くかけ離れた田舎町。
ここ大澳は今では珍しくなった水上家屋の残るところです。

海に囲まれた香港島、もともと漁業が盛んでした。
時代が進んでどんどんと先進文化が入ってくる中ここ大澳は、時代にポツンと取り残されたような港町です。


c0183700_22492323.jpg


そんな「< 魅惑の香港・ランタオ島の大澳に行ってきた」、続きはこちら
[PR]
# by revoir-dima | 2017-08-31 12:53 | Trackback | Comments(12)